2008/3/31

船底コーキング  
水漏れ防止のために ひっくり返している船体の
カワラトカジキ、カジキとタナの接合部分の三角の所に
コーキングを詰めました.
正立させると見えない部分です。ここにエポキシパテを詰めれば
十分強いストリンガーとして機能しそうです。
黒の船底塗料を塗る部分で 塗ってしまえば全く分からなくなります。

デジタルカメラが どこかへ 行ってしまいました.
お見せするほどの物ではないのですが、写真が撮れたら
貼り付けます。

0

2008/3/30

次の船のアイデア  
次の新しい木造和船を作ろうというイメージが頭の中で湧き始めました.

伝統的な和船は 私の腕では困難なので 今度は新しい建造方法を考えています.
材料は杉の丸太 20尺を買ってきて 15ミリの板にします。
外見は 和船です.
舟は底を上にした形で 作ります.
和船建造の分かりにくさを解消するために
4箇所の断面で先にフレームを作って立てます.
その上に長い杉板を乗せて現場合わせで切り出して木ネジを使って
固定します.エポキシ樹脂も併用します。
新世代木艇工房のステッチ &グリュー工法のエポキシパテを
カワラ とカジキとタナの接合部分に使います.
以前にベニア板でいくつも舟を作りましたが
エポキシ部分は木より強く作れます.

和式と洋式の折衷の建造方法です。昔のベニア板の舟の作り方で
ストリンガーをパテで済まし、外板を長い杉板を使う事で
スカーフ継をしなくて済みます.

船体の三次元形状や 建造方法を考えているのが
私には 一番 楽しい時間です.
0

2008/3/30

舟を自作する人のホームページ  
新世代木艇工房
http://mokuteikobo.com/

ステッチ & グリュー工法で舟を作ってみませんか という
自作に関する情報の集まっているホームページです。

舟というのは 木で 大きな箱を作り 水が漏らないようにすれば
一応 使えるようになるのです。
0

2008/3/22

四十七歳の船大工  
知人が長良川の鵜舟大工さんを紹介した新聞記事を送ってくれました.

田尻浩さん 47歳。美濃市の船大工那須清一さんのお弟子さん。
20歳から舟作りに 携わっておいでるそうです。
家業は木製の風呂桶屋 ”田尻浴槽店”
子供の頃から木に親しんでいたようで
この人の舟なら水は漏らないだろうと思えます
.造船所は風呂桶屋さんのある 郡上市八幡町小野3丁目
お若い人だから これからの和船作りに期待が持てます.
途切れずに注文が来る様なら 良いのですが.

連絡を取ってみようと思っています.
情報交換出来ると楽しそうです.
1

2008/3/17

はからめ  
はからめ の鈴木君が四万十川のカヌー取材の帰りに立ち寄ってくれました。
http://hacarame.com/
以前は四万十川でインストラクターを されていました。
俣野さんの奥琵琶湖のウッドボートセンター (リンクしてます)で
カヌーを作っている頃に お会いしたのが最初です.

昨年 アメリカに行き ダグラス ブルックさんを訪問し
たくさんのカヌーを見、ダグラスさんのヨットに乗せてもらったそうです。

私は
手間のかかる洋式の舟作りよりも 
アマチュアでも簡単に作れる和船形式、大板構造、ステッチ&グリューが
普及しやすいと話すのですが
まだ 聞く耳を持たないようです.
それは それで 良いと思っています.
0

2008/3/15

シキとカジキの接触面  
二枚の板を釘で接合する部分の接触角度は
経験からくる知識が無いと 分からないと思います.
いくつか作ってみて、初めて分かる部分が あります。
カジキとタナがミオシで集まる所は 理解できなくて失敗しました.

ソラガケする前に おおよその角度で削っておきます.
削りすぎると 元には戻らないので 少ない目にします。
ソラガケでチェックしておいて、はずしてから切り出して
接着面を削ります.
元の取り付けの位置に板をツヅで固定し(この作業が大変難しい)
板の間をノコギリで摺り合せて隙間を無くします.
これが日本独特の素晴らしい技術です。
本物の船大工はノコのすり合わせで 水密に仕上げます.私には出来ません.

接着剤の無い時代 釘だけで板と板を接合する面を水密に仕上げるのは
大変難しい技術を要しました。
舟が古くなったりして 隙間が出来ると マキナワ 木の皮の繊維をゆるく編んだ物を
叩き込んだりしていました。
初期の接着剤 フェノール系樹脂は 面が密着していて また
固まるまで圧力をかけ続ける必要がありましたが
エポキシ樹脂は 隙間が有っても充填してくれますし
圧力は接触圧で大丈夫、固まると水には大変強く、収縮も しません。
ただ 液体や蒸発した物は 大変有毒です。

0

2008/3/14

カジキのソラガケ  
クリックすると元のサイズで表示します
この写真は シキ(カワラ)を切り出して がっちり固定し
ミオシとトダテを取り付け
中ごろに船体中央部分の断面形状を切り出した物を立て
広い杉板をソラガケ(仮合わせ)している場面です.
ツヅ(木の棒)だけで板を固定するのは
なかなか難しい作業です.
ミオシには まだ うまく沿っていません。
トダテーシキーミオシ と なぞりながら 墨を入れていけば
切り出す線が描けます.

結局は 現場合わせを しているだけです。
0

2008/3/11

ベニアの べか舟  
大森青べかカヌー倶楽部
http://home.u00.itscom.net/aobeka/yaguti02.html

青べか物語の べか が べか舟のことだなんて
全然知りませんでした.読んでみなくては。

べか舟を小学生がベニア板で作った記録です.
写真から見ると、ステッチ&グリューという工法で作っているようです。
S&G工法に関してはリンクしている GLラボを見てください.
ベニアの船体が出来たら その上にガラス繊維の布を置いて
エポキシ樹脂でカバーしています。

私なら 15ミリの杉板で 組み上げます.10ミリの板では 割れが走るそうです。
針金でステッチするかわりに 木ねじで 仮止めしておいて
板の密着面には 木ネジをゆるめて隙間を作ってエポキシ接着剤を塗り
ねじを締めます.あとは 角にエポキシフィラーを付けて強度を出せば仕上がりです.
手間の掛かって 健康に悪く 表面が汚くなるガラス繊維のコートは不要です。
 
1

2008/3/11

ウッドカヌーキット  
四万十塾
http://www.40010.net/
では 縮尺十二分の一 全長36センチのヒノキ材を使った
組み立て模型を売っています。
実物とほぼ同じ工程で作ります.
和船と比べて 建造の複雑さが よく分かるでしょう.

実物のカナディアンカヌーを一般の方が作る工房が
高知市の西 仁淀川の中流にあります。
都会から 休みごとに高知まで通ってカヌーを作られているようです。
私なら カヌーは自宅近くで作って
仁淀川まで来たら 川で遊んでいるほうが楽しいようにも思うのですが。

0

2008/3/9

板図  
板図というのは 造船所に ころがっている板に描かれた
和船の設計図です。

和船の注文は舟の用途、釣り舟 網舟 伝馬船などと
カワラ(シキ)の寸法を船主が 言ってくるので
それに合った図面を その辺にある板に描きながら
細かい注文を聞きます.
板には船体の側面図のみを描きます。
裏には部材の寸法、板厚などを書いて 材木 丸太を買い
製材するときの参考にします。
大工さんは側面図だけで船を作ってしまうので
魔法のように思えます.
普通の舟の設計図は平面や断面図も ないと舟が作れません.
ただ 実際に作ってみると
それほど 難しいものでは ないことが 分かります.


0

2008/3/8

べか舟のペーパークラフト  
大田区立郷土博物館
http://www.city.ota.tokyo.jp/shisetsu/hakubutsukan/kyoudohakubutsukan/index.html
に申し込めば べか舟、中ベカ舟、海苔の親船 の三種類の 切り紙細工ペーパークラフトが
手に入ります.一つ 200円。
”大田区の船大工”という和船に興味のある方には 最高の参考書も販売されています.
一冊 1000円。
打瀬船のブログの写真のように、紙を切って のり付けすれば 出来上がる物ですが
”大田区の船大工”の ベカ船と中ベカ船の建造工程を読みながら
作業を進めていくと 良く頭に入ると思います.

その次の段階として 薄いベニア板で 1メートル位の模型を作り
最終的には 杉板で 5メートル程の舟が完成すれば
あなたも 船大工です。

アマチュアにも作りやすくするには ペーパークラフトのように
外板を平面上に展開した原図が あれば良いでしょう.
私が使っている ”オートシップ”などの設計ソフトなら
和船のような 大板構造、チャインのある舟は 簡単に展開図の寸法表が出ます.
接合方法は 各自色々試行錯誤してみて やりやすい方法が編み出されたならば
釘に固執しない 次世代の木造船が 作れるかも しれません。
0

2008/3/5

外板の厚み  
シキが一寸でカジキ、タナが七分というのは 15尺から20尺の舟の
標準的な板厚では ないでしょうか。釘は 二寸八分くらいを使います.
これより薄いと工作が難しくなりそうです。海で仕事をする時の強度も
低くなりそうです.

一人で持ち運び 車のキャリアーに乗せる事を考えると 30キロぐらいが
限度でしょうか
.軽いカナデイアンカヌーでも 一人で乗せるのは
カヌーや車をキズつけるおそれが出てきます.
二人で乗せれば50キロでも 大丈夫でしょう。これくらいなら実用的な舟に
なるのでは ないでしょうか。

船体の板を接合するのに 便利な物を見つけるのがポイントで
みんな 色々試しています。金属を接着剤で 接合できると 便利なのですが
まだ 無理のようです.
昔子供の夏休みの宿題にヨットを作った時には
薄いベニア板を針金で縫い合わせて全長 1メートルの船型を作り
コーキング剤を接合部分に流して接着しました。
船型はトリプルチャイン、和船より板の数が 二枚多くなります.
ラジコンにして 帆走させました。
0

2008/3/5

重量計算  
船体重量は 
まず べか舟のペーパークラフトの船体になる部分の紙の面積を測ります.
方眼紙の上に形を重ね描きしてから切り出して、升目を数えたりします。
プラニメーターが あれば簡単ですが.
縮尺が あるでしょうから、もし五分の一なら 面積は二乗の25倍が実際の面積に なります。
それに厚みの3センチなどを掛けて 体積を出し
木の比重を掛ければ重さが出ます.
杉の比重はどれくらいでしょうか。理科のデータブックなどに 載っているでしょう。
乾燥していれば 0.5 くらい、水に浮かべておくと 0.7 とかに重くなるでしょう.
重い目に計算した方が 実用に向きます.
全部の部材の重量が出れば合計します.
実際の設計の時も こうやって積算します。各部材の重心位置も計算して
全体の重心位置を出すと 復元力の計算も出来ます.
舟の勉強と思って やってみてください。
0

2008/3/5

和船の構造  
明日は老人憩いの家で一曲 篠笛を独奏します。さくらさくら ですので 簡単な曲ですが
独奏は緊張します.昨年高知城の天守閣のお殿様の部屋でのコンサートで篠笛を吹いた時は
気持ち良かったですね.

フナヤッコさんのコメントを利用して 和船の話を続けてみます。

ベカ舟のペーパークラフトを造って見られると、本当に和船の基本構造を勉強することが出来ます。
和船の構造は 大板構造と呼ばれます。洋式の丸型断面の複雑な構造と違って
少数の大きな板を曲げて接合する 応力を外皮で持たせる強度構造で
簡単に手早く、十分に実用的な舟が作れるので
アマチュアが舟を作るには最適だと 以前から思っています.
外板に使う物は木材でも紙でも なんでも良いのです。
ベニア板を使うと ステッチ&グリュー工法と呼ばれます。
ブルックさんは ベニア合板で和船を作ってみたら良いという意見をお持ちでした.

福岡の高尾さんは10メートルのヨットを3ミリの鉄板で大板構造で作りました.
お正月の三日の休みで切り出してあった鉄板を溶接して船型を作ってしまいました。
設計がプロのきちんとした図面でしたら 丸型舟と遜色ない船体が出来上がります.

私は2ミリのアルミの板で19フィートのカヌーをTIG溶接で大板構造で作りました.
セーリング アウトリガー トライマラン でよく帆走しました。

安い杉板を木ネジとエポキシ樹脂で接合して和船を組み上げるのなら
アマチュアにも手が届く範囲だと 思われます.
舟釘は 難しいですよ.
0

2008/3/5

フナヤッコさんからのコメント  
座禅と篠笛ですか。私も割とそういったものが好きな口です。今日は能を見てきたところです。

復元力の話は勉強になりました。といってもまだよく理解してませんけど(笑)

船を作るどころか、大田区郷土博物館のべか舟のペーパークラフトさえ、作るのが結構大変な気がしますw
あれを組み立てるだけでも、結構、和船の基本構造の勉強になりそうですね。

「大田区の船大工」によると、べかは船底のシキが9分から1寸ですから3cm弱で、船べりのカジキとタナは7分ほどで2cm程度ですね。
これでカワラ12尺の標準型のものだと、重さはいったいどれくらいになるのでしょう。私が8尺と考えたのは、それくらいなら一人で持ち運びができたり、バンに乗せられるのではないかと考えたからなのです。

べか舟は手軽そうでも、板が薄くて、かえって難しかったりするのかもしれませんね。
素人が日曜大工で作れるようなやり方というのが整理されたら作る人が出てくるかもしれません。

ちなみに模型の場合はやはり接着剤を用いるしかないのでしょうか。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ