2017/8/12

麦仕事完了。  農舎オガッサ

いままで手作業でやってたんだけど、とってもおいつかないぞ、、というわけで、電動モーター付きの唐箕を買ってしまった。穀物の量が増えるにつれて機械が増えてしまう。

おかげさまで、ようやく麦仕事が終わったのだった。刈り取りからどんだけかかっとんだか、、、。

小麦は今年醤油を作るぶんは確保できたので、来年はもうちょい他のことにも使えるように増やしたいなっと。

あとは大豆の出来だけだ!

クリックすると元のサイズで表示します

2017/8/11

蒸しナスのお味噌汁  お味噌汁復活員会

お味噌汁復活委員会 
https://www.facebook.com/misoshirusoup

41杯目 2017年8月11日

テーマ: 夏のお味噌汁の工夫
「蒸しナスのお味噌汁」

お味噌汁の具にナスが入るようになってきますと「夏が来たなぁ」としみじみ感じます。

ナスは毎年この時期、実家の畑で大量に採れるので、煮たり、焼いたり、蒸したり、漬けたりと、ほぼ毎食何かの形で食べています。特に蒸しナスは皮を剥いて縦に切って蒸すだけで、大量に作り置きができるのでよく作っています。冷蔵庫で冷やしておいたものに、おろしショウガと鰹節をのっけて醤油をまわしかけて食べるのが好きなのです。

蒸しておいたナスを出汁に入れて沸騰させ、味噌を溶き入れるだけで、簡単にお味噌汁ができるのも良いところです。しかも、生からナスを煮るよりもとろとろ感が出て喉越しもいいんですね。これにもおろしショウガと鰹節をたっぷり入れていただくのが夏らしくて好きなのです。

裏技の裏技ですが、市販のめんつゆがなかった時代、農家の夕食などは朝に作って残ったお味噌汁を、そうめんやひやむぎにぶっかけていただくことが多かったと昔を知る方に聞きました。特にこの蒸しナスのお味噌汁は麺ととっても相性が良くておいしいんですね〜。

****
「蒸しナスのお味噌汁」
出汁:昆布水
具材:蒸しナス
味噌:手前味噌
吸口:おろしショウガ、鰹節

クリックすると元のサイズで表示します

2017/7/23

土用干し  農舎オガッサ

いつの頃からか、梅は昨年に塩漬けしたものを干している。

特にこだわりがあってやっているのではなくて、数年前に干すタイミングを逃して一年放置してしまったから。

でも、なんとなくよく漬かっていい気がして、一年塩漬けの梅干しにしているのだ。

今年からハウスができたので、安心して干せる場所ができたので、どんどん干すのだ。

昨年は30キロ漬けちゃったので、この写真で半分の量。まだもう一回戦ある、、、。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ