2018/6/16

杉板のカーブ  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラ板とタナ板、ミオシ材を固定して新しい発見がありました。
この写真を良く見ると分かりますが、三か所の仮フレームは
タナ板に接触していません。25mmの杉板自身の作り出す
自然なカーブで船体が形作られているのです。
本職の船大工さんは杉板が自然に作り出す船体カーブを
熟知しているから仮フレームなんか立てないのでしょう。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ