2009/2/25

千頭さん  
午前中 千頭さんと一緒に乗って新しい櫓の試し漕ぎをしてもらいました。
私が漕ぐと左へ回ろうとするのですが、結局 櫓にはなんの問題も無く、
要は 私の漕ぎ方がヘタなことが判明しました。練習しなければ いけません。

千頭さんは私の隣に係留していたのですが 先月分解して燃やしてしまいました。
FRPで巻いていたので中の木材はボロボロになっていました。
私の和船で釣りをするよう お勧めしています。
三月には一緒に乗って浦戸湾北奥の堀川まで行って花見遊覧船を手伝ってもらいます。
0

2009/2/21

お客様  
クリックすると元のサイズで表示します
大学ヨット部の先輩が高知まで遊びに来られたので 高知ヨットクラブに
ご案内し ベネトウ36 やコンテスト38でお茶をしました。
私の和船にも乗っていただいて記念撮影。
ステッチ&グリューで舟を作ろうという計画を お持ちなので、
木造和船にも興味が湧くようです。
応力外皮構造、大板構造、つまり 板状の外板素材を切り出して接合して
船体を組み立てる方法論は S&Gも和船も同じ考え方なのです。
0

2009/2/21

無題  
クリックすると元のサイズで表示します
岸壁から見たところです。
木目が 素敵だと 見に来た方に言われました。
0

2009/2/11

浮き桟橋  
クリックすると元のサイズで表示します
今日も穏やかな日よりでした.
新しい櫓で一漕ぎして ヨットクラブの浮き桟橋に舫いました.
隣のヨットは世一周でも可能な37フィート クルーザー。
小さな和船には 小さな浦戸湾が 丁度です。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ