2009/3/30  

今、五色温泉@長野、の露天風呂です!  温泉(国内)
五つの色に変化する長野の名湯です!

今日の露天風呂は青みがかった白濁でした。

硫黄の香りがたまりません。

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/22  

今、阪神沿線温泉巡りで、六甲おとめ塚温泉です!  温泉(国内)
実は尼崎西宮灘あたりの阪神沿線は、掛け流しの銭湯温泉が点在している、知る人ぞ知る温泉地帯なんです!

ここ、六甲おとめ塚温泉は、41・1℃毎分480リットルの薄緑の湯が、完全放流で掛け流しどころか垂れ流されてます。

しばらく入ってると炭酸で肌に細かい気泡がついてきて、気泡が膜になって、肌がツルンとして、若干の硫黄臭もする名湯なんです。

近くにも灘温泉など400円ぐらいの銭湯料金で入れる名湯だらけです。こんな掛け流し湯が点在する阪神沿線は素晴らしいですよ!

クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/16  

今、月岡温泉熊堂屋の湯舟が鮮やかなエメラルドグリーンです。  温泉(国内)
高級旅館が立ち並ぶ月岡温泉で、温泉マニア御用達の素泊まり湯治宿、熊堂屋さんに、昨夜から泊まっております。

鮮やかなエメラルドグリーンの硫化水素泉が、湯量に見合った小さな湯舟で掛け流されてます!

真っ白の肌になれる名湯ですよ!
クリックすると元のサイズで表示します

2009/3/12  

ゆるキャラ音頭を橋幸夫さんが!  音楽関係
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、7,8年前にみうらじゅん師匠と作った「ゆるキャラ音頭」がなんと、今年、あの大御所歌手、橋幸夫さんが歌うことになりまして、驚愕してる今日この頃でございます!

こんな感じでニュースになったりで、この夏の盆踊りは「ゆるキャラ音頭」で盛り上がること間違いなしですね!

にみうらさんが歌ったバージョンはこんな感じです。これもかわいいですね〜。

音頭曲は実は、ちょこちょこ作ってるので、僕もこれからは音頭作曲家として、全国の温泉音頭を勝手に作って行こうかなあ(笑)、っと思ってる今日この頃です。意外と温泉地でご当地温泉音頭がないところ、多いんですよねえ。

てな感じで〜。

2009/3/3  

渋温泉での「渋響」に出演します!  音楽イベント
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで3月に入って、ますます花粉症真っ盛り(笑)のひな祭りですが、花粉症に効く温泉で湯治したい、まさに温泉日和の今日この頃ですね。

そんな春の3月28日(土)29日(日)、温泉地でのイベントに出演いたしますよ!

場所は、信州の名湯、渋温泉!!

イベント名は、名づけて

「渋響」!!

「ONSEN&SOUND&ARTイベント」ということで、涼音堂本舗が主催で昨年5月に鳴子温泉で開催された「鳴響」の続編とも言うべきイベントなんです。千と千尋の題材になったとも言われる、渋温泉の老舗旅館「金具屋」さんや、平成12年に閉館となった旅館「臨仙閣」でのライブなど、まさに渋温泉を丸ごと会場にしたような画期的なイベントなんです。
クリックすると元のサイズで表示します
<メイン会場の金具屋さんの建築は、圧巻!>

渋温泉の情緒ある街並みに、エレクトロニクスのの音楽が溶け込むように鳴り響き、そしてその音が、外湯めぐりしながら体感できるという、まさに温泉とアートの融合がここにあります!

温泉マニア的には、今は閉館してて入れなくなってる旅館「臨仙閣」の2つの温泉にも、入れまーす!マジでこれは貴重です。2つの源泉が微妙に違うんです。先日下見に行って僕は入ったんですが、これがあなたほんと、渋温泉でもトップクラスを誇る湯質の良さで、あああ、たまりませ〜ん。温泉マニアはイベント参加、マストですよ、マジで!!(笑

クリックすると元のサイズで表示します
<こちらは鉄分大目の赤茶けた湯です。この浴槽、入浴感がすばらしいです。なんと、旅館営業してなくても、自噴してるので、湯は、出っ放しぃ。ああ、すばらしいぃ。>

クリックすると元のサイズで表示します
<もう1つは透明に近い湯です。一応男女別れてる2つの浴槽なんですが、イベント当日は、古来の日本の温泉文化に習って混浴で入りたいですね〜。>

クリックすると元のサイズで表示します
<お猿の温泉で有名な地獄谷温泉も近くです!渋温泉にもお猿さんもたまに出没します。>

出演者など詳細はここです。随時新情報をアップされると思いますので、是非チャックしてくださいませ。

ではでは、渋温泉でお会いしましょう!!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ