2012/12/4  

今週末、いよいよ、「音泉温楽2012冬・渋温泉金具屋」、行われます!  音楽イベント
はい、というわけで、今週末12月8日(土)〜9日(日)、いよいよ、「音泉温楽2012冬・渋温泉金具屋」が行われます!

チケットの方はもう完売してしまったのですが、渋温泉の温泉気分を味わっていただくために、僕が2009年にリリースした、渋温泉を舞台に撮影したDVD映像をご覧くださいませ。

NATURALLY GUSHING DVD vol.1 [長野県] 渋温泉 - 地獄谷温泉 - 熊の湯温泉



金具屋さんの秀逸なる建造物や湯船が映し出されております!

2012/10/22  

12月8日(土)〜9日(日)「音泉温楽2012冬・渋温泉金具屋」、公式発表です!  音楽イベント
クリックすると元のサイズで表示します

はい、というわけで、毎年冬に開催の「音泉温楽2012冬・渋温泉金具屋」公式HPがアップされました!今年は12月8日(土)〜9日(日)で
有形文化財の千と千尋の神隠しのモデルになったと言われるお宿「金具屋」さんで、毎年の如く行われるんですが、今回はなんと、金具屋さん全館貸切なんです!

ライブが行われる大広間だけでなく、伝統ある金具屋さんの屋内のいろんなところで、音泉温楽的な催しモノが行われる予定ですので、ご期待下さい!

公式HPはこちらです!
豪華出演者などなど、ご覧くださればと思います。

今日の正午に公式ホームページがアップされたのですが、金具屋さんの宿泊予約は殺到するほどの反響振りなんです。金具屋さんにお泊まりになりたい方は、お早めに!ちなみに、金具屋さん宿泊でなくても、もちろん音泉温楽には参加できますので。渋温泉のお宿はどこもほんといいお宿ばっかりですし、いろんな源泉もありますので、温泉&音楽を堪能していただければと思います。

その前に、11月3日(土)に、わたくしサワサキは「音泉温楽 presents『湯会』@別府温泉 別府タワー」で盛り上がりますので、是非別府にもお越し下さいませ!

さ〜皆さん!冬の宴会フェス「音泉温楽」の季節の到来です!よろしくお願いいたします!
タグ: 温泉 音楽 冬フェス

2012/10/5  

「音泉温楽」の季節です!今年中に3箇所で開催決定!  温泉(国内)
はい、というわけで、夏も過ぎ、朝晩ちょっと肌寒い季節になってきました。「音泉温楽」の季節がいよいよ到来でございます!

「音泉温楽」公式HPでも既に発表されてますが、今年中に、神奈川、別府、長野の3地方で、開催が決定しております!

クリックすると元のサイズで表示します

神奈川県の綱島温泉大分県の別府温泉のイベントは、「音泉温楽PRESENTS『湯会』」という新しい名義で新たに始めるイベントで、クラブ的DJパーティーなどの騒いで踊れたりできるような感じもあったりしますので、今までの宴会フェス「音泉温楽」の雰囲気とは区別できるように名義を変えました。

わたくしサワサキは、11月3日(土)音泉温楽 presents『湯会』@別府温泉 別府タワー」DJで出演します!別府タワー内にある昔のディスコがイベント会場ですので、僕は今回のDJは、アンビエント系ではなくアゲ目のDJセットでやりますので!テイトウワさん、常盤響さん共々、大盛り上がりになること間違いなしです!近くの九州の人のみならず、遠くの人もこの際別府温泉に旅して、是非是非、皆さん、お集まりくださいぃぃ!
タグ: 温泉 音楽 冬フェス

2012/9/15  

今、稲刈りのお手伝い、です。  
機械で刈りきれない田んぼの端っことかを、手で刈ります!

クリックすると元のサイズで表示します

2012/8/16  

今、舟形、点火しました!  
目の前です!

クリックすると元のサイズで表示します

さらに、グっと近づいて、舟形アップ!

クリックすると元のサイズで表示します

お精霊さん(おしょらいさん)、お送りいたします。ありがとうございます。

南無阿弥陀仏。

2012/8/16  

今、大文字送り火、始まりました!  
大ナウ!

クリックすると元のサイズで表示します

2012/8/16  

今日はこれから、京都五山の送り火です!舟形、です!  寺社仏閣
今の舟形です。もうほぼ準備は出来たみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと、グゥぅぅっと、寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 京都 送り火 お盆

2012/7/24  

あ!気がついたら、全然ブログ書いてないぃ!温泉に行けてないぃ!  温泉(国内)
はい、というわけで、温泉に最近、あんまり行けてないんですが、そんな時は、温泉地でゲットしたグッズを見て、温泉気分に浸りましょう。

那須の北温泉でゲットしたモノですが、さて、これは、なんでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 温泉 温泉 温泉

2012/6/19  

大阪の山奥、能勢にある「汐の湯温泉」は、シュワシュワで素晴らしいぃ。  温泉(国内)
クリックすると元のサイズで表示します

はい、というわけで、このところ、野豚の原発再稼働に呆れて日本の行く末を思って筆も進まない昨今ですが、気をもんでても前に進まないんで、ちょこちょこ温泉巡りはしておりまして、久々に湯巡りレポートでございます。また1つグっとくる温泉、入りましたんでご紹介いたします。

大阪の北部に、「能勢」という所がありまして、大阪の地図で見ると、北の方に盲腸のごとくぴょこんと飛び出てる場所でして、何となくこういう飛び地的なところって、僕的にはかなりグっと来るんですよね。大阪に無理やりくっついてるみたいで。兵庫県でいいやん、とか思っちゃいますが、大阪なんですよね〜、能勢。

クリックすると元のサイズで表示します
「大阪の軽井沢」と言われたり、寒いので「大阪の北海道」とも言われたり、ある人には「大阪のチベット」とも言われたりする、いわゆる、大阪の「ド田舎」で、コテコテ大阪のイメージしかない人を目隠しして連れてきたら、「えっ!ここ大阪なの?大阪にこんな田舎、あるのかぁ?」と思ってしまう、東京でいう奥多摩的なド田舎、だと思います、「能勢」グッときますわ、ああ、書いててグっとくるぅ。


そんな能勢に、1000年の昔から湯治場として愛されてきた、源満政公ゆかりの歴史ある温泉が「汐の湯温泉」であります。摂津三湯の1つとのことで、歴史ある古湯、なんですよ。

クリックすると元のサイズで表示します
<国道173号線沿いで、結構トラックとかびゅんびゅん走ってるんですけど、一歩入ったら、格式ある感じの素晴らしい一軒宿ですよ>

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

<中庭もほんと綺麗で、素晴らしいでございます。>

クリックすると元のサイズで表示します
<1階浴場と2階浴場があって、男女時々交代するみたいです。今回は源泉浴槽のある2階浴場に入れました。>

クリックすると元のサイズで表示します
おおぉ、茶色の湯が満ちてる!

クリックすると元のサイズで表示します
<加温浴槽です>

含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物冷鉱泉とのことで、成分総計2.8627g。成分濃いぃです!ツルツル感というよりはツルキシ感、って感じですね、肌触りは。

と、奥を見てみると、もう1つ小さな茶色浴槽が!うぉ〜源泉浴槽!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
源泉温度は18.4℃で、冷泉なのですが、炭酸のシュワシュワ清涼感がかなりあるんです!沸かした浴槽では炭酸が抜けてしまうので、このシュワシュワ感は源泉浴槽でしか味わえない醍醐味でございます。暑い日だったので18.4℃でもそんなに冷たくなくて、これは素晴らしい入浴感ですよ!

舐めてみると、鉄っぽさと、炭酸の甘さがあるんですよ〜。なかなか旨いぃ。

クリックすると元のサイズで表示します
湯の花が茶色くて、炭酸で腕のうぶ毛が立って湯の花がまとわりつくぅ!グッときます!

クリックすると元のサイズで表示します
中庭に源泉が毎分40リットル自噴していて、pH5.9で弱酸性みたいですね。

公式HPはここ場所はここです。立ち寄り入浴料は1000円でちょっと高めですが、JAFの会員特典で200円引きなんですよねえ〜。なにげにお得、JAF会員。

炭酸で皮膚がマッサージされたのか、入浴後、体の中からポカポカして、効きそうですよこれは。

クリックすると元のサイズで表示します

亀岡回りで京都から意外と近くて、これはちょくちょく通いたい、そんな名湯でございます!冬場にボタン鍋&温泉、で行きたいですね〜。ではでは〜。
タグ: 秘湯 自噴 鉱泉

2012/5/26  

仁左右衛門の湯@京都の入浴券10枚綴りが、当たった!  
クリックすると元のサイズで表示します

はい、というわけで、なななんと!仁左右衛門の湯@京都の入浴券10枚綴りが、嬉しいことに当たってしまったのです!

仁左右衛門の湯は、冷泉と温泉の2源泉を、掛け流しで味わえるという、素晴らしい温泉です!熱い温泉と冷たい温泉の交互浴が出来るのです。しかも掛け流し浴槽で! 

そんな、関西屈指の温泉の入浴券10枚綴りが、当たりましたよ!


平日限定ですが、期限無し。10日ぶっ続けで入りに行って、「十日湯治」も出来ますねこれは!そんな贅沢な時間的余裕は、やっぱりないですが、三日間ぶっ続けで入る、「三日湯治」ぐらいはやってみようかなと思ってます。最初は湯あたりするでしょうけど、三日目で湯になれて体がシャッキィィ!

となるかどうか。しかしながら、白骨温泉とかでは、三日入れば三年風邪ひかない、とかいう言い伝え、ありますからね〜。京都の名湯、仁左右衛門の湯も、そういうことあるかもですよ。

仁左右衛門の湯さん、誠にありがとうございます!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ