にほんブログ村 アウトドアブログ カヌー・カヤックへ

2017/6/24

雨の日の心得  ツーリング

クリックすると元のサイズで表示します
 ツーリングの時の突然の夕立や雨は辛いもの。特に最近は局地豪雨なんかも発生する。
 川なら一旦上がるのも手だが海ではどうしようもないときがある。そんな時のためにちょっと天気が悪いかなあというときやロングツーリングの時は大きめのポンチョを入れるようにしている。できればライフジャケットの上からスッポリかぶれるもの。あとつばの硬い帽子、目に直接雨がはいって視界をうばわれると非常に漕ぎにくい。しかし硬いつばの帽子があればかなりましになる。どちらも100円均一でうってるものでも構わない。
 まあこういうちょっとした装備が役にたちます。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2017/6/23

増水時の注意  ツーリング

 川で漕ぐときの注意だが増水すると普段とまったく変わった景色や状況となる事が多い。前に行けたからとかここは知ってるからというだけでなく状況は変わるという事を知っておいてほしい。では以下に何例かを。

クリックすると元のサイズで表示します
 この写真は台風の後の淀川の写真です。
クリックすると元のサイズで表示します
 普段はこんな感じです。流木が流れ着いて浜に近寄れません。大水のあとはいろんなものが流されてきます。またコースが変わっていたり木でふさがれていたりもします。


クリックすると元のサイズで表示します
 次はこちらです。2段の堰堤があります。下から見るとよくわかります。
クリックすると元のサイズで表示します
 これは同じ堰堤を上から見た所です。写真を撮ってる土手の上からでもほとんど見えません。ましてもっと低いカヌーに乗っての目線ではまったくわからないです。ご存知と思いますがこういう堰堤(人工物)は危険です。うっかり横向けに捕まると出れなくなり死亡事故に繋がります。実際に何度かあった事故のパターンなのですが増水時は特に危険なので十分ご注意ください。

*当たり前の事ですが自然は刻々と変わります。状況を把握して無理はせずカヌーを楽しんでください。
0

2017/6/18

熱中症の注意  カヌーカヤック一般

http://www.wam.go.jp/content/wamnet/pcpub/iryo/service/service_iryo2.html (近畿の医療情報)

クリックすると元のサイズで表示します

 そろそろ日中は暑い中、アウトドアでは熱中症などが増えてきています。普段から外に出てる人はそうでもないのですが、普段は室内にいてる人で驚くほど短時間でバテる人も多く要注意ですね。帽子は必須で首まわりのも日焼け対策を!フードを被るのも案外いいですよ。

万が一熱中症になったらまず涼しく風通しのいい所で衣類をゆるめ体温が正常に戻るまで頭や身体を冷やしてください。あと意識があるなら水分補給も忘れずにね。

当たり前の事ですが特に大人より子供はカヌーなどで熱中してしまい気がつくとグターとなるのはよくあること。御注意を!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ