2009/5/23

早起き櫓漕ぎ  
今朝は六時に起きて舟に行きました。6時半出港。
航路筋に出ると二隻 木造の手漕ぎ舟がチヌ(黒鯛)を狙っています。
素敵な和船の写真が撮れる場面でしたが カメラを持っていません。残念。
座席の位置を船体中心線に近く寄せ、引きの時に櫓脚の水切角を小さくして
直進しやすくなりました。押しが7分 引きが3部の力加減で まっすぐ
進みます。
水のきれいな所で舟 全体に ひしゃくで海水を掛けて塩分を木にしみ込ませ
防腐効果を期待します。
船底はキレイに塗ったばかりだから スピードは速いようです。ただ今日
櫓漕ぎした航路筋は舟の引き波が立つので、漕ぎにくい海面でした。
舟溜りに帰ると八時。適当な運動でした。早起きは三文の得に なるでしょうか。
この夏は ちょくちょく 朝乗ろうと思っています。
2

2009/5/21

原木市場  
クリックすると元のサイズで表示します
次の和船を作るための杉の丸太を買いに、高知市郊外の原木市場へ行きました。
三年前に弘光さんと太さ一尺二寸 長さ二十尺の元玉(木の根元の部分)を
買って作ったのが今乗っている舟です。
その時 木の見立てをしていただいた沢村さんに またお会いできましたが
今は適当な材木が無いということで  良い木が入ったら連絡を頂くことと
なりました。当日は丁度  杉、檜、松の市が立っていて
入札をしていました。
0

2009/5/21

四万十の川舟  
クリックすると元のサイズで表示します
歴史民俗資料館の中村さんに原木市場に行ったついでに会いにいくと
今までは倉庫に保管されていた四万十の舟が入り口近くに展示されていました。
上から上流、中流、下流と三種類で三人の船大工さんが建造されています。
高知県の中央部、仁淀川 鏡川水域では川舟も五枚作りなのですが
四万十では普通の川舟の作り方 三枚作りと なっています。
建造工程の詳しい説明は 歴民館の資料として見られます。
急流に錨を打って作業するには、舳先は板みおしの形状にして
大きな浮力を持たせています。普通の尖ったみおしでは
舳先が潜水艦のように水に潜っていきます。
二本の角の間に ロープを取って舟の位置を調整し
一人でも火振り漁が出来るそうです。
0

2009/5/20

網舟  
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
浦戸湾で和船を漕いだ後、桂浜の海岸を帰っていると
普段 見かけない全長 三十尺以上ある網船が斜路に引き上げられていました。
まだ上等に舟として使える状態です。
上タナより上部は 木そのままで素敵です。
カワラとカジキだけに船底塗料を塗るのが 昔からの やり方のようです。
0

2009/5/19

岐阜の船大工  
美濃加茂市の高井さんから船大工さんの情報を頂きました。
鵜飼観覧造船所
岐阜市湊町

舟俊 那須清一さん
美濃市立花
さっそく 私の作った船の絵葉書を送り
連絡を取ってみようと思います。
0

2009/5/9

フナクイムシ  
インターネットでフナクイムシを調べてみました。
http://www3.ocn.ne.jp/~kmitoh/zaturoku/funakui/funakui.html
ゴカイような形をした二枚貝の仲間だそうです。
0

2009/5/7

船底塗装  
クリックすると元のサイズで表示します
6日夕方船底のパテ付け補修をしました。ふなくいむしの穴があったら大変と
じっくり見てみましたが、特に分りません。どんな形の虫なんでしょうか。
まわりの人に聞いても見たことのある人は いません。船底塗料を塗っていれば
虫は付かないとは 聞いています.
7日朝から船底塗装 2kg缶で一回半塗れます。水線近くのペンキの
剥げ易い所を昼食後重ね塗りして 仕上げました。
船の横を一本の棒で支え 船を傾けると 塗りやすくなり 船台に当たる所も
塗れてしまいました。マリンブルーは 派手な色です 黒を混ぜたほうが
落ち着いた仕上がりになります。
0

2009/5/6

ヨット遊び  
クリックすると元のサイズで表示します
久しぶりに同級生を誘って高知の東 夜須町のヨットハーバーでディンギーを
出しました。白波がちらほら見える南風 6m位で快走しました。
彼とは昔 自作の24フィート ヨットで四国一周した仲間ですが
しばらく ご無沙汰でした。子供も大きくなり手が かからなくなったので
また 遊ぼうということに なりました。ウエットスーツがきつくなりました。
お腹周りを 彼のように 絞らなくては いけません。
2

2009/5/3

上架  
クリックすると元のサイズで表示します
朝早く起きて船を上架しました。
小潮の干潮でしたので なんとかなると思っていましたが 
船台にきちんと乗るまで二時間潮待ちになりました。
船台に半分乗って半分浮かんでいる状態で、
船底をこすってキレイにしてしまいました。
船台から二本出ているワイヤーを
スロープの高いところにある人力ウインチで巻き上げています。
後は 船底を少しエポキシパテで修正し、船底塗料を塗ります。

後ろの堤防の向こうに見えるのが高知ヨットクラブのクラブハウス。
後ろのコンテナーボックスはセールやシート、工具、備品置き場、工作室です。
0


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ