2008/4/30  

中宮温泉の初め湯まつりに行ってきました!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、石川県の白山中腹に湧き出る古くからの名湯中宮温泉に行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
中宮温泉は白山スーパー林道入り口手前にあって、冬期は雪の中なので休業してるんです。今年は4月25日から開湯で、26日は初め湯まつりとのことで、山菜や岩魚焼きなどのちょっとした店などが出て、山奥なのにたくさん人が集まってきてました。

1200年前に白山開山の祖・泰澄大師が、傷ついた白鳩を見て発見した温泉とのとこで、胃腸名湯なんです。鉄分を含んだ、薄青くて黄緑がかったお湯ですよ。胃腸名湯だけあって、これが飲むとほんのり塩味がして、旨いんですよ〜。ごくごく飲みたいくなる温泉なんですよねえ。ここ湯は全然腐らないらしいですよ。ペットボトルも売ってました。源泉は1つで岩肌からドバドバと自然湧出してるとのこと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
山田旅館の露天風呂&内湯です。>

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
にしやま旅館の内湯と露天風呂です。山々が見えていい感じです!>

クリックすると元のサイズで表示します
<山田旅館とにしやま旅館は並んでます。その向こうに木戸旅館と宮村旅館という、4軒の宿があるだけの小さな温泉地です。>

場所はここです。

クリックすると元のサイズで表示します
飲める温泉です!美味しくてガンガン飲んじゃいました。>

山奥ですけど車だったらそんなに行きにくいところじゃなくて、金沢からちんたら走っても2時間もかからない秘湯ですよ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<初め湯まつりでは地野菜とか売ってました。>

ではでは〜。

2008/4/24  

鬼首温泉郷の吹上温泉の間欠泉は、シュワァァー!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、鳴子温泉のちょっと北にある鬼首(おにこうべ)温泉郷の吹上温泉に、間欠泉があるので、行って動画を撮ってきました。

こちらはデカイ方の「弁天」です。


もう一丁!


で、こちらは小さい方の「雲竜」です。食堂の窓から見れるんです。


自然に沸きあがる間欠泉ってのは、まさに地球の息吹、ですよね〜。自然湧出そのもの
クリックすると元のサイズで表示します
<自然に沸きあがる間欠泉のメカニズムを調べてる機械です。地球の神秘の息吹、ですね〜。>

入場料は400円ですが、昔は囲いも何も無くて、子供の頃連れてこられて「ここにいたら、もうすぐすごいことが起こるから」って言われて待ってると、突然吹き上がってビックリさせられたらしいです。地元のおじいちゃんが言ってました。

クリックすると元のサイズで表示します
この間欠泉の湯に入れる露天風呂があります!泉質は無色透明のアルカリ単純泉です。>

場所はここです。

クリックすると元のサイズで表示します
<温泉達人のナルちゃんとご一緒で、食堂の蕎麦もなかなかイケましたよ>

てな感じで〜。

2008/4/19  

今、中山平温泉の東蛇の湯です!  温泉(国内)
鳴子温泉郷の中山平温泉に来ました!

この湯のにゅるにゅるぅの感は、正に蛇の感触です!

湯上がり後も肌ににゅるにゅる感が残る程で、汗が引かなくて湯冷めしません。
素晴らしいです。正に名湯湯治湯です!クリックすると元のサイズで表示します

2008/4/16  

和倉温泉の「総湯」の湯は、苦いんです!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、能登半島の和倉温泉唯一の共同浴場である「総湯」に入ってきました。

JRの北陸フリーきっぷで加賀温泉郷に行ったのですが、帰りの電車まで数時間あったので、特急の自由席に乗り放題なので、和倉温泉まですっ飛ばしてひとっ風呂してきたわけです。
クリックすると元のサイズで表示します
<内湯はいわゆるスーパー銭風、です>

実はこの和倉温泉総湯は、半循環で完全掛け流しじゃないんですけど、湯口からは全くの源泉が出ていて、飲泉できるんです。
クリックすると元のサイズで表示します
<ひしゃくが置いてあって、飲めるんです。にがいぃぃ。>

和倉の湯は海に近いためかいわゆる、塩けのする塩泉なのですが、独特の苦味がするんです。豆腐を作る時のにがりみたいな苦味なんですよ。入ったときの肌の感触はキュウっとして、じわじわ効いてくる感ありますよ。無臭で無色透明、湯上りは肌に湯が巻きついて、温まりるんです。なかなかこういうクセのある温泉って、珍しいんじゃないかと思いますねえ。温泉力あると思います和倉の湯は露天は完全掛け流しじゃないんだけどなぜか気持ちいいんですよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
和倉温泉総湯の公式HPはここです。

今回、電車の都合で和倉温泉滞在は約1時間という短い時間で、総湯しか入れなかったのですけど、掛け流しの宿で立ち寄り入浴も可のところもあるので、次回きた時はゆっくり回ってみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します
<和倉と言えば、超有名巨大ホテル「加賀屋」!全貌です!ドヒェェェ〜!>

てな感じで〜。

2008/4/12  

山中温泉の越後屋はいい湯なんです!  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、石川県の加賀温泉郷山中温泉に行ってきました。

加賀温泉郷といえば山中、山代、片山津、栗津という有名温泉が集まる観光温泉郷なのですが、その何処の温泉街にも「総湯」と呼ばれる共同浴場が中心にあって山中温泉も「菊の湯」という大き目の共同浴場があるんです。

でも実はこの菊の湯、半循環で完全掛け流しじゃないんです。で、何処か、小さい湯船でもいいから、この菊の湯の湯を引いた掛け流しのお宿は無いものか、と探したところ、見つけたのがここ「越後屋」さんだったんです。

クリックすると元のサイズで表示します
家族経営のこじんまりしたお宿で、総湯菊の湯のすぐ側で総湯と同じ湯が引かれてるんです。加水加温循環一切無しの掛け流しで、山中温泉の本来の湯が堪能できますよ。総湯と入り比べてみてもその良さは明らかに分かります。クリックすると元のサイズで表示します

父親が曰く「山中温泉は昔、軍の保養所があったから、ほんといい湯や」とのことで大絶賛で、無色透明無味でほのかに硫黄臭がする含芒硝石膏硫酸塩泉は、重くなくていつまでも湯船につかってられる入り心地の良さがあるんですよねえ。

越後屋さんは、立ち寄り入浴は500円で入れて、素泊まりも可で、観光旅館がひしめく加賀温泉郷では、数少ない湯治場風情漂うお宿です。

クリックすると元のサイズで表示します
公式HPは無いんですけど、詳細はここで、場所はここです。

さらりとした名湯山中温泉の、本来の湯を味わいたいのなら、是非この越後屋を訪れることをオススメします。

ではでは〜。

2008/4/8  

今、麻布十番温泉の前ですが、、、  温泉(国内)
やっぱりやってませんでした。

3月いっぱいをもって廃業してしまったのです。

また一つ、六本木ヒルズの真下で頑張ってた、東京の老舗銭湯温泉が、消えてしまいました。

残念です! クリックすると元のサイズで表示します

2008/4/2  

「音知連」で、なんとグランドチャンピオンに輝きました!  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、実はスペースシャワーTVの人気番組「音知連」で、数多のミュージシャン達を見事勝ち抜いてしまって、なんとグランドチャンピオンに輝きましたです!

FPM田中さんと僕のチーム「チーム京都人」に、途中で助っ人の掟ポルシェ氏が参加という、最強の2人と共に、100組ぐらい参加してた(もっと多いのかなあ)ミュージシャンの頂点に立ってしまったわけです(笑)。

この番組、いわゆるクイズなんですが、そのクイズの後に「ちなみに」っという感じで音楽の薀蓄を述べていって、司会のいとうせいこうさんにその答えが認められると点数が入っていく、という番組なんです。

クリックすると元のサイズで表示します
<本番中にステージから客席を激写!>

で、僕は笑いを取ることばっかり考えてて、全然音楽の薀蓄は語らずに、温泉の話ばっかりしてたんですが、なぜかチャンピオンになってしまいましたよ。音楽薀蓄をちゃんと述べてた他のミュージシャン達にほんと申し訳ないですぅ。

で、賞品は、なんとラスベガス旅行!

今日の夜も25時からスペースシャワーで再放送が見れるみたいですので、是非スペシャが見れる人は見てくださいませ。

クリックすると元のサイズで表示します
<僕の後ろに壁に立てかけてあった、ナポレオンいとうさんの絵を本番中に激写。>

ラスベガスか〜。カジノもセリーヌディオンショーも全然興味ないんですが、実はラスベガスにも温泉、あるんですよねえ〜。ここは行きたいなあ〜。あの広大なアメリカ大陸には、まだまだ未知の温泉、ありそうですからね〜。

てな感じで〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ