2015/3/31

堀川の桜  
クリックすると元のサイズで表示します
堀川沿いの桜が満開になりました。
今朝も出勤前に艪漕ぎでお花見を
してきました。
2

2015/3/30

摺り合わせ  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラ板の摺り合わせをしています。
腰が痛くなるので、出来るだけ摺あわせをしない
工作方法を取っているのですが
今回は板がまだ完全には乾いてないので
内部応力があるのか
切り出した板が曲がってしまって
仕方なく摺あわせをしています。
お昼休みを挟んで半人役もすると
腰が悲鳴を上げてきます。
2

2015/3/27

ミドルベリー高校  
Dear Shibafuji san,

My high school students and their boats. Students did drawings on the computer. Very nice work.

http://digital.vpr.net/post/middlebury-high-schoolers-reintroduce-historic-lake-champlain-trapping-boat

Douglas

Douglas Brooks
84 South Maple Street
Vergennes, Vermont 05491
USA
(802) 877-3289
http://www.douglasbrooksboatbuilding.com

http://blog.douglasbrooksboatbuilding.com/
1

2015/3/26

カワラ板切り出し  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
カワラにする板三枚を写真のように重ねて
中央の板の白太が無くなるあたりで切断します。

切れ端を除いて、並べれば隙間無く三枚が並ぶ
はずでしたが
左の板に内部応力があったようで
切断すると曲がってしまいました。

摺合わせをしなければ いけないようです。
1

2015/3/23

アルミ カヌー スクラップ  
クリックすると元のサイズで表示します
アルミのカヌーボディーを非鉄金属処理業者へ持って行って
処分してもらいました。
長い間 遊ばせてもらって、感謝です。

自分で所有する船が少なくなるにつれて
自由に色々な船で遊べるようになるのが
面白いですね。
0

2015/3/19

うらど 回航  
クリックすると元のサイズで表示します
高知市内を流れる鏡川の下流にある島、丸山台から撮影。
鏡川大橋そして堀川横のアサヒロイヤルホテルが見えます。

堀川の桜見物遊覧船 うらど を雨の予報にもかかわらず
福田君と回航しました。11時大潮の引きが止まる頃に
干洲堀を出港。雨はほんの小降りで時折日差しもありました。
漕ぎ手は20分交代の人力推進です。
南西の風を期待したのですが全くの無風。
雨の後の川の流れもそれほどなく、丸山台までの5.5kmを
1時間半 艇速2ノットで順調に漕げました。
前の席でパドルも使ってみました。スピードは上がるようですが
非常に疲れます。艪に勝る物はないですね。

丸山台に上陸してお昼を食べ、あとは のんびりと堀川を
漕ぎ上って 1時半 ロイヤルホテル前 到着。
4

2015/3/17

タンザニアの刳り舟  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ダグラスさんの学生達がタンザニアの造船を調査されている
そうです。刳り抜きの丸木舟にクギで側板を矧いで乾舷を
高くした準構造船です。左右にアマ(フロート)を取り付けて
復原力を増して安定させ、三角帆を付けています。
センターボード(リーボード)が無くても
風上に帆走できる良いヨットです。

カラフルな模型船は 20年ほど前に家族でバリ島に行った時に
私だけ毎日ベノア半島でチャーターして遊んだ『ジュクン』と
呼ばれるバリのアウトリガー セーリング カヌーです。
貿易風に乗って良く帆走しました。カツヲを釣るそうです。

タンザニアの船と同じ設計思想で作られています。
アフリカからインドネシアそして太平洋と
同じ型のセーリングカヌーが見られますから
人々の交流が あったのでしょうね。

ウエットスーツを着た私が写っている写真は
バリの船を見て私が作ったカヌーです。
バリのカヌーの紹介記事を舵誌に連載した原稿料で
2ミリのアルミ板を買い、職業訓練学校でTIG溶接を習って
S&G工法で作ったカヌーボディーです。
故野本先生に『水が漏らないアルミ溶接ができれば上々』と
お褒めの言葉を頂きました。
強風の追い風では安定して高速セーリングが楽しめます。
アルミ板はペンキも塗らないのに全く傷みませんが
もう乗らなくなったのでスクラップにする予定です。
2

2015/3/15

艪脚削り  
クリックすると元のサイズで表示します
高知ヨットクラブの月例ヨットレースの日ですが
大雨で出場艇が無く中止になりました。
何十年もヨットに乗ってくると
雨で無風の状態と分かっていてもレースをする
という情熱は もうありません。

時間が出来たので大きな赤樫の網舟の艪を
良く撓る漕ぎ釣り用の艪に作り変えようと
削っています。

樫は硬くてカンナの刃が切れなくなります。
ディスクサンダーに木工用のディスクを付けて
削るほうが はかどるのが分かりました。
削れた木の粉が鼻の穴まで溜まるのには閉口です。
マスクをして作業しましょう。
まあ毒性は無いからだいじょうぶでしょうが。
2

2015/3/15

土佐清水 和船  
クリックすると元のサイズで表示します
綺麗な木目の和船が完成しています。
2

2015/3/10

みおし  
クリックすると元のサイズで表示します
内ミオシ材をチョウナで削っています。
マエチョウナで削ると船大工らしい姿になりますが
小さな材は普通のチョウナでも簡単に
三角のミオシ材が出来ました。
仕上げはカンナで削ります。
2

2015/3/5

義丸進水  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
部品を取り替えて大修理をした船外機が
作りなおしたマウントに納まり
船底も塗り上げられ やっと進水に漕ぎつけました。
お神酒と塩を舟にかけて清め
船台を滑らして満ち潮に浮かべました。

前の舟よりも一回りは大きくなったので
外海へ釣りに出ても安心です。
1

2015/3/2

カワラ用の板  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
カワラに使う板を三枚並べてみました。
クロの板は乾燥しにくいのか、まだ水気を持っていて
動かしても重く感じます。まだ乾燥させる必要があります。

中央に使う板に糸を張って仮のセンターラインを作り
他の二枚を重ね合わせて、赤身だけで必要な幅が
取れるか見ています。
写真の状態で80cmの幅が取れます。
こうして重ねた状態で丸ノコで切断すると
上下の二枚の板はノコ刃の厚みだけ空いた
全く同じ線になって 摺り合わせが不要になります。
お分かりいただけますでしょうか。
3


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ