2008/12/24

楽しい櫓漕ぎ  
今月は毎週一日 和船を出して櫓漕ぎをしています。

昨夜から泊まっていた山の中のお寺から下界に降りてきて
和船でヨットハーバーを出港したのはお昼ころ。
風の無い 穏やかな暖かい日です。
浦戸湾内の南北の航路を横切り、西の端の瀬戸の港やマリーナまで
片道2キロを一時間くらいで 漕いでいきました。

途中で同じ型の木造和船の人が 櫓だけで漕いでいるのを見かねて
親切に 『引っ張っちゃろうか』と声を掛けてくれました.
『櫓の練習中です』と返事をすると
にっこり笑って 船外機をふかして 走っていきました。

瀬戸の港では 漁船の おんちゃんが
『新しい良い船に乗りゆうねえ。 櫓は 押しが七分で 引きが三分で 漕がないかん』
と教えてくれました。私の今の漕ぎ方は、引きの始めに速緒がゆるむ時があり
引きの力が弱いので、強く押すと 舟が右に回ってしまう欠点が あります。
なかなか直りません。

この次は 元旦にヨットで桂浜沖の初日の出を見てNHKのニュースに出た後
ヨットクラブに帰ってからの新年会の時に和船を出してみようと思うので
クラブのメンバーに教わりましょう.櫓漕ぎの名人はゴロゴロいます。

ろかいの会 会報で教わった ロープでの櫓杭への櫓臍の固定は
うまく働いていますので、バックにも挑戦してみようと思っています.

0

2008/12/4

浦戸湾クルージング  
クリックすると元のサイズで表示します
風も無い 穏やかな日でした。朝九時に船を出して
湾を横切り北西に向かい 対岸に立つ友人のマンションを目指します.
途中で写真の和船を発見。私の船と同様櫓のみで釣りをしている
右手で釣り竿 左手で櫓を使い 目指すポイントに船を持っていく.
上級の釣り師と 見えました.

3キロ離れた友人のマンションに備えられた浮き桟橋に役一時間で到着。
時速 2ノット弱で 予定どうり。
友人を乗せて櫓の練習。ヨットはベテランでも櫓漕ぎは難しいようでした。
暖かい日をあびて のんびり 海面を ただよう。

この後 浦戸湾西岸を南下し 昼頃 航路を横切り 東側に移動
2時前に ヨットハーバーに帰着。
良い運動でした。
0

2008/12/1

浦戸港  
今日も昼から 船を出して櫓漕ぎの練習.
先週 櫓を教えてくれた漁師さんは 今日も釣りに来ていて
『今日は うまいこと 乗りゆうやいか 』と岸から声を掛けてくれました.
座って漕いでいたので 安定して漕げていました.
浦戸湾入り口ちかくの 浦戸港まで 行きましたが
航路を横切ろうとすると本船が入ってきて 大きな引き波を立てます.
波が あると櫓は 本当に漕ぎにくくなります。
波に櫓を持ち上げられて はずしてしまう時もありますが
はずれないと 櫓杭の部分に大きな力が掛かってしまい
破損してしまう 可能性が あります。
帰りに 対岸の船大工 柳原さんの桟橋に船を着けて奥さんに挨拶してきました。
その時に 私の船と同じサイズの柳原さんの作った木造和船で釣りに行っていた方達が
帰ってきて 私の船を興味深そうに 見ていました.
三時間ほどの 船遊びですが 右腕が疲れるのは
漕ぎ方が 良くないせいでしょうか。

0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ