にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

2017/2/16

漕ぐ時にブレードばかり見ない  ツーリング

よくカヤックを漕ぐときにパドルを見ながら漕ぐ人がいる。パドルというかブレードだがちゃんと漕げてるか気になるのか右見て左見て右みてを繰り返す。これはいい癖ではないので真っすぐ進行方向をみて漕いで下さい。

クリックすると元のサイズで表示します

 そもそも頭は人間の身体の中で比重も重くそれが左右を見るという事は重心が左右にブレるという事です。先日も川での講習でそういう癖がある人があったのでまず陸上であるいてもらいました。
 まず普通にまっすぐあるきます。次に左右を見ながら歩きます。すると左右を見ながら歩くと、周りから見るとフラフラしています。生まれた時からあってる歩くという行動ですら頭を左右に振ると真っすぐあるけないのに不慣れな水の上で真っすぐ漕げる道理は・・・ありませんね。
 曲がるときは別ですがまずまっすぐ漕ぐ練習の時は左右を(ブレードを)みないで進行方向の遠くをみてください。
3

2017/2/6

積載オーバーについて  カヌーカヤック一般

 大きいカヌーを運搬するには車の上に積むしかありません。この積載もオーバーすると当然違反になります。私自身は以前シーカヤックの積載オーバーで捕まりました。まあ自業自得です。
罰金が7000円 減点が1点でした。カヌーでの積載オーバーはあまり捕まえませんが捕まえないという事はありません。では以下に積載の件を・・・

http://www.police.pref.osaka.jp/08tetsuduki/dorokotsu/pdf/07.pdf
(大阪府警 各種届け出の制限外積載の届け出)
積載の基本は全長の1.1倍 これは前0.1 後0.1ではなく前後のはみ出し合計が0.1以下となります。4mの車ならば40cmがOK。ただし片方に偏っては駄目。上記のP84ではキャリアが車全体の後部についてるため前はでておらず後ろにでているように推測されます。そうなると後だけで40cm以上でていると積載オーバーになります。
 あとはその減点をとるかどうかです。正直、減点をとらない場合が多いですが人によってとる場合もあるというのだけはご了解ください。
 また申請をだした場合ですがレジャーなどでは1.2倍まで。4mの車なら4.8mまでですね。この辺は若干担当者のさじ加減です。地方ではわりとゆるいみたいです。だから軽で5mのカヌーは申請をだしても通常は受理されず無理という事です。

申請は5日前ですがこれも担当者次第でかわっているようです。

クリックすると元のサイズで表示します
(セフティーフラッグ、当店でも置いてますしカヌーショップなら大概取り寄せできます)

あと赤い旗ですがこれは積載外の申請をだして、許可がおりたら安全の為に視認をたかめるもので、無許可で旗をだしたらOKというわけではありません。ただ旗を出してるとかなり心象もよくなるしちょっとぐらいならとめてないのが実情でしょう。

最後に関西で積載オーバーで捕まったのが多いのは圧倒的に兵庫県のハイウェイパトロール(私も兵庫県の高速でした)、兵庫県警は積載オーバーは重点取り締まりしてるといってくれましたし、過去それで事故もあったようです。
他では軽にシーカヤック積んでたとかで大阪府高石市と神奈川県(市はわかりません)といったところです。
この違反はスピード違反などと違ってそのまま走りだせないという所。積んでる限り違反になり続けるのでいったん下して再び取りに来るか、積載オーバーにならない車の人に迎えに来てもらうなどの手間をかけないといけない点。ご注意ください。
5

2016/11/30

ファルトに穴はあくのか?  カヌーカヤック一般

クリックすると元のサイズで表示します
 カヤックの種類で折りたためるものがある。なんとなく布の船体布がすぐ破れそうな感じなのでやはり不安になる。この船体布が破れるかどうかと聞かれると、やはり破れることもあるとしかいえない。
 これもはじめは慎重に使っているがだんだん雑になって浅瀬など突っ込んで破れることが多い。普通に使っていたらそんなに穴があくものではない。
 あと破れるところはフレームの入ってる部分、岩とフレームに挟まれた部分が破れやすく、案外布だけのところは破れない。
 生地も破れにくい縦横に補強の入ったものと入ってないものがある。これは案外カタログに詳しく書いてないので買うときに確認してほしい。当然切れたときに縦横に補強が入ってないと傷が長くなり浸水しやすい。
 補強が入ってるのはフジタカヌーではEXのもの。入っていないのはアルフェック、フジタカヌーはSTD。
 入ってないのが弱いのではなく、入ってるのがより強いと思ったほうがいい。ただ入ってるほうが当然高い。湖や深いところでしか使わないのなら補強がないのもお得といえる。
 あとちょっと意外な感じだが穴はフレームが多い方があきやすい。当然補強のためのロアストリンガーなど浅いところだとあるほうがあきやすくなる。ロアストリンガーは縦の剛性は強くなるが、正直穏やかな湖面などではあまりつかわない。私も普段はつけないしベテランファルト乗りでも買ったけど使わないというひともおおい。当然買うと高くなるし、部品が増えるので重く時間もかかる。一度自分がなににつかうのか考えて選びましょう。

4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ