2013/1/31

浸水  
今朝 船底をきれいにした私の和船を水に浮かべました。
新しいテントも良く出来ています。が
浮かべるとセンターボードケース辺りから水が滲んできます。
浮かべていれば木が膨張して水漏れが止まる事を
期待していますが  どうなることか、
心配ではらはらしています。
1

2013/1/29

俣野さんより原木の写真  
ダグラスが2月に来る予定が決まりました。芝藤さんとは釘の事等もあって会えればいいのにという話等していましたが、今回は1週間ほどですぐ戻らないと行けないそうで、またまた忙しい日々になりそうです。

こちらは先週に琵琶湖まで切った木を運んできました。駐車場で乾燥です。


https://picasaweb.google.com/111115979866864343490/January132013?authkey=Gv1sRgCKG57p77rNC0hgE

http://www.youtube.com/watch?v=JJkXB_N6sEE






----------------------------
Koji Matano
koji@minamiizu.net
1

2013/1/28

上架  
クリックすると元のサイズで表示します
朝7時の満潮に船台に乗せ、船底の掃除をしました。
二年浮かべたままだったので、ひどい事になっています。

平田さんと土居さんが手伝いに来てくれました。
船体重量は百数十キロなので、二人で持ち上げて傾け
二本の棒で支えて作業をしています。
二時間位できれいになり、夕方まで干してから
船底塗料を塗りました。

二日後の朝の満潮で 降ろしましょう。
2

2013/1/25

ドラゴンカヌー  
クリックすると元のサイズで表示します
須崎工業高校造船科の先生だった山崎さんがドラゴンカヌーを
ご自身でFRP型を作り積層して いくつも作られ
浦の内湾奥の カヌー練習場で学生さんが体験学習などに
使われています。

浦の内湾は波静かで安全なので
和船での艪漕ぎ体験にも適した場所です。
木造和船を寄付したら活用してくれるかもしれません。
乗らなくなった網舟など、生かせないかな。


2

2013/1/21

ナカミト  
雨も降りそうにないので 昼前から和船を出して艪漕ぎで
湾内の9番青ブイ 通称ナカミトまで往復しました。1時間くらい。
運動不足の私には丁度のエクササイズ。

帰港後 来週の満潮に船を上架する段取りにしました。
スロープに船台を置き、満潮時に乗せて
潮が引いたら船底を掃除して船底塗料を塗ります。
リーボードも実験的に取り付けて 帆走させる予定です。
2

2013/1/17

漕ぎ釣り  
クリックすると元のサイズで表示します
土居さんの舟と一緒に舟だまりを出て
湾内を艪や帆で遊んでいます。
航路近くで魚釣りをしている
木造和船を発見。
近くの貸し舟屋さんの和船です。船外機無し。
全長5m、タナ板は低く風の抵抗は小さく流されにくくなっています。
左手一本で漕ぎながら右手で竿を持ちます。
チヌを狙っているようです。
2

2013/1/17

土佐屋工房  
クリックすると元のサイズで表示します
山崎さんに頂いた艪のテストをするために
車に積み、和船を造っている土佐屋工房を
出発しようとしています。
1

2013/1/16

琴平神社  
クリックすると元のサイズで表示します
南国市十市の金毘羅さんの本殿です。

黒っぽい船体の鯨舟の手前には
明治時代に種崎の造船所で沢山建造されていた
丸型船型の洋式帆船の模型が奉納されています。

金毘羅は日本語には珍しい音感の言葉です。
もとはサンスクリット語でガンジス川の鰐
クンピーラが水や航海安全の神様になり
東南アジアを経由して黒潮に乗って
日本にやって来たそうです。
南に位置する金毘羅神社が歴史が古く
讃岐の金毘羅さんより 十市の金毘羅さんの方が
建立は古いのです。
1

2013/1/15

網舟エンジン  
クリックすると元のサイズで表示します
水平になっているシャフトとその先にプロペラが見えます。
エンジン本体はブルーシートで覆われた所に
ディーゼルエンジンがあります。
水に浮かんだらペラを水中に下ろして
エンジンを掛けるのでしょう。
船外機のご先祖様のようです。
2

2013/1/14

船大工さん発見  
浦戸湾に流れ込む新川川(長浜川)沿いの原橋のたもとに
船大工さんがおいでるというので会いに行きました。
浜口寿雄さん、70前でお元気です。

もう永い事 和船は造ってないので道具が錆びていると
おっしゃっていましたが、修理などはなさっているようでした。
自宅では21尺の和船をお父さんの代から建造されていて
20年くらい前からFRPの舟になったので
木造は手掛けてないそうです。

浦戸に舟を持たれていて 私の帆走和船も見てくれてました。
和船を建造する事になったら 力になってくれそうな方だと 思いました。
2

2013/1/14

芸西村網舟  
クリックすると元のサイズで表示します
荒れた天候でしたが芸西村に着いた頃には雨も上がりました。
全長11m位の大きい鯛網舟で 全然FRPを張ってない 綺麗な舟です。
現役で使われています。
絵になりますね。
1

2013/1/7

花街道和船  
クリックすると元のサイズで表示します
桂浜 西の花街道 道路下の通路で
8mほどの和船発見。
持ち主を調べて お話を伺いましょう。
2

2013/1/3

網舟発見  
クリックすると元のサイズで表示します
浦戸港に舟を置いて昔から漁業を営まれている山崎さんです。
木造の網舟や伝馬舟もお持ちです。倉庫には艪も沢山あるそうです。

貴重な資料を発見して私は大喜びしています。
まだまだ 高知には舟が残っています。
2

2013/1/1

初日の出  
クリックすると元のサイズで表示します
明けましておめでとうございます。

フェイスブック 土佐和船友の会 も よろしく。
http://www.facebook.com/tosawasen
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ