2012/8/16  

今日はこれから、京都五山の送り火です!舟形、です!  寺社仏閣
今の舟形です。もうほぼ準備は出来たみたいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

もっと、グゥぅぅっと、寄ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します
タグ: 京都 送り火 お盆

2008/3/13  

なぜか、最近、狼、なんです!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、なぜか最近、「狼」僕の中でキテるんです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、狼が神様の「武蔵御嶽神社」が、3月8日(土)春季大祭ということで、行ってまいりました。天気も良くて気持ち良かったですねえ。

クリックすると元のサイズで表示します
どこかブレが無くて、ビシっとしてる、そんな野獣のイメージで、なんとなくこのところ狼好きになってるんですが、「狼」って字をよく見てみると、「けもの偏に良い」、って書くんですよね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
<実はケーブルカーがもうすぐリニューアルとのこと。名残惜しんで鉄道ファンが写真撮ってました。僕も若干テツなので(笑)、パチリ!>

クリックすると元のサイズで表示します
神社の周りの御師の集落山の上に集落が突如として現れて、まるで天空の城ラピュタみたいで、いつもここに来ると、なんか感動します。

狼はワイルドなので、害獣ってことで、ニホンオオカミも絶滅したとかですが、狼魂ってのは、脈々と生きてるんだと思います。いつかどこかで「ワオォォォオォ〜」って雄たけびが聞けるような気がしてなりません。
クリックすると元のサイズで表示します

てな感じで〜。

2008/2/11  

一陽来復の御守、なんです!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、江戸時代から伝わる「一陽来復」の御守を家に張ったわけです。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
早稲田の穴八幡神社でいただける御守で、先週の節分前に800円でゲットして来ました。

クリックすると元のサイズで表示します
<御守をゲットするために、結構多くの人が並んでました。江戸人にとっては昔ながらの慣わしなんですね

これは江戸元禄年間から伝わるお守りで、中国の易経から由来してるいわゆる道教の言葉みたいですね、一陽来復ってのは。

で、この御守り、その年の恵方(今年の恵方は巳午で南南東)に向けて、家に貼るんですが、なんとその貼る日と時間が決まってるんです。冬至と大晦日と節分の日の夜中24時、の3回なんですよ。その時にタイミングよく貼り付けると、金銀融通のご利益があるとのことなんです。

時報を聞きながら、節分の2月3日から4日になった瞬間の夜中24時に、南南東に向けて貼り付けました!立春になった瞬間にキメ打ちバシッ!ってことですね、たぶん。

クリックすると元のサイズで表示します
「ただいま2月4日零時を報告します」の瞬間に、ピトっ!なかなか緊張、しますぅ。>

この3日だけ、っていうのがかなり面白いと思うんですよ。他の日に貼り付けると、どうなんでしょうね、効力はないんでしょうかねえ。マジカル、ですよねぇ。易経ですからねぇ。

クリックすると元のサイズで表示します
<今期の貼り方の詳しくはこの写真を見てください。ってもう終わっちゃいましたけどね、今年は>

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<冬至から節分までは屋台も出て、賑わってます>

というわけで、皆さんも来年度、張ってみるの、どうでしょうか。

ではでは〜。

2007/6/23  

愛宕神社の千日参りに行ってきました。  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、今日6月23日(土)と明日24日(日)は東京の愛宕神社の千日詣りということで、行ってきました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
この日はほおづき市や茅の輪くぐりもあって、ちょっとしたお祭りで程よく賑わってていい感じでございました。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

実は子供の夜泣きが昨今大変なんですよ。で、愛宕神社のほおづきを煎じて飲ませたら子供のカンの虫が治る、との言伝えがありまして、ほおづきを買いに行った次第です。

ここの正面石段は「出世の石段」とか「男坂」とか言われて、めちゃめちゃ急なんです。平坦な裏道とか横のNHK放送博物館のところにエレベーターとかあるんですけど、ここはやっぱり真正面からガッツリと娘を抱っこして石段登って、お参りしましたですよ。
クリックすると元のサイズで表示します
<めちゃ急ですけど、抱っこして登るぅ。
クリックすると元のサイズで表示します
<見下ろしたら、うわぁぁ〜ぁ、急ぅぅ。>

クリックすると元のサイズで表示します
愛宕神社の神様は火産霊命(ほむすびのみこと) さんで、火の神様なんですけど、社殿の中はきらびやかで華やかで女性的な美しい感じがするんですよねぇ。多分女性の神様なんでしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します
<何気に浜崎あゆみが目立たない感じで奉納してました。アユ、やるじゃん。

僕は子供の頃から京都の愛宕神社には毎年千日参りで行ってて、愛宕さんは僕的にはなんか親しみがあるんです。

7月31日の夜中に、1000メートルぐらいある愛宕山に京都人はがんばって登って、有名な火の用心の札をゲットしに行くんですよ。ケーブルカーとかも無いんで、かなりしんどいんですけど、「おのぼりやーすぅ」って声を掛け合ってたくさんの京都人が登ってるんです。僕は東京に住みだして久しいので、京都の愛宕神社は久しくお参りしてないですけど、久しぶりに行きたいでなあ。3時間ぐらいかかる登山で、めっちゃしんどいんですけどね。そんなことを思う今宵でございます。

愛宕神社のHPはここです
http://www.atago-jinja.com/

明日24日(日)もやってますんで。さぁ、夜泣き、どうかなあ。
クリックすると元のサイズで表示します

てな感じで〜。

2006/11/6  

谷保天満宮の「うそ替神事」です!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、先週の11月3日(金)文化の日、谷保天満宮では「大庭燎祭」という、ちょっとしたお祭りが行われまして、「おかがら火」というマキの山を2つ作って、そこに火をたいて、炎の高さを競い合うという、お祭りなんです。

クリックすると元のサイズで表示します
で、それはそれで神々しくて、その煙を吸い込むと無病息災ってことで、すばらしいんですけど、それと同時に、なにやら張り紙がしてあるんですよ。で読んでみたら、なんと「うそ替神事」!
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

”一年の「うそ」を「まこと」に替えましょう”だって。うわ〜、なんちゅう都合のいいぃ。

クリックすると元のサイズで表示します
<11月3日の午後六時からしか、この「うそ鳥」は買えませ〜ん。500円でした。>

「うそ鳥」っていう小鳥の型物におみくじが入ってるのが売ってて、それを買ったらうそがまことになるとのことで、まあそんなたいしたウソはついてないんですけど、いわゆる「うそみたいな出来事」とかも吉にとりかえるってことらしいので、縁起物なんでじゃあ買ってみよう、と思いました。

クリックすると元のサイズで表示します
巫女さんに「では1つ選んでください」って言われたんで、置いてあるところから、うそ鳥を一つ選らんで「じゃあこれで」ってお金を払おうとすると、なんと、とっさに間髪入れず、それを巫女さんにとりあげられて、ささっと、別の物に取り替えられるんです。あっけにとられて「ええぇっ〜!」って感じですよ。「はい、これでうそがまことになりましたぁ」とのこと。 面白い慣わしですよ、ほんま。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<野菜たっぷりの煮団子汁とかも無料振る舞いされてて、そんなに混んでなくて地元っちーな感じで、すばらしいぃ>

この「うそ替神事」、亀戸天神さんのが有名みたいですね。まあいくらこういう都合のいい「うそ替神事」があるとしても、やっぱりねえ、うそはねえ、つかないほうがいいですよねえ、たぶん。

てな感じで〜。

2006/9/26  

谷保天満宮のお祭り@国立  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、この前の日曜日24日、今年から住みだした国立の氏神様である「谷保天満宮」のお祭りがありまして、ちょっくら行って参りました。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
花笠みたいな、大万灯の行列が並んで、くるくる回って華やかな感じぃ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
お神楽に子供のひょっとこ&おかめが踊ってて、かなり笑えるぅ。子供がやってるのってあんまりないですよねぇ。最高でしたよ〜。

クリックすると元のサイズで表示します
この総代のおっちゃんの話によると「大体5年に一度、でっかいお祭りをやるんですよ。来年はもっとにぎやかですよ。」とのこと。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
谷保から離れて国立駅の近くでも御神輿とか露店とか出てて、にぎやかでした。国立駅の辺りって、中央線が出来てから栄えた所ですから、元々は山だったらしく、昔は何にもなかったから、谷保の天神さんからの御神輿コースもないわけで、でも、国立駅あたりも谷保天神さんが氏神様ですから独自に御神輿やってるって感じでした。

国立駅前の方に谷保天満宮の御旅所を作って、大学通りをお神輿がどーっと駆け抜けたりして欲しいって感じでーす。そういうでっかいお祭りにして行きましょうよ〜。国立市、がんばってくださーい!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
夜は夜でじわーといい感じぃ〜でした。

クリックすると元のサイズで表示します
いわゆる「野暮」の語源になった谷保天満宮、ですね。融通が利かない人を「野暮天(やぼてん)」とかいいますねえ。その語源らしいです。

亀戸天神社湯島天満宮と合わせて関東三大天神さんである谷保天満宮。梅林とかあっていいですよ〜。ではでは〜。

2006/9/17  

北野天満宮にお宮参りで、おでこに「小」!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、お子ちゃまが生まれて1ヶ月経ちましたので、本籍実家の氏神さん、京都の北野天満宮にお宮参りに行ったわけです。

で、京都ならではの風習みたいですけど、赤ちゃんのおでこに男の子は「大」女の子は「小」朱で書いて、お参りするんですよ。

なんでそんなことするのか、いろいろ説はあるみたいですけど、男の子は「大きくなりますように」で、女の子は「優しく育って欲しい」とかの意味合いらしいですわ。なんか京都らしいですねえ、こういうの。

クリックすると元のサイズで表示します
<天神さんは梅の紋、ですね。>

口紅で、女の子ですから「小」と書いて、いい着物着せてもらって、ほんまかわいいわけでございますぅ。すんませ〜ん、ほんと親バカで。

てな感じで〜。

2006/8/17  

広島、安芸の国の盆燈篭が派手なんです。  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、お盆も広島にいるわけですが、お盆といえばお墓参りですね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

で、広島周辺、安芸の国では、お墓をお参りに行く時、でっかいド派手な灯篭を持って行く慣わしがありまして、お墓の周りがかなり賑やかになっておりますです。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
<広島市内の寺町って所ではお寺だらけで、灯篭がうじゃぁぁあぁ、です。>

いわゆる「安芸門徒」と呼ばれる、浄土真宗の西本願寺派のお寺が多くて、その慣わしみたいですね。安芸の国特有の風習みたいで、「アサガオ灯篭」とも呼ばれるらしく、隣の備後の国とかにはないんですよ。三原とか尾道では、やらないみたいです。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
<スーパーでめっちゃ売ってます。この灯篭を買ってお参りに行くわけです。>

お墓がにぎやかになるわけですが、昨年の盆以降にお亡くなりになられた御霊には、初盆、ということで区別して、地味―な白い灯篭が立てられるんですよ。お亡くなりになられて近いわけですから、皆さんもたくさんお参りに来られてたりで、若干の悲しみと哀愁が、漂いますぅ。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

黄泉の世界との架け橋であるお盆。暑い夏、お線香の香りと、ろうそくの灯り。日本独特の哀愁。盆踊りってのも、ご先祖の霊に踊ってご挨拶、らしいですね。黄泉の国の先祖と現世に生きてる者がつながって、過ごす一体感みたいな所が残ってる日本は、なんかすばらしい、とか思ったりしております。この安堵感、残していきたいものですね〜。

クリックすると元のサイズで表示します
浄土真宗といえば親鸞聖人、ですわ。>

てな感じで〜。

2006/1/11  

武蔵国一ノ宮である小野神社、に行ってきたのですが。。。  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、武蔵国一ノ宮である、小野神社、に、初詣ということで、1月7日に行ってきたのです。

クリックすると元のサイズで表示します

今僕が住んでるのは川崎北部の多摩川沿いで、いわゆる昔で言うと、武蔵国、なので、その武蔵の国の一ノ宮に行ったことが無かったので、調べたらこの小野神社がそうらしい、とのことで、行ってきたのであります。

クリックすると元のサイズで表示します

埼玉の大宮氷川神社も武蔵国の一ノ宮なのですけど、この小野神社は聖蹟桜ヶ丘で多摩川沿いだし、近いですから、まずはここにお参りしないと、ですね。

なんですが、なんかちょっと、寂しいかったんですよ〜。まだ1月7日なのに全然神社の人もいないし、お札さえも売ってないぃ

クリックすると元のサイズで表示します
<うわぁ、本殿の真後ろに、なんと送電線のドデカイ鉄塔!なんてこったぁ。>

一ノ宮って言ったら、その国を代表する神社なんですけどね。相模の国だったら寒川神社と鶴岡八幡宮で、どちらもデカイし、埼玉の氷川神社もにぎわってますしね。なんでこの小野神社は、こんなに寂しいんでしょうかねえ。多摩川の対岸の府中側にも分社があるみたいですけど、そこはもっと小さいみたいですし、小野神社って、みんな知らないでしょ。一ノ宮なのにね。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
<門の表札が結構立派ですばらしかったです>

いろいろと考え深い武蔵の国の一ノ宮参拝、となりました。武蔵野に住んでる人は、みんな、行きましょうよ、盛り上げましょうよ。一ノ宮ですからねぇ。ではでは〜。

小野神社 東京都多摩市一ノ宮1−18−8 (HPも、ないんですよねぇ。)

2006/1/5  

鶴岡八幡宮初詣!  寺社仏閣
クリックすると元のサイズで表示します

はい、というわけで、鶴岡八幡宮初詣に行って来ました。

今日はビッグスクリーンもあって、なんじゃこれ、なんか新宿アルタ前とか原宿状態、でした。

クリックすると元のサイズで表示します
手斧始式(ちょうなはじめしき)ってのがやってまして、鳶職のはしごパフォーマンスやってましたです。

クリックすると元のサイズで表示します
まあにぎわってますわやっぱり。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
僕はいつものように、本殿前からの写真を撮りたかったわけです。2006年1月4日本殿前は若干曇ってました。

てな感じで〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ