にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ
にほんブログ村

2017/8/19

水量・天気などの確認  カヌーカヤック一般

<気象関係URL>
http://www.imocwx.com/index.htm

http://www.jma.go.jp/jma/index.html

クリックすると元のサイズで表示します

 カヌーでのツーリングには当然天気が大きくかかわってくる。
まあ雨がいやなのは誰しもですが、川は水量、海は風などに気をつけたい。
 川の水量だが、雨がふってるのがその場所でなく、上流で降ってると影響がある場合が多い。よく四国の吉野川なので、徳島県はまったく雨が降っていないのに増水してることがある。それは前日の夜に高知県の山の中だけふったりした場合が多い。まあ川は一旦出てしまえばダムの放水などない限り極端にかわることはない。
 しかし海は天候の急変での影響が多い。私も朝は穏やかな天気が、一転雷雲に追いつかれ死ぬような思いをしたことがある。前日や出発の時点ではまったくわからなかった。とはいうものの天気予報の精度はどんどんあがってきている。自分が行く場所だけでなくその周りの状況も見ておくとあわてることが少ない。
  まあ海は晴れたら温度があがって風がでることが多いので、天気がよくなったと安心はしないほうが安全。かえって晴れて風がでたりする事が多い。また基本的に雨雲は西から東に移動するのでそのあたりも頭に入れておきたい。

http://www.river.go.jp/ 関西の川の水量やダムの貯水量、放流量を確認できます。
http://kasensabo02.pref.wakayama.lg.jp/keitai/suii/index.html 和歌山県はこちらが詳しいです。

3

2017/8/16

ハンガーノック  ツーリング

クリックすると元のサイズで表示します
 川ではあまりない話なのだが、海で一旦岸から離れて、風が吹き出して休めなくなる時がある。そんな時にこの先に進むかどうするかという判断をしなければならない時の事。
 カヤックを漕いでいて沈はしないが手を離せないという状態の時があるとする。こういう時は漕ぎ続けて気がつけばエネルギー切れでバテてしまう時がある。そこで漕ぐかどうかの判断の基準として、その波の中で何か食べることができるか?
 食べようと思うとどうしても片手ははずさないといけない。その時に沈してしまうような波ならもう漕ぐのをやめる。まだ漕げるようなら漕いでみる。まあ一つの基準にはなるかなと思う。
 要するに漕ぐのを止めれなくて、エネルギー切れになった時に補給ができるかどうか。このハンガーノックに一旦なると急速にバテて、普段しないようなミスをする。
 前回の漕ぐ時間帯、そして今自分がいる波の中で何か食べれるか?この二つが私の一番の基準です。
1

2017/8/13

2人艇 ファルトかダッキーか?  カヌーカヤック一般

クリックすると元のサイズで表示します
 よく聞かれる事だが2人乗りではファルトとダッキーのどちらがいいですか?という事。基本的にファルトは15-20万程度の2人艇、ダッキーは販売価格10万以下のものを対象に考えています。
 
 まあどちらも畳める艇の代表格、ではその違いを・・・
 私見ですがどちらがいいというのはありません。自分の使い方でどちらが適しているかです。あと買う前は1つの艇でいろーんな所に行こうと思ってる人がほとんどですがあまりいろんなところには向かない事が多いです。

まず安定感・・これはダッキーの方がいいです。(あくまで比べるとしたらであってファルトが悪いというのとは違います)
スピード・・これはファルトです。普通安定感と操作性は逆転します。このスピードで問題な点ですがほとんどの人が別に競争するのではないので遅くても構わないといいます。ただ1人でいろんなところにいってショップやアウトフィッターのツアーに申し込もうとした時にダッキーでは遅すぎてツアーについていけない場合があります。ちなみにうちでは流水以外はほとんどお断りしてますね。
ずっと自分たちまたは同様のダッキーグループでいくのなら問題ないですが一緒に行く仲間を探そうというのであればファルトの方が探しやすいです。
多人数で乗る・・・これは絶対ダッキーです。特にオ−プンデッキのものがいいです。
後片付け・・これは難しいですが完全に乾かすのはダッキーの方が大変、特にセビラーは乾きません。行く前に重量はかっておくとよくわかるのですがダッキーはチューブの間に水が入り重くなります。(マーシャスはあまりなりません。高いですが・・・)畳んで車にいれておいて車内がベチャベチャになるのはダッキーです。

ダッキー  安定感に優れているので家族での水遊びや釣りなどにも使える。川はある程度の流水もいけるがその半面風には弱く海のツアーには不向き。

ファルト  ズピードもそれなりにでるのでツーリングも川、海共こなす。組み立てがダッキーに比べて面倒な上値段が高いものが多い。

一番大事な事は自分は一番やりたいのは何かです。それである程度方向が決まります。
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ