鶏口となるも牛後となるなかれ

2017/4/16

篆刻工房 希夷斎のトップページです。  

篆刻工房 希夷斎

       秋も深まる中、いよいよ一週間前に迫ってまいりました。
希夷斎個展「希夷斎の奇異祭」
が10/23(月)〜28(土)まで時間AM10:00〜PM6:00(初日は13:30から・最終日は16:30迄)
日本橋の小津和紙ギャラリー
にておかげさまで開催の運びとなりました。ここ一年ほど準備に追われましたがようやく形が整いました。ご高覧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。m(__)m

今回、遊印百選の展示即売(一万円均一)や蠅頭印般若心経分刻印譜(限定十部 二万円)など特価での販売、また作品集「希夷斎篆刻刻字作品集」やDVD「希夷斎の手仕事」(いずれも千円)の販売も予定しております。余陳として、学生時代から現在に至るまでの三十余年間の総数二万顆に及ぶ手控え印譜など、できるだけ実物を手に取って観ていただけるように工夫します。また表具や製本(般若心経分刻印譜など)、印箱制作など全て私自身の手で手掛けた、業者に頼らない私希夷斎一人が手塩にかけたモノづくりの全貌を展示させていただきます。また希夷斎推奨の萌古石(今回の蘭亭印などに使用)の販売も致します。
会期中は全日在廊しております。お暇な折ありましたらおみ足お運びいただければ幸甚です。
このはがきをプリントアウトしてお持ちいただければ、当日小津和紙1F店内での和紙製品が5%引きにてお買い求めできます。ご友人などもお誘いあわせの上♪
m(__)m

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.ozuwashi.net/
和紙問屋として創業360年を誇る、和紙の老舗中の老舗。全国有数の和紙を手掛け、多種多様な和紙販売、ギャラリーはもとより、和紙資料館、日本画と和紙の照覧展示など、和紙の一大テーマパークのような場所です。
国内外への和紙の発信基地としても重要な役割を持つところで、
希夷斎個展を見なくても、十分楽しめる素晴らしい場所です。



新印材「萌古石」販売絶賛発売中!売れ行き好調。材質高評価です。

希夷斎の手仕事

その他の仕事

雅印見本 

ギャラリー1

ギャラリー2

刻字ギャラリー9/23new!

印の価格表

印のご注文フォーム

希夷斎のブログ10/15new希夷斎個展案内up!


リンク

臨書のブログ

希夷斎書作展(第一回書の個展の模様) 

めーる iwanami-k@mtf.biglobe.ne.jp
最近メールが当工房に届かない、あるいは当工房の返信が届かないという事案が多発しております。当工房ではメールを頂いたら一両日中には必ずご返信申し上げますので、もし三日以上当工房からの返信が無い場合には、お手数ですが、下記にご連絡いただけれは幸いですm(__)m

kiisai762783@docomo.ne.jp
gonichi_i@yahoo.co.jp 
iwanamigon@gmail.com
←(Gメールアカウントからの送信はこちらに)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
萌古石再入荷。販売を開始いたしました!
販売サイトはこちら→新印材萌古石
          

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します

お待ちかね頂いた方も沢山いらっしゃるかもしれません。
内モンゴルより、品切れ中だった萌古石がなんと今回12,000顆あまりが名古屋港に届きました。今回はあまりに数量が多いため、当希夷斎には荷を入れることが出来ず、出資元の友人会社、尾洲工業株式会社の倉庫に並ぶことになりました。
今月11日〜14日までの4日間で12,000個全てを希夷斎が責任を持って一顆ずつ品質検査をし、割れや砂釘のあるものを抜いて安心できるものだけを残しました。

今回の輸入は0.6p角〜3.0p角までの小型のものを多数揃えたともに、展覧会作品用の版型石材を6cm角から5mmごとに8cm角まで取り揃えました。厚みは1.5pの薄型サイズですので、価格も廉価になっています。粘りがあり皹が殆ど無いため薄い石板でも力を入れて刻しても割れたりしません。
また、先回の輸入時にはレートが1元12円だったのに対し今回は19円と1.6倍になりましたので、価格上昇はやむをえないのが残念ですが、品質は希夷斎が自信をもってお奨めできます。
彫芸公司の李社長には大変丁寧かつ繊細に仕事をしていただきました。
希夷斎がひとつひとつ目を通しているので不良品は殆どありません。
皆様のご用命御待ち申しあげておりますm(_ _)m

特別セール!

希夷斎推奨「萌古石」8分(2.5p角)のみ在庫多数のため値下げいたしました。高校の篆刻授業教材などには最適です。この機会にどうぞよろしくお願い致します。


萌古石試刀感想はここ→モンゴル石
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ