2006/12/4  

国立駅舎、最後の日  ドキュメント
クリックすると元のサイズで表示します
はい、というわけで、2ヶ月ぐらい前のことですが、10月8日をもって、あの有名な三角屋根の国立駅舎80年の歴史を終えました

今年の2月にこの街に引っ越してきて、正直なところ、そんなに思い入れもなかったんですけど、最後の夜、どんなものかと見に行ったら、なんかちょっとグゥっときちゃいました

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
いつまでも駅舎を眺め続ける、初老のおじいさん。多分この街で生まれた時から、この駅舎とともに育ってきたのでしょう。写真を撮りつつ、この駅舎との思い出を噛み締めてるのでしょう。ああ、泣けてきた。>

クリックすると元のサイズで表示します
<駅舎内で”蛍の光”をみんなで大合唱です。あああ、泣けてきた。>

クリックすると元のサイズで表示します
<写真を撮ってる人も結構いました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<たまたまその日は満月!>

クリックすると元のサイズで表示します
<一夜明けて、駅舎は閉鎖され隣に仮駅ができました。>

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
<この光景を絵に描いて残そうとする人も、数人いました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<そしてついに、10月20日、看板がなくなった。>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月に入って、ついに解体が始まりだしました。>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月17日、駅舎が見えなくなり>

クリックすると元のサイズで表示します
<11月末には、クレーン車も導入され、もう、あの、駅舎はない。>

クリックすると元のサイズで表示します
5年後、この国立駅は、どうなってるのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
さようなら 国立駅舎。

〜そして、その後〜〜〜

12月半ばには、もうすっからかんに無くなってしまっ、たぁぁ。あああ。
クリックすると元のサイズで表示します


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ