2006/6/27  

今、掟ポルシェです!  今!(携帯からリアルタイムアップ!)
レコーディングなんです!クリックすると元のサイズで表示します

2006/6/26  

裂石温泉雲峰荘  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ちょっくら山梨の温泉、行ってきましたです。この裂石温泉雲峰荘は、「日本秘湯を守る会」にも加盟してる一軒宿で、都内から近くて、青梅街道を奥多摩上流も越えてずーっと行って、甲府盆地に入る手前あたりの大菩薩峠の山麓にあって、中央本線とか車で高速でも2時間かからないぐらいの近場の秘湯であります。

クリックすると元のサイズで表示します
山梨の温泉は、やっぱり箱根や伊豆に比べたら、温泉街の情緒ってのもそんなにないんで、いい感じで人けもなくて気分的にゆっくりしますね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
源泉浴槽です。かなり冷たいです。>

で、ここのお湯、ガッツリと自然湧出です。まあ26.6℃の冷たい鉱泉なんですが、岩の割れ目から毎分55.7リットルが自然に沸きだしていて、PH9.91の強アルカリイオン泉で、いわゆるお肌ツルツル美人の湯、ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
岩盤から冷泉が染み出てて、飲めます!

武田信玄ゆかりの「裂石山雲峰寺」の敷地内に沸いてて、1200年前にお坊さんが修行をしている時に、雷で石が裂けて温泉が湧出したことから、裂石温泉という名前が付けられたそうですね。

クリックすると元のサイズで表示します
<貸切風呂も木枠のいい感じかなりのんびり出来ます。>

離れにある、露天風呂が混浴で、男女脱衣場は別で中で一緒って感じです。都内からのこんな近場での混浴、なかなかないんで、重宝しますよ。

クリックすると元のサイズで表示します
<露天風呂の石屋根が、でかいぃ!>

岩盤から自然湧出してるのを見ながら源泉浴槽に入るのは、「ああ、地球の息吹に触れているぅ」と実感できて、かなりグっときますよ。って僕だけかそんなこと思ってるのは。

料理も自家農園で取れた山の幸や鴨鍋など、田舎のシンプルなものですが、料金も一泊1万円ぐらいでかなりお手ごろですね。

クリックすると元のサイズで表示します
鴨鍋、旨いかったですぅ。>

裂石温泉雲峰荘
〒404−0022 山梨県甲州市塩山上萩原2715-23 
TEL 0553-32-3818 FAX 0553-32-2040
公式HPはここ
http://www.unpousou.co.jp/ ですね。

てな感じで〜。

2006/6/21  

ドイツ人アーチストのツアー日記その7(お寺でライブ!)  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツ人アーチスト達は、6月10日(土)神谷町の光明寺にやってきました。

ここ光明寺http://www.komyoji.org/ は東京タワーの横にある浄土真宗のお寺で、最近「神谷町オープンテラス」として、カフェのように開放してたりで、巷の話題の場所なんです。

ここの僧侶、松本圭介坊さんが、いろいろ企画して
http://www.higan.net/というページもやってて、不定期で「誰そ彼(たそがれ)」
http://www.higan.net/tasogare/ という音楽イベントをやってるんです。

クリックすると元のサイズで表示します
<COVERTIBLEのアコースティックライブだ!>

で、今回は海外から来日という別バージョンで「彼は誰(かわたれ)」というイベント名”SHINTO””COVERTIBLE”のライブが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します
シントウ、が、お寺で、なんですぅ。>

前から僕は是非「シントウ」ライブをお寺で出来たら、まさに「神仏融合だ!」と勝手に思ってまして、今回はそれが実現できたのが、うれしかったです。まあ単なる語呂、なんですけどね。江戸時代までは神仏融合で、浅草寺と浅草神社一緒だったし、鎌倉も鶴岡八幡宮寺だったらしいですからね。

やはりドイツ人アーチスト達は、宗教的なところなので、若干の緊張気味で、またそこがグッ〜っと引き締まる感じがして、いいライブでした。

最後にシントウは♪GOKURAKU♪という曲をやったんですけど、なかなか感動的でしたよ。

♪GOKURAKU♪はここで聴けますよ。
http://www.shinto.at/files/audio/gokuraku.mp3

ツアー、最後のステージは、お寺でビシっとキまったのでした。

クリックすると元のサイズで表示します

てな感じで〜。

2006/6/20  

富士山が梅雨時なのにすばらしいぃ!(ドイツ人ツアー番外編)  旅行
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツ人達と6月10日に静岡から東京に戻る時、富士山がめちゃめちゃ綺麗に見えたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
富士川の河口付近、いわゆる東海道蒲原宿あたりですね。梅雨時なんでそれまでは雲がかかってて、「やっぱり時期が良くないから見えそうにないなぁ」と思ってたら、雲が取れてくれまして、まさに葛飾北斎の絵のようでした。ドイツ人たちは大喜び。日本人でもなかなか見れないですよね、綺麗な富士山は。富士山を見せることが出来て、日本人としてはうれしいわけでありまーす。

クリックすると元のサイズで表示します
<ドイツには冷たい北の方の海しかないので、ドイツ人は海が恋しいんで〜す。おおはしゃぎ!>

クリックすると元のサイズで表示します
<♪あ〜たま〜お〜く〜もぉ〜の〜う〜えに〜だぁし〜♪>

てな感じで〜。

2006/6/19  

ドイツ人アーチストのツアー日記その6(静岡の熱い夜!)  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツ人達は、浜松から静岡のクラブ「SONOR」に夜中にやってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
100人も入ればパンパンの小箱で、なんと、CONVERTIBLEベースのポリーナ嬢が、盛り上がってるDJに合わせて即興で弾き始め、その後のSHINTOのライブではハンスもギターを弾き、トーマスのパーカッションと、さらにDUKE+MUTOのDUKEがパーカッションで入り始め、いやぁ〜、かなり熱い夜でしたよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
こういうラフなセッションってのが出来るのは、クラブならでは、ですよね!みんないい酔いっぷりで、久しぶりにクラブらしいクラブパーティーでしたよ。

オーガナイズしてくれたDJ OKICHUさん、静岡の最高レコ屋「コーナーショップ」ミワさん、来てくれた静岡のみんな熱い夜をありがとう!

てな感じで〜。

2006/6/18  

ドイツ人アーチストのツアー日記その5(浜松)  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツ人達は、浜松にやってまいりました。総勢11人、車3台でのツアーはなんか遠足のようで、楽しいわけですぅ。

で、まずは、6月9日(金)の夕方時間に、浜松酒造天神蔵 http://www.tenjingura.com/ という酒蔵でライブを行ったわけでありま〜す。

クリックすると元のサイズで表示します
SHINTOカミトクジロウ浜松酒造の大高さん。「神道ライブ」って、うわぁ、なんか、すぅごぉいぃ。>

クリックすると元のサイズで表示します
<同行したDUKE+MUTOのライブ!>

クリックすると元のサイズで表示します
CONVERTIBLEのアコースティックライブ!>

クリックすると元のサイズで表示します
DJ MOONERがラップトップでDJ!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<そしてSHINTOのライブ!ここでもケイレ〜ン!>

クリックすると元のサイズで表示します
<で、やっぱり酒蔵ですから、なんです!>

てな感じで、浜松から静岡市に移動して、深夜のクラブパーティーが続くのでしたぁ〜。ではでは〜。

2006/6/17  

ドイツ人アーチストのツアー日記その4「DJ MOONER」  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツアーチスト IN JAPANはまだまだ続きまーす。
写真は”DJ MOONER” in 代官山unit です。

彼は今ミュンヘンでかなり頭角を現してるDJで、テクノ界では有名な「ゾンビネーション」にも参加してたこともあります。

クリックすると元のサイズで表示します
<右は今話題のVJ界のアイドル「StereoTennis」!>

「Erkrankung Durch Musique」(「音楽でイっちゃう!」という意味)レーベルをやっていて、ミュンヘンのREGISTRATURというクラブで彼が毎月行ってるイベント「Zombocombo(ゾンボコンボ)」は、かなり大流行りのパーティーなんです。毎回テーマを決めて「今日は派手派手化粧をする」とか「今日はサイケデリックで」などの、いわゆる大コスプレパーティーで、そういうユーモア感あふれるセンスが、いかにもミュンヘンらしいんです。

ミュンヘンって、70年代後半から80年代初頭の「ミュンヘンディスコ」っていわれたムーブメントでもそうでしたが、粋でかつユーモアセンスたっぷりな感じがするんですよね。かつ、ミュンヘンっ子の意識ってのは、スノッブで予定調和な音を避けて避けて、DJとかでも、分かりやすい踊れる感じってのあえて避けて表現するってのがあるように思います。そういう都会で遊び慣れしてるミュンヘンっ子を厭きさせない、そんなハズシのところが面白いわけです。彼のDJはまさにそういう、ユーモアとハズシの技って感じですね〜。

DJ MOONER公式HP
http://www.mooner-industries.de/
彼のレーベル「Erkrankung Durch Musique」公式HP
http://www.erkrankung.net/

Erkrankung Durch Musiqueから出てる音源は、いろんな曲をマッシュアップしまくりで、かなり、ヤバイィ。

てな感じで!

2006/6/16  

ドイツ人アーチストのツアー日記その3「SHINTO」  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツアーチストIN JAPANの続きで〜す。

写真は「SHINTO」の代官山UNITでのライブでございます。SHINTOは、日本&ドイツのハーフであるカミ・トクジロウ(Vo)、ハンス・プラツグマー(G&PC)、トーマス・ヴュール(D)のユニットです。このブログにこのところ何度も登場してますが、僕がミュンヘンに行ったときにはいつもお世話になってる友達アーチストなんですけど、とにかくドイツでも日本語でやってて、それがまたウケてるという面白いユニットなんですよ。

今回で4度目の来、と思ってたらその前にも1度来てて5度目の来日ですね。全国に熱狂的なファンもいて、今までツアーで回った所といえば、東京、静岡、藤枝、京都、大阪、高松、松山、などなど、地方でも結構ライブやってるんですよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
<見た目、ほんとかっこいいんです!>

SHINTOの代表曲「ケイレン」http://www.heimelektro-ulm.de/hpz/keiren.mp3
は、ほんと最高ですから。

クリックすると元のサイズで表示します
<でも♪ケイレン〜♪、なんです。>

HPはここ
http://shinto.at/ですね。ここではMP3で音源も聴けますし、「カミからのメッセージ」も是非読んでみてください。シントウの世界が堪能出来ますよ

ファンサイトもありますよ〜
http://members.jcom.home.ne.jp/watabon/sinto.htm

ニューアルバムの「SEKAI」も出ましたです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1322879
是非チェックしてみてくださいぃ。

ではでは〜。

2006/6/15  

ドイツ人アーチストのツアー日記その2「CONVERTIBLE」  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、ドイツアーチストの日本ツアーということで、6月8日(木)、代官山 UNIT
"MIDDLE FIELD! VOL.2"
http://www.starboze.net/mf/
が行われまして、そこでライブをした”CONVERTIBLE”です。

CONVERTIBLEはマジでドイツ圏では有名なバンドなんですよ。2003年にリリースした1stシングル”Your Pull Is Gone”は、オーストリアのインディーチャートで、あのレッド・ホット・チリ・ペッパーズを押さえて、1位になったり2004年の1stアルバム "CONVERTIBLE" はヨーロッパ中でヒットし、ゴールドを記録したりしてるんですよ。アメリカやイギリスでブレイクしてないと日本にはなかなか情報が入ってこなくて有名にならないんですけど、ほんとヨーロッパではビッグなアーチストなんです。

詳細をここで書くのも、いろいろあり過ぎますんで、公式ページ
http://www.convertible.platzgumer.net/

を見てくださいませ。英語ですけどね。かっこいいロックでしたよ、マジで!

ニューアルバム「Frailty Or Win: Strength Of Defeat」も日本発売されますのでチェック!
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1288478

てな感じで〜。

2006/6/13  

ドイツ人アーチストのツアー日記その1。  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、先週はドイツから”CONVERTIBLE””SHINTO””DJ MOONER”の3組6人がやってきまして、いろいろ同行したので、写真などアップしまーす。

クリックすると元のサイズで表示します
6月7日(水)にインターFMでCONVERTIBLEの生ライブがありました。スタジオの中にドラムセットまで組んじゃって、昼間2時半からの生オンエアーだったので、かなり臨場感ありました。音も良くてすばらしかったですよ!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

その後、ドイツ料理屋「ラインガウ四谷店」で取材もかねて食事。彼ら曰く「ここの料理、ドイツよりおいしいぃ!」との評判でしたよ。
クリックすると元のサイズで表示します

こういう工事現場の光景は日本特有なので、喜んでました。
クリックすると元のサイズで表示します

という感じでツアーは続くのでした〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ