2006/12/28  

京都の「だる満」のおうどんのお取り寄せが旨いんです!  旨いぃ
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、日頃は無骨な武蔵野うどん攻めに勤しんでる小生ですが、今回は「京都のおうどん」どすえ(笑)。

京都の岡崎の細見美術館隣にある「だる満」「おうどんお取り寄せセット」なんですけど、ほんま旨いんですわ。

「だる満」のHPは
http://www.daruman.com/
で、おそばとかおばん菜の御食事処で、京都らしい繊細な味付けで美味しいんです。で、実はここの3代目店主とはもう高校大学の頃からの仲で、京都に帰ったらしょっちゅう食べに行く感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、このお取り寄せなんですけど、自家製手作り無添加の京風ダシが旨いのはもちろんのこと、うどんと、あと、やばいぐらい旨いのが、きざみ九条ねぎ!それと、南禅寺御用達の「服部とうふ」店の、きざみあげ!これがほんまめちゃ旨で、ナベでちょっと煮るだけで手間をかけずに、京都独特の旨い「きざみきつねうどん」が出来ちゃうんです。

九条ねぎって、関東でも売ってるんですけど、京都産のものと全然味が違うし、旨いダシと九条ねぎとあげ、というかなりシンプルな京風うどんって、ほんと関東ではなかなか食べられないし、それが全部セットでお取り寄せできるってのは、ほんまいいですよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.daruman.com/dasi_omote.html
http://www.daruman.com/dasi_ura.html
ここからでお取り寄せできますんで。

関東とかに住んでて「ああ、京風おだしで、きざみきつねうどん、食べたいぃぃい!」って思ってる人には、ほんまオススメですよ〜。

ではでは〜。

2006/12/24  

伊東大東館の「防空壕五右衛門風呂」  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、伊豆の伊東温泉に行ってきたのですが、珍しい温泉があるとのことで、攻めて来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
伊東大東館という旅館内にある「防空壕五右衛門風呂」ですよ。戦時中に掘られた防空壕をくぐっていくと、その先になんと五右衛門風呂がある、という風変わりな温泉なのですよ。

なんか探検みたいで、なかなか楽しいんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
<若干フラッシュを炊かないと暗くて、カップルで行ったら、結構楽しめるかも。>

泉質は弱アルカリ性単純温泉で、無色透明で若干淡い感じで、若干ヌルリとした、伊東温泉ならではの湯で、もちろん掛け流されてて、いい感じです。

クリックすると元のサイズで表示します
<内湯大浴場はこんな感じ>
クリックすると元のサイズで表示します

伊東大東館の公式HP
http://www2.ocn.ne.jp/~daitokan/
です。

今回は女性専用タイムで入れなかったですが、露天風呂もあるので、いいですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
♪伊東行くなら大東館〜♪ じゃ、なかったっけ(笑)。

てな感じで〜。

2006/12/16  

つるつる温泉@日の出町、が入場無料でした!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、奥多摩の日の出町にある「つるつる温泉」が、オープン10周年記念で、12月13日(水)・14日(木)・15日(金)の3日間、なんと入館料無料!ということで、2日も続けて行ってきましたですぅ。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは27,4度PH9.64のアルカリ鉱泉なので、湯の感触はまさにつるつるなんです。加温して循環湯で塩素消毒してて、掛け流し浴槽がないのがちょっと残念ですが、山間の湯で、平日は結構空いてて、土日とかは秋川渓谷キャンプ帰りに一っ風呂出来るんで、いいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
<洋風露天風呂もあって、大体毎日男女浴槽が入れ替わります。>

奥多摩方面の温泉、というか鉱泉が多いんですけど、源泉的には結構いい所が多くて、奥多摩湖の鶴の湯源泉とかも硫黄鉱泉で、昔は信玄の隠し湯だったみたいですね。でも掛け流しが殆どないんですよね〜。都心近くでも掛け流し温泉がドンドン出来てる昨今奥多摩温泉も掛け流し浴槽作ってほしいですね。

クリックすると元のサイズで表示します
このつるつる温泉も、加温でもいいので源泉掛け流しの小さな浴槽、作って欲しいです!是非お願いしますよ、つるつる温泉さん!
公式HPは
http://www.gws.ne.jp/home/onsen/
です。

てな感じで〜。

2006/12/15  

今、武蔵野うどんの「きくや」@東村山です!  今!(携帯からリアルタイムアップ!)
武蔵野うどんの有名店です!クリックすると元のサイズで表示します

2006/12/8  

大江戸東山温泉@池尻大橋、の黒湯はスゴイ!!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、忙しいやら風邪をひいたりしたので、久々に温泉でございます。

クリックすると元のサイズで表示します
ここ大江戸東山温泉渋谷の隣の駅、池尻大橋に昔からある温泉で、都心から地の利も良いので、結構行ったことがある人多いんじゃないでしょうかねえ。

で、実はここ、一昨年末に突然泉質が変わっちゃって、温泉通の間では話題になっておりました。以前は塩味のアンモニア臭がする湯だったんですけど、今は東京温泉の定番である黒湯に変わってしまったんです。多分近くの山手通り辺りの工事の影響とかで、湯脈が変わっちゃったんでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
しかしながら、その黒湯なんですが、実は、ものすごーいドス黒さ、なんですよ。まさに墨汁、みたいです、ほんと。湯舟から出た時に体に、黒い墨汁みたいにベタァっと付着する様は、正直「うわぁ、キタないぃ!」って思っちゃうぐらいなんです。都内近辺、黒湯温泉多けれど、ここ程黒い所はないです。
クリックすると元のサイズで表示します
うわぁ、キチャネ!

それだけに湯は成分が濃くて、ほんとよく温まるんですよね。まあ冷泉沸かし湯で、掛け流しではないんですけどね。

クリックすると元のサイズで表示します
<桶に汲んだらドス黒さがよく分かりますです。>

で、そんな珍しいドス黒湯の大江戸東山温泉、実は残念なことに今年12月31日をもって休館、となってしまうんですよ。泉質の変わった影響で、源泉の引き上げパイプに土砂が混じちゃって、大規模改修が必要になったみたいなんです。かなり残念なんです。料金も「長生きの湯」の方は銭湯ぐらいの価格なので、気軽に行けたんですけどね。都会のオアシスがまたひとつ消えちゃいますよ。残念ですほんと。

この特異な泉質が味わえるのも、今月いっぱいまでということなので、皆さんも是非、行かれてみるのはいかがでしょうか。ほんとその黒さに、ビビリますよ〜

公式HPはここ
http://www.ooedoonsen.com/
です。

てな感じで〜。

2006/12/4  

国立駅舎、最後の日  ドキュメント
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、2ヶ月ぐらい前のことですが、10月8日をもって、あの有名な三角屋根の国立駅舎80年の歴史を終えました

今年の2月にこの街に引っ越してきて、正直なところ、そんなに思い入れもなかったんですけど、最後の夜、どんなものかと見に行ったら、なんかちょっとグゥっときちゃいました

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いつまでも駅舎を眺め続ける、初老のおじいさん。多分この街で生まれた時から、この駅舎とともに育ってきたのでしょう。写真を撮りつつ、この駅舎との思い出を噛み締めてるのでしょう。ああ、泣けてきた。>

クリックすると元のサイズで表示します
<駅舎内で”蛍の光”をみんなで大合唱です。あああ、泣けてきた。>

クリックすると元のサイズで表示します
<写真を撮ってる人も結構いました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<たまたまその日は満月!>

クリックすると元のサイズで表示します
<一夜明けて、駅舎は閉鎖され隣に仮駅ができました。>

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<この光景を絵に描いて残そうとする人も、数人いました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<そしてついに、10月20日、看板がなくなった。>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月に入って、ついに解体が始まりだしました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月17日、駅舎が見えなくなり>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月末には、クレーン車も導入され、もう、あの、駅舎はない。>

クリックすると元のサイズで表示します
5年後、この国立駅は、どうなってるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
さようなら 国立駅舎。

〜そして、その後〜〜〜

12月半ばには、もうすっからかんに無くなってしまっ、たぁぁ。あああ。
クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ