2009/3/31

入れ子修理  
櫓と入れ子を楔と針金で 固定しました。
今朝は 出勤前に 堀川の舟を出して 
櫓の調子をみてきました。
桜の花が散り始め水面を 流れていきます。
明日は 堀川を友人と桜見物をしながら 下っていく予定です。
0

2009/3/31

田尻風呂桶店  
クリックすると元のサイズで表示します
田尻さん の作られた風呂桶です。実家が風呂桶屋さんで 職人さんですので
作られる船も 私のとは違って水が漏らないでしょう。
0

2009/3/31

鵜飼舟  
クリックすると元のサイズで表示します
同じ舟を傾けて上から見た写真です。13mの舟のわりには 
意外と軽いのかもしれません。
舟型としては 川舟に多い三枚作りの大型化された
デザインのようです。
前後に継ぐことは無いから13mもの長さの材が
 あるのでしょうね。
この舟型で小さくして カートップに乗る物なら 
欲しい人が いるでしょうね。
0

2009/3/30

田尻船大工  
クリックすると元のサイズで表示します
岐阜県郡上市の風呂桶屋さんで 多分 最後の船大工さんになる田尻さんから
たくさんの写真と手紙をいただきました。写真の舟は昨年作られた13mの
関市の小瀬鵜飼で使う舟だそうです。
0

2009/3/28

入れ子  
クリックすると元のサイズで表示します
花くもりの寒い日です。朝 八時から堀川の和船を漕ぎながら
浮き桟橋で作業している遊覧船の友人達と おしゃべりしながら
一人船上での花見を楽しんでいましたら、突然 櫓が壊れました。
写真のように 櫓杭に乗っかる入れ子と呼ばれる 木片が櫓から
はずれてしまいました。見てみると 木の楔 1つで固定されただけ
でしたので、今まで はずれなかったのが 不思議なくらい。
明日 針金で 縛って直しましょう。
0

2009/3/25

櫓の実演  
クリックすると元のサイズで表示します
櫓を見るのが初めての人が多く。どうやって漕ぐか、お見せすることになり
私が 繋いだ船で 漕いで見せています。
今度 堀川から 種崎まで帰る時の乗船希望者も現れました。
満潮時に出航して 潮に乗って帰るように 手配しましょう。
0

2009/3/25

桜  
クリックすると元のサイズで表示します
桜は八分咲き。天気は晴れ。冬型の気圧配置で北西の風が強く
写真にも写っているように 堀川の中も時折ブローが吹き抜けます。
寒いかと思って厚着をして行きましたが、だんだん コート、セーターを脱ぐ
暖かい一日でした。
昼休み 近くに勤めているフルート吹きの女性が友人とお弁当を持ってきて
繋いだ和船に乗って お花見をしていきました。
午後には 音楽仲間が集まって ギター、ケーナ、しの笛で合奏して
楽しんでいました。
0

2009/3/18

堀川  
クリックすると元のサイズで表示します
二時間半ほどで 堀川奥の浮き桟橋に到着。川岸の桜並木はつぼみが
大きく膨らんでいる。来週が 見ごろだろう。舟でのお花見の希望者が
ぼつぼつ あります。
朝 仕事前に ひと漕ぎしてみようと 考えています。
0

2009/3/18

ヨット  
クリックすると元のサイズで表示します
浦戸湾の南北の航路に沿って 北上していると ヨットが 南下してきた。
見慣れない舟で 高知のヨットではない。外人さんが乗っているので 外国から来た
ヨットのようだ。木造和船は珍しいらしく、近くまで寄ってきて 手を振って
挨拶した。
0

2009/3/18

千頭さん  
クリックすると元のサイズで表示します
となりの舟の千頭さんと二人で交代に櫓を漕いで浦戸湾奥の堀川に向かう。
満潮の時間を過ぎ 潮に逆らって漕ぐ。70才の千頭さんのほうが
私より ずっと速い。パワーでも 負けているが漕ぎ方のうまさの問題で
あるのが よく分った。ピッチが速い。
0

2009/3/11

3.7m和船  
高知県中土佐町の役場倉庫に 置いてある全長3.7mくらいの和船を思い出しました。博物館などの展示用に小さく作った船なのですが、伝統的な部材寸法、工作方法
で作っています。課長さんに 重さをたずねてみると、軽トラックには乗らない
動かすには人間が4人はいると聞いて いまさらながら 和船の重さにびっくりして
います。浮かべてしまえば 重さは問題無くなるのですが、陸上運搬は大変です。
新しい工法で軽く作っても カートップは無理で。トレーラーに乗せての
移動になるでしょう。
0

2009/3/7

次の船  
次の船の建造を考えています。
窪寺さんとメールのやり取りをしているうちに、次の和船のイメージが
固まってきました。カートップで運んで 水辺に人間二人で降ろせて
二人乗れる和船です。

ちび和船は建造場所が狭かったので、全長4.7mの小型和船を
長さ幅深さすべてを半分に小さくして作った船です。
たて、横、高さを半分にすると体積、重量は八分の一
復元力は十六分の一に小さくなり、大変 不安定になります。
次の船は幅、深さは元の設計にして長さだけを 3.7m
水線長を3.0mに縮めて作ります。

スマント(フレーム)を三箇所にみおし と戸立てを立てて
杉の13ミリの板を 木ねじとエポキシで接合します。
船体木部は60キロくらいでしょう。センターボードを付け
昔自作したヨットのマストとセールを立てます。
舵と兼用できる常備のパワーフィンを取り付けるつもりです。
建造する広い場所は確保できたので、堀川での桜の遊覧船が 終わったら
丸太でも買いに行こうかと思っています。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ