2009/1/28

新しい櫓  
南からの暖かい風の吹く日でした。頂いた櫓の試運転をしました。
櫓脚が50センチほど長いだけあって抵抗は大きくパワーが出そうです.
ただ 今までの櫓は押すときにパワーが出て、引くときにはパワーが
出なかったのが、新しい櫓は 逆で 引くときのパワーはすごいのに
押すときには 力が入りません.
櫓脚と腕の取り付け角度でも 違うのかと思って見てみましたが
ちょっと見て分かるほどの違いは ありません。
ベテランに漕いでもらって 教えていただかないと いけないようです。
 
隣の和船の持ち主と船だまりでお会いしました。彼の船が見当たらないので
聞いてみると 『分解して燃やしてしまった』そうです。
また 木造和船が減ってしまいました.
桜の頃の 和船の遊覧船の船頭さんをお願いすると
快く 引き受けてくれました。
0

2009/1/21

りっぱな櫓です  
雨が降り続く 生憎の天気ですが 頂いた櫓が気になるので
船に行ってきました。
ほとんど 使っていない 新品のような きれいな作りの櫓です。
50センチくらい長いのでパワーも出そうです。
早く漕いでみたいものです。
0

2009/1/17

新しい櫓  
きらり浦戸湾遊覧船の事務長 渡辺さんより
櫓の寄贈を受けました.
渡辺さんは 土佐清水のご出身で お家に有った櫓を
トラックで 私の和船まで 運んできてくださいました。
春になれば 和船で桜の綺麗な堀川で遊覧船を やる予定です。
両岸に満開の桜を見ながらの花見酒は 最高でしょう.
0

2009/1/7

水切り角  
薄くもりの寒そうな天気でしたが、北西の強風の心配の無い天気なので
朝9時から船を出して 湾内北部の玉島を一周して二時間で
ヨットハーバーに帰ってきました.

昼に36フィートのクルーザーに行き ウインドラスやファーリング システム
やメインシートなどを調整して 昼食後 オーナーの田所さんと
再度和船を出しました.

田所さんに櫓を任せると、私より ずっと上手で 力強く漕ぎ
スピードも出ます.漕いでみての感想を聞くと
櫓の長さが短い、もっと大きい櫓の方が良い。櫓を引く時の
水切り角が小さいようだから、櫓床を削って大きくした方が良いという
アドバイスでした。

櫓を引く時に手ごたえが小さく 推進力が出ない空振りのような状況に
なることが あります。
櫓の返しのタイミングが悪く、早緒がゆるむと なるように見えます.
返しが小さく櫓脚の水切り角が小さすぎて 抵抗感がなくなるのでしょう。
解決策は 切り返しを 的確にする事と
櫓床を削って 水切り角の限度を大きくする事を考えています.

これで 櫓を引いた時の抵抗感 推進力が大きくなり
押し引きのバランスが良くなって直進しやすくなるのでは
ないでしょうか。
0

2009/1/1

初日の出  
あけまして おめでとうございます。
元旦は恒例の初日の出を高知ヨットクラブからクルーザーを出して拝みました.
今年は浦戸湾遊覧船も出てこられて 一緒に桂浜からの新春テレビ中継に
写ったようです。

八時過ぎ 帰港後和船を出して 初漕ぎと洒落てみました。
一人でハーバー内を漕いでいましたが 一時おさまっていた
北西の季節風が吹き出して
 私の腕ではコントロール不能に陥りました.
舳先が風下へ落とされて 上れないのです.
舳先でパドルで風に立て 近くのブイを拾ってブローが
過ぎるのを待ち、 風が落ちた時に船溜まりへ あわてて帰りました。

新年早々北西の季節風の洗礼を受けて 良い体験でした
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ