JA6WFM DX - CONTEST-50MHz plus 160m JCG-43012

コンテストと海外からのアマチュア無線運用、それに50MHz運用を中心に書き込んでいます。
Brought you by JA6WFM (JA6YRC JF6YME crew) 10-January-2018

 

A31MM Log Search

リアルタイムではありません 余裕を見てチェックお願いします。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

プロフィール

コンテストにDXでは個人コールで国内ではJF6YMEで参加しています。そして勿論自称50メガマンです。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:JA6WFM
土屋さん、コメントありがとうございます。
広がっている様に聞こえたり、近くに寄るとガサついている信号を割りと聞くことがあります。それは一つの事実なのですが、原因が何処にあるのかを突き止めるには仰るような証拠、情報がないと誤った判断をすることになると思っています。クレームか調査を促された局は自分の送信機に問題があれば解決しなければと思う局が大半かと思います、ただ多く場合、申し出の局が相手に対して直接でなかったり、単に被る、影響があると電波の上で言われて、そこで情報を貰おうとしても、教えてもらえずに終わってしまうことも多いようです。
投稿者:JA2GXU
A局及びB局が使用しているRigの詳細が必要です。一般的なRigでは、Sメータが+60dBとか振り切れていた場合は、帯域が広がっている様になる場合多いです。
Rigが、SDRとかでATTが入っていれば、帯域が広がって聞こえません。
A局のRigが、CW時に帯域が広がる場合は、A局の問題になります。
従いまして、繰り返しになりますが、双方の使用Rigの詳細が必要です。
投稿者:JA6WFM
はい、どうなんでしょうね?プリアンプONであったり、NBがONである場合もありますが、真相は?
投稿者:KG2A
まさか山の上でプリアンプONにしていたなんてことありませんよね
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ