2018/1/21

縄文の思想  Books

今日は、先週末に続いてゴルフ。
意外と寒くなくラッキー。
調子もまずまずで、今年は期待できる?

クリックすると元のサイズで表示します

本書は、新聞の広告で即ゲット。

まずは、著者の努力に脱帽。

縄文時代は、文献の記録がなく、以降著された神の物語か、遺された遺跡や風習から探るしかないのだが、それを、北海道から沖縄まで万遍なく調べて、まとめてくれたという感じ。

特に、縄文時代の名残は、九州以南と北海道、そして日本海側に見られるとし、海の民と結びつくという。
細かいこと言うといろいろあるのだろうが、たぶん大筋はそうなのだろうという物証も示される。
線刻、言葉の訛り、説話、発掘物等々。

縄文と弥生とは、違う時代という教育を受けてきた我々世代だが、たぶん当時の人々の自覚ないまま世の中が変わってきたということだと思うし、かすかな縄文の記憶が失われる時代に我々がいるという認識も新たにした。

戦前には、各地に縄文の風習が残っていたのだが、今見事に消えてしまった。
そういった記憶を残すために博物館があると思うのだが、見る人の興味がなければそれも限界がある。

記録に残る前の日本はいかにできて、その後以下に変遷してきたか。
今記録に残さなければ永久に忘れ去られるのではないかと思わせる1冊だった。
1

2018/1/20

タイゴルフツアー SIAM PLANTATION  Thailand・Vietnam・Phillipines

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、家で、雑事に従事。
ちょっとお墓参りに行ったら、蝋梅が。
蝋梅って、梅の仲間じゃないんだね。

クリックすると元のサイズで表示します

早くも最終日。
SIAMには、2年連続来たが、いずれも、伝統のOLDコース。
今回は、PLANTATIONコースだったが、こちらもトーナメントで使用された本格派。

クリックすると元のサイズで表示します

クラブハウスからの眺め。

クリックすると元のサイズで表示します

27Hで、それぞれ、PLANTATIONらしいコース名になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

熱帯。

クリックすると元のサイズで表示します

今回の3コースの中では、一番オーソドックス?

クリックすると元のサイズで表示します7

でも、フェアウエイ、グリーンともうねりが厳しい。

クリックすると元のサイズで表示します

花々が美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

遠くにパタヤビーチが見える。
今回は、行かなかったが、ベトナム戦争当時栄えた、歓楽街。

クリックすると元のサイズで表示します

厳しいコースが続く。

クリックすると元のサイズで表示します

ロングホールだが、右からでも左からでも。
本当は、左からが王道なのだが、真ん中に行ってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

パタヤの街が蜃気楼のように、浮かび上がる。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、またまた大満足。

クリックすると元のサイズで表示します

ラーメンと言っても普通じゃないのはわかるよね。
トムヤンクン。

クリックすると元のサイズで表示します

なぜか、オールドコースにもあったよね。

クリックすると元のサイズで表示します

創設者。
元々本業は?

ということで、3年連続、大満足のタイゴルフツアーだった。

1

2018/1/19

タイゴルフツアー NIKANTI  Thailand・Vietnam・Phillipines

クリックすると元のサイズで表示します

タイゴルフツアー二日目は、二カンティ。
最近できたコースとのことで、バブルと言われている。

クリックすると元のサイズで表示します

まず、クラブハウスが斬新ですばらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

朝食、昼食が、込みになっている。
全てが豪華で、キャディも、今回ツアーの中では、一番レベルが高かった。

クリックすると元のサイズで表示します

コースは綺麗だが、とにかく難易度が高い。
うねりまくっており、水とバンカーがにらみを効かせている。

クリックすると元のサイズで表示します

9H。
南国ゴルフを絵に描いたよう。

クリックすると元のサイズで表示します

厳しいショートホール。
どうすればいいのか。
グリーンを右に外せば、ラフがないから、必ず池に落ちる。

クリックすると元のサイズで表示します

なかなかこの美しいクラブハウスは日本にはないだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

グリーンを外せば、直接池。
池ぽちゃの場合、打ち直しはグリーン上。
もちろんワンペナだけど。

クリックすると元のサイズで表示します

美しいけど、コースは、奥の細道。

クリックすると元のサイズで表示します

終わってから、ちょっと近隣観光。
サナームチェン宮殿は、あえなくリノベ中で、クローズ。
ラーマ6世の宮殿だったという。

クリックすると元のサイズで表示します

そして訪れたのが、プラ・パトム・チェーディ。
高さ120.45mの巨大な仏塔。
3世紀頃アショカ王によって作られた仏塔が始まりというが。

クリックすると元のサイズで表示します

この立像は、ミャンマーのに似ているような気もするが。

クリックすると元のサイズで表示します

仏塔の周りには、様々な仏像が祀られているが、日本で見たことのないポーズも多い。

クリックすると元のサイズで表示します

東南アジアらしいデザイン。

クリックすると元のサイズで表示します

量感が凄い。
よく手入れもされている。

クリックすると元のサイズで表示します

仏塔を取り巻く回廊。
二重になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

涅槃像。
立派。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、またまた満喫。
このビルは、バンコックで最も高いビルになるという。
それにしても、このデザインは、斬新。
1

2018/1/18

タイゴルフツアー AMATA SPRINGS  Thailand・Vietnam・Phillipines

年初のタイゴルフツアーの振り返り。
3年連続となった。
泊まりのホテルも3年連続。
私見では、タイのホテルは極めてリーズナブル。

クリックすると元のサイズで表示します

そして、最初のプレイは、アマタ。
なかなか地元民でも取りにくい。

クリックすると元のサイズで表示します

工業団地の隣にあるが、立派に作られている。

クリックすると元のサイズで表示します

かつて、タイの血を引く、タイガーウッズもプレイした。

クリックすると元のサイズで表示します

クラブハウスからの眺め。
すばらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

コースの雄大かつ変化にとんでおり、本当に楽しくプレイできる。

クリックすると元のサイズで表示します

バンカーよりは、水の方が気になったかな。

クリックすると元のサイズで表示します

コースの周りにも池が多かったし、たぶん元湿地帯なのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

うーん、なかなか厳しい。

クリックすると元のサイズで表示します

名物の17H。
浮島グリーンで、かつては、台風で沈んだこともあるという。
奥のたてものは、ファウンダーが作った美術館。

クリックすると元のサイズで表示します

人工の浮島で船で行くしかない。
かつて、台風で沈んだことがあるという。
構造上、必ず、コールオンすることになる。

クリックすると元のサイズで表示します

唯一ワンオンしているのは、私のボール。
と言っても、ここから3パット!

クリックすると元のサイズで表示します

最終ホールも美しい。

クリックすると元のサイズで表示します

ここで、いつもプレイできるとすれば、幸せだ。
日本では、気候的に無理。
1

2018/1/17

是方博邦 ROCK UNIT  Music

クリックすると元のサイズで表示します

今日は、コットンクラブ。
是方博邦さんとROCK UNITということだが、杉山清貴さんがボーカルで入り、コーラスも2名加わり、すばらしいユニットによる公演になった。

クリックすると元のサイズで表示します

最初は、コアメンバーの3人による演奏。
クリーム?
そして杉山さんが加わってからは、懐かしの洋楽ばかり。
ジャーニー、TOTO、スティヴィー、S&G、ベサメムーチョ、ビートルズ×2などなど。
コアメンバーも凄いけど、杉山さんのボーカルも凄い。
思いもかけず懐かしの学芸会コンサートになった?

是方さんは、ギターを弾き始めてから50年というから今何歳?

もう20年近く続けているユニットとのこと。
次回も楽しみ。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ