2012/5/30

夜須シカーラ  
クリックすると元のサイズで表示します
朝 和船建造の打ち合わせをしてから夜須でシカーラを出して
のりました。良い風でした。
右からジャズピアニスト 石渡さんJUST FRIEND
中央 高知大海洋コアセンター所長を退官して
ヨット三昧の渡邊さん。造船科の先輩です。

シカーラ グループを作ってレース志向でない
中年ヨット乗りの のんびりセーリングを楽しみたいと思います。
1

2012/5/30

つばめ  

クリックすると元のサイズで表示します
土佐屋和船工房に珍しいお客様です。

今日はカジキ板を二枚船体にツヅで仮合わせをして
切り出す段取りをしました。
ミオシとカワラに接する部分も一枚の板で取りきれるので
サンガイをハギ合わせる作業は しなくてすみます。
ツヅで板を固定している写真を撮り忘れました。

夕方 中国の揺櫓のアイデアの平櫓を作ってみました。
来週 天狗で実験しましょう。
1

2012/5/27

四万十川舟  


6月2日(土) 3日(日)は高知県歴史民俗資料館の大栃高校の
資料庫が一般公開です。
四万十の川舟 上流、中流、下流の 3種類を見るなら
良い機会です。

1

2012/5/26

五台山東孕の和船  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

五台山近くの東孕の舟だまりに三艘の木造和船があります。
もう乗ってないように見られる船もあります。
この中の刈谷さんの船に新しいオーナーが決まったと
息子さんからお電話をいただきました。
新オーナーも浦戸湾でチヌ釣りをされるようです。

五台山の山本さんが先日和船工房に来られて
「友人が木造和船を手に入れた。」と話されていたのと
つながります。

活動する和船が増えて 喜ばしいことです。
3

2012/5/25

天狗櫓受け  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
天狗式の櫓受けを試作しました。
写真上
櫓臍の木片に二本の針金を通し
櫓杭の頭を挟んで 外れないようにしましょう。
輪ゴムで仮に針金が開かないように固定しています。
針金は変形しない弾力のある素材がベターです。
写真中
櫓杭に取り付ける時には輪ゴムを緩め
針金を開いて
櫓杭に嵌めます。
写真下
櫓杭に乗せました。
漕ぐ動きは 針金に平行なので
スムースに動きます。
2

2012/5/23

ツバノミ柳原  
クリックすると元のサイズで表示します
先日土居さんがツバノミを折ってしまいました。
今朝 柳原船大工の工房で さび付いたツバノミを
沢山借りてきました。写真中央の六本。
磨いて使えるようにしましょう。
写真右は土居さん自作の小さい船クギ用のツバノミです。
1

2012/5/23

フレーム立てる  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
平田さん山本さんにも手伝っていただいて
フレームを土台の枕木に固定して並べ
エポキシパテを塗って ボルト、モクネジで
固定しました。
午後にはトダテも取り付けが終了。
随分 作業が進み 舟の形が見えてきました。。
1

2012/5/23

竹村船大工  
種崎の竹村船大工のお家に訪問しました。
和船の板図、紙に描いた設計図、沢山の木造船の
写真を頂きました。
竹村さんが毎日釣りに出かけている和船の図面もあり
船と船大工が両方調査できる 稀有な例なので
詳しく調べてみたいと思います。クリックすると元のサイズで表示します
全長7m35cm 幅2m
昭和49年10月13日進水
1

2012/5/22

仁淀屋形船  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
仁淀川屋形船の社長さんからメールが来ました。
四万十川で使われていた舟を修理して運行しているそうです。
四万十の三枚造りの船体です。
どこの造船所なのかは不明だそうです。
そんなに古くないように見えます。
暑くなったら 涼みに行きましょう。
2

2012/5/21

仁淀川屋形船  
屋形船のホームページを見つけました。

http://yakata-niyodo.com/

2

2012/5/20

木粉  
クリックすると元のサイズで表示します
エポキシ樹脂に混ぜる木粉です。
友人のプレカット工場で出る木粉を
目の細かいフルイに掛けています。

早速使ってみましょう。
3

2012/5/17

フレームに足  
クリックすると元のサイズで表示します
カンコの板や フレームの板に足を付けています。
並べて枕木に固定し ミオシやトダテも並べてから
カワラを固定します。
2

2012/5/17

信清さん  
http://tinuduri.web.fc2.com/dai11.html
2

2012/5/16

スマント並べ  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラの上にスマントを並べ 位置を確認してボルト穴を
開けました。
作り直したトダテを後ろに傾けた状態でスマントを
切り出しています。
2

2012/5/15

ろかいの会の後で  
ろかいの会高知総会で沢山の櫓や櫂の情報を頂きました。
特に土井さんの縦櫓の印象が強く残っています。
どんな縦櫓を作ろうかと思案中で まだイメージが
固まりません。
私は寝ながら 夢の中で思考して
目が覚めると纏まる事が多いので のんびり山のお寺で
休んで来ようと思っています。

新型の平櫓、小型の櫓のイメージは出来てきました。
でも まずは今までの続きです。
明日は土居さんの16尺和船のフレームを組み立て
並べて カワラなど船体作りです。
竹村船大工とも連絡が取れ、図面を見せて頂いて整理しましょう。

仁淀川に今月就航した屋形船の船頭親子にもお会いしたい。
夜須に置いてあるシカーラに乗るグループの練習も必要です。
面白い事が目白押しです。体調に気をつけて遊びましょう。

櫓を作ってみたいという弟子入り希望者は いないもんでしょうか。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ