2018/5/11

切り出したカワラ板  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラ板を切り出しました。外側の二枚は全て赤身です。
舳先は大きい目に切り出しました。ミオシ材を取り付けてから
余りを切り落とします。
板を矧いだオトシクギは三本づつ打ちました。
埋木をしなければいけない頭穴は38か所です。
1

2018/5/11

カワラ板  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラの原寸図を矧ぎ合わせた広い杉板の上に描いています。
船首尾を結んだセンターラインを50cmおきにカワラ幅を描き込み
クギを打って2cm角の真っ直ぐな棒バテンで外形を描いています。
オトシクギの頭穴が見えます。カワラを切り出してから
埋木をします。
1

2018/5/8

板矧ぎ仕上がり  
クリックすると元のサイズで表示します
シャコ万で接合面を密着させておいてオトシクギを打ちます。
クギ打ちが終わり幅1200mm長さ5750mmの板が
出来ました。この板にカジキの形を描いて切り出すと
奥の方、舳先は尖がっているので大きな節や割れは
切り捨てられてしまいます。
1

2018/5/8

クギ打ち  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ツバノミでクギの通る道を作り三寸三分 10cmの長さの
オトシクギを打ち込みます。オトシクギ別名ヌイクギは広い板を
作るための板矧ぎ用の頭の小さいクギです。
接合面にはタイトボンドV接着剤を塗ってあります。
1

2018/5/8

ルーターで頭穴  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
オトシクギを打つ位置を記しして、クギの頭穴をルーターで
掘っています。今までの舟はノミで手彫りでした。文明の利器は
キレイに素早く掘れます。キチンと良い角度でアリになっています。
隅の丸くなる所だけノミで修正します。
1

2018/5/8

摺り合わせ  
クリックすると元のサイズで表示します
重ね合わせたままで三枚の杉板を丸ノコで切断すると
全く隙間の無い三枚の板が出来るはずですが
切断したために板に微妙な曲がりが出てきたので
摺り合わせノコで真っ直ぐに直しています。
この摺り合わせは難しくないので私でも出来るのですが
すぐ腰に来るので 長くは出来ません。
1

2018/5/4

カワラ板選別  

三枚の杉板を矧ぎ合わせて、25mmの板の厚み部分で接合して
広い板を作りカワラ板とします。
幅の広い板を造ってから船体を組み立てる大板構造が
和船の最大の特徴です。
カワラ板の最大幅110cmが取れて、出来るだけ赤身で
作れるように板の位置を調整しています。クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/5/4

お嫁に行きました。  
クリックすると元のサイズで表示します
13尺の四万十川船が四万十町へお嫁に行きました。
四万十川の上流、梼原川で鮎の火振り漁に使われます。
夏にはアユ漁を見に行きます。
2

2018/5/1

杉板チェック  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
二か月乾燥させた25mmの杉板を並べてチェックし
配列を考えて使う板を決め表面をサンデイングしています。
板の幅が広すぎてプレナーを通らないのです。
ベルトサンダーを掛けた後に丸いサンダーで仕上げています。
八枚裏表を磨いたので夕方には腰が痛くなりました。
1

2018/5/1

ジャンク セール  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
軽い南風で浦戸湾内を帆走しています。
3m位のブローでは90度近いタッキングアングルになります。
こんな雑な造りのラフでも予想以上に良く上る
フルバテンセールの上り性能は素敵です。
このリグにヒントを得て次はマストファーリングセールに
フルバテンを付けるプランを計画中です。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ