2018/6/16

杉板のカーブ  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラ板とタナ板、ミオシ材を固定して新しい発見がありました。
この写真を良く見ると分かりますが、三か所の仮フレームは
タナ板に接触していません。25mmの杉板自身の作り出す
自然なカーブで船体が形作られているのです。
本職の船大工さんは杉板が自然に作り出す船体カーブを
熟知しているから仮フレームなんか立てないのでしょう。
1

2018/6/15

ミオシ固定  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
タナ板をカワラに固定しています。
船首まで固定し終わり、次にミオシ材に固定しました。
右舷側を先に固定しミオシの前縁で切り落とし
左舷側を固定し終わった所です。
一枚の板で上手く船体側面が仕上がりました。
1

2018/6/8

仁淀川下り舟  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
須崎工業高校造船科の学生実習で建造中の
仁淀川清流遊びの遊覧船を見に行きました。
船体外部のFRPが終わり、正立にして内部の
鉄フレームを取り付けています。
船底の穴は透明なポリカーボネート板を張って
水底が見えるようにします。
1

2018/6/8

大崎船大工  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
いの町の大崎船大工が建造した20尺の川舟が進水しました。
オーナーが乗って乗り初めです。
後で大崎さんも乗って、係留場所まで回航しました。
舳先に乗っているのが大崎さんです。
1

2018/6/5

タナ板位置決め  
クリックすると元のサイズで表示します
両方のタナ板をもう一度蒸して柔らかくして
取り付け位置にツヅで固定し、
底やミオシ先端が足りているか確認し
中央仮フレームで一本ネジ止めして位置決め終了です。
1

2018/6/2

右舷蒸曲げ  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
左舷タナ板は一度外し節穴などの処理をしています。
右舷のタナ板を蒸曲げて船体への沿い具合を見ています。
両舷の蒸曲げが終わったので次は本番の位置決めをして
摺り合わせに取り掛かります。
1

2018/6/1

テンダー建造指導書  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
30年前の舵誌に載せてもらった天子のきじです。
1

2018/5/30

テンダー図面  
クリックすると元のサイズで表示します
LOVE ME TENDER と言う名曲がありますね。
テンダーの意味が違いますが、プレスリーでしょうか。
私のテンダーには天子(てんこ)と言う名前が付いています。

5フィートテンダーの図面です。
簡単に作れますのでお試しください。
設計料は何か美味い物一品と交換となっています。
建造の細かい説明は30年前の舵誌に載っていますので
コピーします。建造方法の細かい事は
FBページ土佐和船友の会の方に
質問、相談など書き込んでください。
1

2018/5/30

LOVE ME TENDER  
5フィートのテンダーに乗っているのは30年前の私です。
ヨットに積んで行って、岸までの交通に使います。
座席板を前後方向に付けているので
二人乗ってもバランスが取りやすくなっています。クリックすると元のサイズで表示します
1

2018/5/27

蒸曲げ  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
タナ板の蒸曲げ作業です。家庭用のスチームクリーナーを使い
毛布などで包んで熱が逃げないようにして
曲がりのキツイ部分を加熱しています。木の温度が80度に
なると杉内部の樹脂が流動的になるので曲がります。
曲げたまま冷やすと曲がったままで固まります。
人力で押して軽く変形するのでカワラ、フレームに沿って
曲げてミオシにくっつけ、木のツヅで固定して冷やします。
船尾から船首まで一枚の杉板で、設計通り取り切れました。
1

2018/5/26

室戸鯨舟  
クリックすると元のサイズで表示します
室戸 藤田船大工の鯨舟のカワラ据え儀式です。
0

2018/5/26

祝島  
クリックすると元のサイズで表示します
山口県祝島の櫂伝馬舟。カワラ据え儀式です。
1

2018/5/23

タナ板作業始まり  
クリックすると元のサイズで表示します
カワラを固定しミオシ材、トダテを立て、仮フレームを固定すると
舟の形が現れて来ます。
カワラ据えの儀式が終わり、これから一番難しい船体外板の
取り付けに掛かります。
左舷タナ板に選んだ板を借りに置いてみました。
タナ板後半はほぼ赤身で取れます。
前半はまだ板が真っ直ぐなままです。
ミオシとカワラの交点、ノドと呼ばれる部分と
ミオシ近くの反り上がったタナ板上辺が足りるかどうか。
外板展開図などでチェックはしているので、
ギリギリ足りるはずですが
実際に板を曲げてみないと分かりません。
足りなければ 板を矧ぎ合わせて広くするのですが
その手間を無くして楽をしたいものです。
次回は蒸気で25mmの杉板を曲げていきます。
1

2018/5/22

カワラ据え儀式  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
ミオシ材を立てましたのでカワラ据えの儀式をして舟の無事完成を
祈願しました。ご神体は枝サンゴ、神棚にはクンピーラのお札
(ガンジス川の鰐が航海安全の神様になって日本まで黒潮に乗って
流れてきた日本名 金毘羅)と
ヨットの神様 野本謙作大明神からのお葉書
後 お酒は飲まないので甘酒が供えられました。

天井からカワラ板を突っ張っている竹の右端が船体中央にして
ミオシからトダテ中央に糸を張っています。タナ板を取り付け
作業中に捻れがが出たらすぐわかります。

1

2018/5/22

トダテ  
クリックすると元のサイズで表示します
土台とカワラを固定したので船尾板トダテを付けました。
カワラ板の反りを太い木で挟んで平らに修正して
水準器で水平を見ながら接着剤とステン木ネジで固定。
固まったらトダテ板でカワラの歪みは無くなります。
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ