2018/7/24

外ミオシ  
工房は朝から33度。
とても作業の出来る温度ではありません。
ミオシ材を取り付け船首甲板を取り付け
区切りのつたところで朝の内に終了。
この酷暑の収まるまで作業中止とします。

この後 山のお寺長谷寺へ行ってブルーベリー摘み
大釜の滝で涼みました。
次回は夜須の海でウインドサーフィンをして遊びましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/7/10

座席板  
クリックすると元のサイズで表示します
集中豪雨の影響で雨が漏りました。
午後にトタン屋根の隙間をコーキングで埋めて防水処置。
舟の水漏れよりも屋根の水漏れは対策が簡単です。

中央三枚の座席板が付きました。
船尾のタナ板カワラ板を切り落としスッキリしました。
船尾には檜でチリ 飾り板を付けます。
船首の甲板も切り出してミオシ材と仮合わせをしました。
3

2018/7/6

正立  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
船底が仕上がったので舟を起こしてコベリ上辺のカンナ掛け
座席板の切り出し、舳先の甲板切り出し、外ミオシの仮合わせなど
をしてから、船内のエポキシ塗装の二回目を塗りました。
これでカワラ板の防水はバッチリです。
2

2018/7/3

売り舟あります  
クリックすると元のサイズで表示します
2

2018/7/3

エポキシ二度塗り  
クリックすると元のサイズで表示します
杉の板へのエポキシ樹脂の浸透が多いので
船底へ二回目のエポキシ塗装をしました。
もう浸透は無くなり固い防水性の高い膜が出来ています。
2

2018/7/3

漂白  
クリックすると元のサイズで表示します
杉の板にシミ、カビのような黒ずみがあるので漂白剤で
綺麗になるか、実験中です。
スプレー式の洗濯物漂白剤を集めました。
吹き付けると泡が付着します。

明るい茶色は酸素系漂白剤、黒くなるのは塩素系。
酸素系の漂白剤なら綺麗になりそうですが
船体の一部だけ色が綺麗になっても おかしいので
まずは見えない部分でお試しをしましょう。
2


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ