2006/3/22

大田区の船大工  
SYRAの松井さん高石さんより
大田区立郷土博物館の出版で
  大田区の船大工
という 本を が和船の建造の非常に良い
参考書であると 教えていただきました。
 1000円
早速取り寄せて 勉強をはじめました。
0

2006/3/18

船大工 弘光優さん  
高知市仁井田の弘光さんの造船所でお会いして
和船を作らせてもらえる事になりました。クリックすると元のサイズで表示します
0

2006/3/16

土佐のカツヲ漁業史  
高知歴史民族資料館の中村学芸員より
中土佐町の出版された
  土佐のカツヲ漁業史
に 田辺寿男さんの書かれた木造和船の建造資料が
あることを教えていただき 図書館でコピーして
読み始める。
0

2006/3/4

舵誌三月号  
ヨット雑誌 舵 の三月号にダグラス ブルックさん、和船研究家の記事が載り
大変興味を引かれる。早速メールのやり取りが 始まり、
   woodbrooks@verizon.net
和船を日本で残すには アマチュアのボートビルダーが 頑張らなければ いけない。
  と 指摘され、外国の設計の船ばかり作っていた自分が 恥ずかしくなり
日本回帰する年代になったのか  とも 思ったことでした。

日本にも  SYRA  という ヨットや船の研究をしている集まりが あり。
   http://syra.aero.kyushu-u.ac.jp
ここのホームページには千石舟 浪華丸の雄姿が出ています。
ここの座長の金沢工業大学の増山先生などメンバーの方から情報をたくさん
頂きます。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ