2017/3/23

◆ベース車製作完了!!  ■ラズベリー・パイ他

ベース車であるレスキュークローラ―工作セットですがラズパイで動作させることを念頭に組立開始です。

ベースプレートは製作図によると一部カットするようですが・・・。
機構設計の結果で搭載出来るサイズを増やすためカットせずにそのままプレート部品を使用です。

そのためツインモーターギヤボックスの固定プレートは手持ちのゴム板で製作です。

クリックすると元のサイズで表示します


車両メイン部分は、キャタピラを取り付けてこんな感じになります。

クリックすると元のサイズで表示します

可動クローラ―が今回付いているのでまずフレームを製作しこれにキャタピラの取り付けを行い3連キャタピラになります。

クリックすると元のサイズで表示します

これにリンクアームを製作し取付ます。

クリックすると元のサイズで表示します

リヤフックも制作しリンクアームを取り付けるとこんな感じで可動クローラ―がアップダウン出来て障害物を乗り越えられこととリヤフックが可動するるみたいです。ここまでが標準の製作工程です。

クリックすると元のサイズで表示します

ここからがラズパイを搭載するための製作工程です。
追加したユニバーサルアームセットとユニバーサルプレートセットをベースにして棚位置も可変になるように2段の棚を製作です。

クリックすると元のサイズで表示します

モーターの取付にはノイズ対策として0.01μFの積層セラミックコンデンサーを取り付けます。
ミドルクラスのラジコンヘリのモーターを交換した時にも付いてましたが・・・。
今回、何故付いているのか今頃ですがやっとその理由がちゃんと解りました(汗)。

クリックすると元のサイズで表示します

各々のモーターを取り付けて電池1本でますは負荷を下げてモーターの動作確認です。

クリックすると元のサイズで表示します

すべての単体動作を確認した上でラズパイや試作したブレッドボードの回路、手持ちのモバイルバッテリーによる本体電源(5ボルト))や乾電池のモーター電源(6ボルト)を搭載です。

クリックすると元のサイズで表示します

特に配線取り回しには気を使ったので見た目は非常にコンパクトにすっきりまとまりました。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにこれからいろいろ周辺機器を取り付けるので配線や取付がし易いようにベースプレートは可倒式にしました。

クリックすると元のサイズで表示します

ラズパイによる基本動作確認は完了し前進、後進と旋回までは可能になりました。

ここまでは夜中までいろいろ頑張った甲斐もあり参考書通りで短期間で完成ですが・・・。
さて、これからいよいよ本格的にまずは第3のモーターである可動クローラーの制御プログラミングから開始です。

まだまだ欲しいカメラとか超音波センサーとかのパーツ類が在庫切れで追加注文が必要ですがきっとその間にはC国ネットショップに発注してある第一弾のパーツ類が届くかもです!?。
1



2017/3/30  15:04

投稿者:ELSINORE

anさん、とにかく食べ応えのあるラズパイです(笑)。

必要なパーツ類も順にC国ネットショップから届けばさ
らにいろいろ遊べそうです。

とにかくやりたい事をプログラミングさえすれば魔法の
小箱に大変身ですから・・・。
後は、電子工作がいろいろと製作出来さえすれば鬼に金
棒なんですがね。これが越えられないソフト屋の障壁で
す(汗)。




2017/3/29  12:47

投稿者:an

大人のオモチャ遊び
進んでますね
知的なところが惹かれます。
期待がふくらみます。

2017/3/26  22:04

投稿者:ELSINORE

TheNonkyさん、コメント有難うございます。
難しい話ですみませんね(汗)。

早い話が仕事の延長と趣味を兼ねてマイクロコンピュータ
を使ってロボットクローラを自作してみようかなと思って
いる次第です。

2017/3/25  13:14

投稿者:TheNonky

何か、とっても難しそうですね。
ついて行けそうにもないです。


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ