2017/12/29  14:47

まだ修羅場中ですが  

取り敢えず、
カレンダーは
持って行きます。

無事会場でお会いできることを祈りつつ・・・。

2017/7/31  23:30

m(-_-)m スマヌ  

しばらく地下に潜ります。
探さないでください・・・・・・・。

真夏のAO入試、以前一回台風で潰れたことがあるので、予備日設定はしてあるんだけど、台風の動きが週末接近とか言われてて、準備日に直撃で準備できなかったらどうするの!?と思っています。
日曜潰れるのか、そうなのか!??
色々、泣きそう。

2017/3/16  21:59

最後の1枚  

日付を見ると今年の1月29日。
奇しくも私の誕生日に。
兄が撮った1枚。

クリックすると元のサイズで表示します

2016/9/11  20:12

耳学  

蚊に刺された跡が結構傷になって残ってしまうたちで、基本は刺されないように注意、最近は刺されそうな状況で家の外に出るときは薄荷スプレー使用(そのままスプレーするときついので、ティッシュにスプレーしてそれを露出部につける方式)。
と色々やっても、刺されるときは刺されるんですよね。
しかも大体が、注意してる家の外ではなく、家の中に入り込んだやつに(そういう防虫意識の低い人が家にいて、扉とか開けっ放しにして出ていったりしてくれる!)。
かゆみ止めも大してききませんよねーー。

最近聞いた話なんですが!
蚊にさされたときに、刺されたところを「火傷しない程度に・でも熱っ!と感じる程度に熱くする」といいんだそうです。
最初に聞いた話は火を近づける(だから火傷しない程度に)でした。
でもなーさすがに火を近づけるのはなーと思っていたら、ネットで似たような情報を見つけたんですね、「熱っ!と思うぐらいのお湯につける」
温度からしたら60〜70℃位な感じ?
こっちの方が難易度が低そう…でやってみました。
といっても、刺された場所が二の腕とか首筋では湯を張ってつけるわけにもいかないので、ボールにポットのお湯を入れて→タオルの先をちょっと浸して→刺されたところに→熱っ!
結論…成功!
本当に痒みが消えた!びっくりです。
よく冷やすと良い、とか書いてるけど、こっちの方が効くかもしれない!
蚊に刺されてお困りの方は一度お試しください。
ただし、火傷にならないように御注意を…個人的には、お湯につけるとかお湯で流すのは余分なところまで熱いお湯にかかることになるので、少し浸してピンポイントで患部に当てるのがリスクが少なくて良いかと思います。

追記:改めてググってみたら、レンチン熱め蒸しタオルがお手軽そうです。なるほど。

2016/7/16  20:29

今年の花火  

毎年恒例、御近所の私立幼稚園の打ち上げ花火。
年年微妙に短くなっていくのが切ないのですが、まぁ、中々良い状態で見られる(仕事部屋の窓から冷房完備で、近すぎず遠すぎず)のがやはり有難いというか。
ただだし。
(因みに一応同じ地区町内なので、間近で見られる御招待も回ってくるんだけど、わざわざ真下で見てもねぇ…って感じ)
最近の花火、色数が増えましたねーー!
華やかな色も勿論(赤が結構真っ赤!って感じで)、何というか、中間色系の微妙な色も結構入っていました。
見ていて「おおーーこんな青系や緑系が出るんだーー!」と感心。

ところで、花火を見ると何故か水戸黄門を思いだす私。
いや、何クールかに一本、必ず花火職人ネタがあった気が…新しい色の花火を作ろうとする職人とそれを阻止しようとするライバルだかの花火師と、つるんだ役人と、で最後にばばーんとお約束の黄門様。
因みに、長崎に行った(黄門様一行が)際には、これも定番でカステーラネタもあったよなーーとしみじみw
美味しくするコツは水あめか蜂蜜でしたww

2016/7/10  20:30

昨日からの流れで。  

本日の晩御飯は中華粥。
メニューに悩んで、おかず考える根性も無くて、ついでに歯が(歯茎が?)痛いよ…ということで。
でもまぁ、朝御飯で作る時よりはリッチに、海鮮にしてみました。
お刺身用の帆立貝柱を買ってきて、薄切りにして、丼の底に入れて熱々のお粥を入れるっていうだけですけどw
あ、薬味に、茹で玉子の味噌漬けも作ったな(ピータンの代わり)。
これ、お粥のお伴に美味しいですよ。固ゆですぎない茹で玉子を作って、半日ぐらい味噌に漬け込むだけです(味噌節約のため、ラップに薄く味噌を伸ばして包みこんだら、少し薄味過ぎた;;節約し過ぎか;;;)。ざくっと粗切りにしてお粥の上へ。

日曜日は、月〜水の家の(=両親の)おかずメニューを考えてセットしておかないといけないので、結構修羅場です。
今日は加えて、朝一で選挙、朝二で猫の診察券を入れに行き折り返し本猫をつれて通院。
猫を連れて行ってる間に、デリケート洗いの洗濯物を回し。
帰宅後、昼御飯のそうめん茹でて、食べて、昼一で美容室へカットに行き、その足で買い物めぐり。
落ち付いたのが 16 時過ぎ。
ふぅ〜。

そして歯茎が腫れているため、微妙に顔の輪郭が変わっているのが……明日までに腫れが引くことを祈ります。

2016/1/3  22:31

小豆  

この冬のマイブーム。
レンジでチンする癒し系グッズ。
肩に乗せるのは前から持っていたのですが、眼にあてるタイプのも出てて、元々使い捨てのものを愛用していたのでこれはレンチンの方を買った方が安いじゃん…ということに。
買ってみると…使用回数250回。回数制限があるんだーーずっと使えるものだと思っていたw
どうやらこの商品のキモであるところの小豆がダメになるから(蒸気を発生させるだけの水分が保持できなくなる)ということらしい。
1年使えないじゃーん。
と言いつつ、まぁ真夏は使わないだろうしw
使い捨てのものを使うより圧倒的に経済的なのは確かだし、小豆が入ってる分の適度な重みがあるのがいいかも。

大学の研究室にも常備しておこうかしら〜〜。

2016/1/1  1:28

明けました。  

クリックすると元のサイズで表示します

恒例の2年詣りに行って、帰ってきて、風呂で温もったところです。
甘酒頂いてきました。
おみくじは大吉・・・大吉かぁぁ・・・大吉って「あとは下るしかない」的な感じで個人的には大喜びな気分になれないのですが、折角頂いた吉なので大事にします。

4日後には授業始まるんで全然お正月気分にはなれませんけどね > <

ではひと眠りしてまいります。

2014/10/15  22:51

修羅場感あふれてるの…  

とてもとても切羽詰まってきたのですが!大学スケジュールが過密すぎてどうしていいもんだか(涙)。
今日も朝一から授業が入っていて…というのは、協力校の模擬授業とか云うものが朝の1〜2限であったので担当、その後タクシー飛ばして額を取りに行って、3回生のコース授業に突入。
1時間ぐらいで作画チェックして「後は研究室に見せに来〜い」な美大形式で何とかやり過ごそうと思ったのに、研究室にチェックで見せに来るのが、悶絶するようなネタで……去年1年間カラー画の基礎教えて、前期にも散々教えたのに何で内トンボでマスキングして色塗ってるねん!!??とか、ちょっと待て、寸法はこれで正しいけど紙の裏水張ってるやん!!!?????とか、まさに悶絶。
結局自分作業はできずじまいで、打ちのめされてよれよれになりながら、放課後会議して帰ってきました。
帰ってきたら、最寄りの駅→家近所行きのバスが、夜遅くなると17分待ちとか orz
駅にあった某Tタヤ(書店)が潰れたので、待ち時間に身を寄せる場所も無いんですけど。Sタバはあるけどワンコイン飛ぶしね(すごく行きたいときとそんなに行きたくない時があるよね、Sタバ…)。

で、週末は入試です。
協力校の面接とか作品審査とかね、あるんです。
今面接やったら、すご〜〜く意地の悪い質問しそうw
そんな山を乗り越えたら、そこにはお花畑が…あったらいいなぁ………。



こっそり情報ですが…
奥の手で、未発表の某漫画の原画出しますw
|ω・`)コソコソ

2013/7/8  9:54

前期ラストスパート  

今週は、火曜日の授業後に会議が入っているので、2泊3日で京都泊り込みです。
会議は前期の成績会議とか…結構切羽詰まってきた感じ。そして明日の会議に向けて、担当授業の成績を整理しておかないといけない、今日は残業決定ですw(泊りだからいいけど!)
夏休みになったら…取り敢えず歯医者の予約入れよう。虫歯未満の欠けたところが何カ所かある、気がします (T_T)

2011/9/25  22:09

その後のオギワラ・・・  

先週より、なし崩しに授業が始まってしまい、大変焦っております。
授業開始と同時にいきなり火曜の授業後に会議が入り、急遽ホテルを予約…したら、何と翌日は台風で全日休校に…!
そのまま帰宅しようかと思いましたが、ノートパソコン持ち込みで宿泊した(ホテルのレンタルパソコンは使いにくい)ので、それを家に持ち帰ってそのまままた持ってくるのは嫌だ!というわけで、授業は無いけど一度大学へパソ子を置きに行き、授業は無いけど会議はあっちゃった同僚の先生とイタ飯ビュッフェランチを食して帰宅しました。
何か妙に疲れたな〜(そりゃそうだ、長時間外出1カ月ぶりだ)。
で。
木曜日に医者に呼び出しくらい、遂に呼吸器内科送りになりました orz
土曜日に某大学の病院に出向いて精密検査やってきたわけですが…何が痛いって…支払い金額 17420 円、でございます。検査費用半端ない〜(CTスキャンまでやったしな)!
そして、1ヶ月の投薬治療…
医者の所見は 逆流性食道炎 でございました!
いや、百日咳抗体も出てたので、それも多分間違いなくあったわけですが、この延々、延々治まらない咳の原因が、そっちかい!みたいな…。
と云うか、一応一通りの呼吸器系の検査をやって(呼吸機能検査、って死ぬよ?あれ、年寄りにやっちゃまずいんじゃない??と思った)、そちらで原因が発見できなかったので、次に疑うべきところへシフト。
効果が出るまでに最低4週間はかかるからとに角忘れず飲んで下さいと言われ…
逆流性食道炎って事は胃が荒れてるんですね?胃酸過多なんですね?ストレスが原因かもですね???

原因そのものを排除してぇぇぇ…っ!と深く思った昨日の午後。




2011/1/29  20:48

リクエストしたのは私です。  

間違いございません。
いや、誕生日に何が食べたい?と聞かれて、久々にインド料理を…と。
そして美味しかったですよ、前菜盛り合わせもタンドリーチキンもカレーもデザートも。ええ。
しかしこのコース料理、嬉しいような苦しいようなサービス付き。
バイキング・ナン、お好きなだけ食べ放題。

………

食べられるか〜〜〜〜っ!
いや、最初に籠盛りして持ってきてくれたのが、直径25cmぐらいのナンを4割りしたものが4種類=16切れ。
その時点で食べきるのは無理な量。
何か、山盛りナンを見てるだけで腹が一杯になってしまいましたよ。
最初の入りをもう少し、せめて半量にしておいてくれたらな〜。
そして、全然無理には食べなかったのですが、後で胃が苦しかった……今朝まで苦しかった…ナンって以外に脂分多いから。
隣のテーブルの4人連れ(男1人女3人)が、お代りを頼んで、しかも「全種類!」と言っていたのが信じられん。しみじみバイキング向きではありません。
これでも学校関係者と外食すると「普段は大して食べてないのに、外食しに行くと結構食べますよね」と言われているのですが、学校関係で外食するときは自分チョイスだと油系は余り頼みませんしね。
油少なめ野菜多めだと割りと入る(いや、無理がきく…何せ三つ子までに「食事を残してはいけません」を叩きこまれているから)。

本当は美味しい日本料理がめっちゃ食べたかったんですが!予算の都合上諦めた…というのは一応内緒。

2011/1/14  22:48

ひたすら…  

湿布中。
そして、頓服。
御蔭様で腰は少し好転している気がしますが、変わって痛い背中をどうしてくれよう〜と思います。
後期授業日が、全部で後5日あるのですが、なんだかちっとも終われる気がしません。何故???

2010/10/12  7:59

前略、  

金木犀が香るころとなり、季節も幾分過ごしやすくなったように思います。
如何おすごしでしょうか。

等と、季節のご挨拶から始めてみました。
いや、ちょっと御無沙汰していたもんで。
微・忙しかったり、少々体調不良だったりしています。
と言いますか、先週より背筋痛継続中…治りません。ちょっとマシになっても、電車に乗って通勤すると悪化、振り出しに戻る。
取り敢えず薬飲んでしのいでいますが、あんまりしのげていないので、この週末好転しなかったら病院に行く予定。
どうも、最近打たれ弱くなりましたね…。

今日は、朝から猫を検査に連れて行って、帰ってきたらダッシュで出勤。
いやぁ…綱渡りだわ。

2009/4/18  15:20

我、赴くは…  

旬の竹。
この季節がやってまいりました。
明日、筍御飯(炊き込みではなく酢飯の方)を作るつもりで、掘りたて筍の到来を待っていました。地場野菜を軽トラで売りに来るおばさんがいて、この季節は筍もやってくるのです。
が!メニューを決めた時に限って来ないんだ、これが。
この間は、別メニューだったにも拘らず、売りにきた筍を母が買ってしまって、「どうすんのよ!材料買っちゃってるのに…っ(でも筍が優先される我家)」だったのに。
仕方がないので、自ら朝掘り筍を求めて放浪へ。
一応、近所が産地の端っこなので、車でちょっと走ればこの時期販売所があったりするのですが…最初とその次の場所では『筍売り切れました』の張り紙。まだ朝の9時半にも拘らず。
仕方がないので越県。本当に本場に突入(京都の山城です)。
ここだったら!と思って行った野菜販売所が、筍コーナー空っぽで、「う、売り切れですか…?」と尋ねたところ、「あ、今掘りに行ってます、もう 10 分ぐらいで戻ると思いますよ」
待ちますとも!こうなったらもう意地です。
御蔭様で産地もの本格朝掘り筍をゲットしてまいりました。
明日、筍御飯(この場合、筍入りチラシと云うべき?)、明後日若筍煮、1日置いて筍と鶏の炒め煮、使わない分は筍きんぴら。
若筍煮と炒め煮は自分居ないときメニューだしね(例年、この時期に叫んでいるかもしれませんが、私自身はあまり沢山は食べられない方です。すぐ痒くなっちゃうしね)。
フルコース…だと…来週末は炊き込みご飯と天麩羅もやるのかな…?



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ