2013/3/25

桜花  
杖をついてお花見に来ていた80過ぎのご婦人が
艪漕ぎ舟に乗りたい とおっしゃるので乗っていただきました。
舟の上で「死んでも良い(くらい桜が見事で気持ちが良い)」と
喜んでくださいました。

 桜花散りかい曇れ老いらくの来むというなる道まごうがに

クリックすると元のサイズで表示します
3

2013/3/21

堀川花見  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
高知市内の堀川へ桜を見に行きました。
土居さんの船に曳航してもらい楽チンでした。
桜は見ごろです。友人を誘いランチを食べた後 艪漕ぎで花見。
こんなに楽しそうな顔になります。
2

2013/3/18

みさと小学校  
クリックすると元のサイズで表示します
20年前に仁井田の みさと小学校に木造和船があった 
という話を聞いたので、確認に行ってきました。
木造和船は見つかりませんでしたが
校長先生に 造船の町みさとの船の資料室 を
見せていただきました。
丸木舟、艪、明治大正時代に建造されていた洋式帆船の図面
特に船大工さんの道具は見事に揃っていて
歴民館の資料にも見劣りがしないレベルです。

また ゆっくり見に来たいと思います。
これを揃えられた父兄の方にもお会いして
お話を伺いたいと思っています。
3

2013/3/18

山中船大工  
クリックすると元のサイズで表示します
春の嵐の一日、宇佐井尻の山中利雄船大工をお訪ねしました。
90歳近くですが お元気です。
本物の和船を造らなくなった後は縮尺を正確に十分の一にした
模型を作られています。正確な模型ですので資料価値が高く
将来的には歴民館に展示されたら良いと思います
手にされているのは10人ほど乗れる渡し舟です。
舳先からの乗り降りがしやすいように作られています。
1

2013/3/11

水漏れ修理  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
センターボードを長い物に取り替えたら
ケース周りの水漏れがひどくなった。
力がよけいに掛かるからでしょう。

水に濡れていても固まる水中ボンドで修理しました。
エポキシ系のパテです。白色の部分です。
二材を練って水漏れ箇所に塗り込めます。
翌朝見に行くと水は止まっていました。
2

2013/3/8

和船友の会  
東京江東区の本家 和船友の会 の富永さんから会報を頂きました。
和船友の会は
http://wasen.web.fc2.com/

春はやはり 和船でお花見です。
3

2013/3/6

横田さん  
クリックすると元のサイズで表示します
横田さんは1986年にヴアンデシュタット21フィート
ZEEMINの自作を開始。この写真の頃は50代半ばで
お若い姿です。
89年自作途中を高崎さんが高知まで取材に来てくださって
舵誌のアマコンジャーナル記事になりました。
この後 中断していた時期が長かったので、
進水は1996年で11年掛かっています。
1

2013/3/4

横田さん自作ヨット  
クリックすると元のサイズで表示します
浦の内湾奥 須崎市スポーツセンターに寄付された21フィートの
ヨットです。横田さんが10年ほど掛けてこつこつと作られました。
須崎市に寄付されたのですが、あまり使われることもなく
係留されたままになっています。有志で維持管理をしてあげて
イベントの時にはお客様に乗って頂いたら
横田さんの意志に適うだろうとと思います。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ