2012/12/26

地引網舟  
クリックすると元のサイズで表示します
安芸市芸西村の地引漁が新聞で紹介されています。
網を載せてあるのは木造の網舟と見えます。
新年には 土居さんと探索に行きましょう。
2

2012/12/26

鯨船  
長宗我部元親が浦戸湾で捕れた16mの鯨を太閤様に
お見せするために 大阪まで曳航した話を前に書きました。

詳しいことが分りました。
朝6時頃たくさんの艪船で鯨を曳いて浦戸を出
翌日夕方大阪に着いたそうです。
高知ー大阪 250kmを36時間で漕ぎきると
時速 7km、4ノットです。

夜通し漕いで平均4ノットで鯨を曳航するとは
信じがたい 数値だと思いませんか。
昔の人は強かったのでしょうか。
1

2012/12/24

艪発見  
浦戸港を散策していて船溜りの岸壁で捨ててあるような艪を
発見しました。持ち主を探して話を聞こうと思います。

また 家の並んでいる道沿いでは倉庫跡の壁に艪を発見。
持ち主の名前は近所で聞いたら教えてもらえました。
調べてみると ヨット仲間の池川さん。
私の携帯に番号が入っていたので即電話しました。
艪をいただけないか相談し、和船で遊ぼうとお誘いしました。
今は和船を処分しヨットも宿毛の方に譲って、
乗る船が無いので、良い仲間になってもらえそうです。
1

2012/12/20

忘年会  
今日は土佐和船友の会の忘年会。
和船を進水させた土居さんのお宅で
建造や魚釣りに関わったメンバーが集合。
わいわいと 5時間も酒盛りをしてしまいました。
来年の計画や和船関係の情報交換です。

       土佐和船友の会 忘年会        2012 12月20日

1 勘州堀港 電気代集金係り
  係留船の名簿を土木事務所港湾課からもらう。
  スロープに上架する場合 千頭さんにウインチをお借りする

2 初日の出 平田さんのヨット錦水、
  その後 KYCクラブハウスで新年会。
  浦の内湾に係留している平田さんのデイセーラーに乗りに行く。

3 4月 艪漕ぎ船で堀川の桜を見物に行く。山本有二議員を誘う。

4 瀬戸内アートフェスティバル、20尺和船建造
  高松港イベント会場で7月から8月末にかけて
  俣野さん、ダグラスブルックさん、直島の船大工さん

5 スロープに放置してある20尺和船。廣瀬昭雄さん。

6 中土佐町役場の倉庫に4mの和船が眠っている。林勇作議員が和船好き。

7 36尺の網舟見学。南国市 空港近く。持ち主は処分したがっているので
  もらって 帆船に改造して遊びたい。

8 仁淀川の川舟、中山正志さん。
  歴民館の中村学芸員が船の専門。図面や建造写真を本に纏める。

9 大阪海の博物館 千石船 浪華丸

10 天狗のセンターボードを改良、リーボードも試みる。新型櫓。

11 艪漕ぎ和船で遊ぶ仲間を増やす。高崎先生とか小松先生ほか。


2

2012/12/17

鉾杉、武家屋敷  
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
徳島県祖谷の奥に行ってきました。
大歩危から入ると良い道になっています。国道439号通称ヨサクを
東祖谷に入り京上の集落から北の山に入り 4km上ると
この鉾杉が立っています。
平国盛が安徳天皇をお守りして祖谷に逃げ込み
ここに鉾を立て、また杉を植えたので鉾杉と名前が
付いているようです。
こんな杉で舟を造ったら大きな舟が出来るでしょう。

隣に私の母の実家 喜多家の武家屋敷が立っています。
祖谷に行かれる際にはお立ち寄りください。
3

2012/12/14

千石船  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
なにはの海の時空館で増山先生の
菱垣回船から世界のヨット研究まで、
その帆走性能と船体構造を学ぶ
というテーマの日本船舶海洋工学会の講演会に行きました。

ヨットの帆走理論と和船千石船の建造基礎知識があると
楽しく聴ける講義でした。

この博物館は今年度で閉館され、
その後の予定は立ってないそうです。
この千石船が解体されて木屑になる可能性は高いようです。
この船の価値が分らない人が多いのでしょう。
もったいない話です。
3

2012/12/11

ジブセール  
今日は土居さんの船にジブセールを付けてみました。
風も強く、セール面積が六割も増えたので
良く帆走しました。
1

2012/12/3

小春日和  
艪を漕いでみたいという松村さんがお見えになって
昼から土居さんの船と一緒に浦戸湾内の帆と艪での散歩に
出かけました。
南の弱い風でのんびりしたものですが
土居さんの船の方が帆走しても 良く上り、走るのには
驚きました。
二年間上架してない こちらの船底の牡蠣のせいだと思いますが、
負けないように改良するという冬場の仕事が出来て
 良かったです。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ