トニカ、踏ん張りどころ  日記・お知らせ


お久しぶりです。混声合唱団トニカは定期演奏会に向けて準備、練習に大忙しの日々を送っています。

連休の真ん中に台風が直撃、交通機関が止まったので貴重な休日練習が1日なくなってしまいました。

連休の最終日。
16:00〜22:10の長時間ぶっ通し練習でした。
前半はOB・OG合同練習。定期演奏会では第2ステージになります。
第二ステージは「 トニカのお気に入り♪」
と題して、過去のトニカの定期演奏会の中から、うたいたい曲をセレクト!


混声合唱のための「うた」より
・翼 (武満 徹:詩・曲)
川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」より
・鳥が (川崎 洋:詩/新実 徳英:曲)
アイルランド民謡より
・My Gentle Harp (Thomas Moore:詩/Alice Parker:編)
「恋の骨折り損」より
・When Daisies Pied (Shakespeare , Peele:詩)
混声合唱とピアノのための「新しい歌」より
・一詩人の最後の歌   (Hans Christian Andersen:詩)
 山室 静:訳/信長 貴富:曲)


となっております。
英語日本語、緩急入り混じって彩り豊かなステージ構成です。
本来アンサンブル向けで歌われるような曲を、50人近くで合唱しようとしているので、合わせるだけでも一苦労、練習回数もすくないのでものすごく集中力が要ります。

定期演奏会では、トニカなりのメッセージを載せて皆様へ届けられるよう、後2ヶ月頑張りたいと思います。

後半はレ・ミゼラブルの演奏演技練習でした。最近は団員の衣装がだんだんと揃ってきて、練習のときの集中力がすごいです。
歌唱中に移動する、それぞれが表情・仕草などでコミュニケーションをとるなど、相変わらず難易度は高いですが、合唱だけでは音楽が突き詰められないことを改めて実感しました。

コーラスの良さを生かしたステージにできるように頑張っていきたいと思います。

3

お盆休み明け・・・  日記・お知らせ

こんにちは!

夏の暑さも頂点を過ぎ、過ごしやすい時間が増えてきました。

一方、私達トニカは定期演奏会に向けて、熱い練習に取り組んでいます。

今月の頭に完戸先生、吉富先生を招いて第3ステージのレ・ミゼラブルの練習がありました。

楽曲の合間にストーリーを補完する小芝居などが入る予定ですが、全体としての流れがやっとつかめてきました。

団員のテンションもここにきてさらに急上昇。トニカの本番に向かうエネルギーはいつもすごいです!!!

歌うときの表情や動きながらの声の安定性など、合唱のときとは違った課題に四苦八苦しながら少しずつ、自分のものにできてきている気がします。


次回の練習は第2ステージの練習となっています。

第2ステージはOB、OGの先輩方との合同ステージで、当日出演して下さる先輩方にはトニカの通常練習に足繫く通って頂いております。

先輩方が加わると、普段のトニカよりも重厚なハーモニーが感じられて、楽しいと同時に、勉強になります。


まだまだ、練習は足りていませんが、あと3ヶ月、集中して頑張りたいと思います。

3

夏が始まる!!!  日記・お知らせ

トニカの7月は飲み会からのスタートでした。
 
合唱祭の打ち上げ、新人さん歓迎会、退団される方の送別会も兼ねて沖縄料理のお店へ行ってきました。
合唱祭に八重山・宮古の民謡を演奏したので、幹事の粋な?計らいでのチョイス。
クリックすると元のサイズで表示します
 
 
最近入団された方のあいさつや、退団される方の言葉もあり、トニカの飲み会にしては真面目でした。
最近入団してくれるは女声が多いので、男声の入団心よりお待ちしております。
 
今回退団されたのはトニカ副指揮者も務めたoh場さん。酔っぱらってあいさつにも熱が入っていました!
色々な場面で、夫婦でトニカの音楽を引っ張ってくれました。本当にありがとうございました。
転勤先でもお元気で、定期演奏会にもぜひお越しくださいませ。
 
飲み会後のパシャリ
クリックすると元のサイズで表示します
 
通常練習後のパシャリ
クリックすると元のサイズで表示します


話題は変わり、定期演奏会のポスターが完成しました。
トップページでご確認ください。
いよいよ定期演奏会に向けて準備が忙しくなってきました。
練習にも力を入れて、トニカの音楽を皆さんに届けられるよう頑張っていきたいと思います。
 
12




AutoPage最新お知らせ