2017/7/28

17尺舟  
クリックすると元のサイズで表示します
船底のガラスクロス エポキシ積層コーティングが終わったので
起こした和船です。仮の梁を何本か入れて変形を防いでいます。
中央部はカンコが付いているのでがっちり固定されています。

釣り船屋さんで使う予定が変更になり、
進水する目途が立たないので作業の手が止まっています。
使う人が決まれば 甲板や敷板をどうするかを決めます。 
どなたか欲しい人はおいでませんか。
1

2017/7/25

売り船あります。  
クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/7/24

スライドショー  
アメリカのクレア ヘスさんが土佐和船のスライドショーを
作ってくれました。ご覧下さい。
10倍に大きくして作れば本物の和船が出来上がります。

https://www.youtube.com/watch?v=1M1qmJFEMOo&feature=youtu.be
3

2017/7/23

艪を削る  
クリックすると元のサイズで表示します
私は五年ほど前から艪の自作を始めました。
高知県浦戸湾にはハイカラ釣りと呼ばれる
艪を使って和船で釣りをする方達がおいでます。

艪屋さんが亡くなって傷んだ艪の修理に困っている方などの
相談に乗って、新しく艪を作ったり、部品の取り替え修理などを
しているうちに、段々艪が解ってきて面白くなっています。

艪を作ってみようと思われている方のために
参考資料をまとめてみました。15ページほどの文書です。
読みたい方にはPDFファイルでお送りできますので
メールでご連絡下さい。
3

2017/7/21

カッターFRP  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
漕ぎ手の足場のフロアー 12箇所の古いノンスリップFRPの
凸凹をパテで埋めて均しガラスマット二層積層して補強しました。
50cm四角ほどのガラスマットを24枚、元の形通りに
トレースして書き写し鋏で切り出しました。
樹脂で汚さないように新聞を敷いて、ローラーで脱泡しながら
積層しました。暑い日でした。
2

2017/7/18

鯨舟  
クリックすると元のサイズで表示します
鯨舟レースで正式の艪漕ぎの舟もあります。
漕ぎ手は年配の方ばかり、久しぶりの艪漕ぎを
楽しんでいらっしゃるように見えます。
綺麗な装飾の鯨舟ですがFRPです。
1

2017/7/14

カッター修理  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
宇佐の海洋高校のカッターの修理を頼まれました。
全長30フィート、12人がオールで漕ぎます。
進水してから40年近く経つので、傷みが見えます。

生徒さんが漕ぐ座席のダブルボトムになっているフロアーに
四箇所ヒビ割れがあります。水漏れをチェックし問題なかったので
12名分全ての足元のノンスリップ部分をエポキシパテで
ヒビ割れを埋め厚く盛って平らにし、ガラスマット二層で補強し、
ノンスリップ塗装をします。

次にスノコやケヤキの座板、ガンネル周りの補修をする予定です。
1

2017/7/6

舳先保護材  
クリックすると元のサイズで表示します
砂浜に乗り上げたりした時の船首の保護材を取り付け
メープル色の防腐剤を塗りました。
この後ひっくり返しました

次はコベリや甲板など 船内の作業に掛かりますが、
ここは夏暑すぎて作業になりません。夏休みにしましょう。
相棒は明日からカナダのソフトボール世界選手権に
キャッチャーをしている息子の応援で家族で行きます。
1

2017/7/5

歴史博物館  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
歴博の最新刊です。古代からの日本海交流史で船の果たす役割の
重要性を再確認しました。日本海のさかさ地図を見れば
近代以前の日本人が日本海を使った物流や大陸との交流を
考えていた空間が良く分ります。
北前舟の交易ルートを見ると沖乗りで長距離を帆走していたのが
当たり前だったのですね。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ