renaissancejapn@aol.com

2010/1/11

日ユ同祖論とDNA  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します
Geographic map showing the Frequencies of the DYS199T(Blac),the DYS199C(open),and YAP+(grey)alleles in the 20 Asian and nine New world samples in the survey


このグラフは、アメリカの形質人類学誌(American Journal of Physical Anthropology)に、1977年に掲載された「Y染色体の印を持つ者とベーリング海峡からの分散(Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispersals)」という論文にある図を紹介したものですが、半円の黒の部分がY染色体のDNA塩基配列で、YAP+という特殊な塩基を持っている人の割合を示し、

日本人男性の約42%がYAP+の特殊な塩基配列を持っています。 このYAP+は、アフリカ、地中海沿いの中東からイタリア南部、アルタイ、チベット、インド洋のアンダマン諸島、エスキモー、アメリカのネイティブインディアンに特徴的に見られるもので、何と近くの中国、韓国の人々にはほとんど全く見られない遺伝情報です。


"Y Chromosome Markers and Trans-Bering Strait Dispers"
http://www.familytreedna.com/pdf/Karafet_et_al.1997.pdf




Y染色体のDNA塩基配列の国際的分類法(YCC2002)によるAからRまでの18種の大分類のうち、Alu配列と呼ばれる約300個の特定の塩基配列(YAP+因子)を持つのはDグループとEグループのみであり、DグループとEグループはおよそ5万年前に分化した近縁グループであります。

そのうち、Dグループが相当な頻度で存在するのは、日本とチベット、インド洋のアンダマン諸島のみで(日本で30〜40%、アイヌと沖縄ではさらに頻度が高く、チベットでは約30〜50%)

他方、Eグループが相当な頻度で存在するのはアフリカと地中海沿いの中東からイタリア南端にかけてのみであります。  

すなわち、Y染色体にAlu配列(YAP+因子)を持つ者が相当頻度で存在する地域は、アフリカと地中海沿いの中東からイタリア南端にかけてと、チベットと日本のみであり、日本人のY染色体の30〜40%については、DNA塩基配列が近縁関係にあるものは周辺国等にほとんどなく、チベットやアフリカや中東のY染色体と近縁関係にある事が分かっています。


クリックすると元のサイズで表示します
Y染色体の亜型分類

クリックすると元のサイズで表示します
D2(YAP+,D55)の分布と日本人男性のY染色体DNAの構成



このように、YAP+の分布は、中国・韓国・モンゴルなどではほとんど見られず、アジアでは日本とチベットに特徴的なもので、日本の中でもアイヌと沖縄に多い事からも、日本先住民(縄文人)の特徴であるといえましょう。


DNAからは、科学的に様々な事が分かり、PCR(ポリメラーゼ連鎖反応)法が発見されてから、ヒトのゲノム(30億塩基対)のような非常に長大なDNA分子の中から、自分の望んだ特定のDNA断片(数百から数千塩基対)だけを選択的に増幅させることができ、しかも極めて微量なDNA溶液で目的を達成できるので、男系子孫にのみ伝わっていくY染色体の情報から、人種のルーツの祖先を正確に辿れるようになりました。

同じく、祖先を調べるのに、ミトコンドリアで調べる手法もあります。 これは、子供(男子も女子も)は母親からのミトコンドリアDNAのみを受け継ぐもので、母親の祖先を調べるには有効な方法です。 ちなみに、日本人の母親のルーツは、16人の母親で、トルコ、バイカル湖西部周辺、チベット、中国、台湾、東南アジアなどがいるようです。  


一方で、Y染色体は父親から息子のみ(男系)でしか遺伝してゆかないので、日本人の父親のルーツを辿る事が出来ます。 しかしながら、前述の如く、Y染色体のYAP+では、中国や韓国など近くの周辺諸国にはいないというのは、どう理解すれば良いのでしょうか。



クリックすると元のサイズで表示します
Y染色体の亜型分化   


この図は、京都大学の崎谷満先生が分析したY染色体の亜型分化で、人類はアフリカ固有のA・B型、そしてアフリカを出た現生人類は大きく分けて3つのグループ(CD・E、FR)に分けられ、なんとこの3つの系統が同じ地域に分布しているのは、日本列島だけで、世界的にも珍しいケースであるようです。  


これは何を意味しているかといえば、日本の地理的条件が、ユーラシア大陸の東の端に位置し、現在のロシア、モンゴル、中国、韓国、東南アジアから容易に移動してくる事が出来、また東端の島国である事から、日本列島には様々な人種や文明・文化・習慣が素通りすることなく終着点となり、混在することが出来たという事、そして大陸のように大きな戦乱や、敗北した側の民族が絶滅に追いやられる事もなかったと考えられます。  また、温暖で海の幸、山の幸に恵まれ、島国であったため他国からの脅威も無かったことも幸いしたと考えられます。


そういう意味では、日本は民族だけではなく、世界の文明・文化の坩堝であるという、世界的にも珍しい国であるといえます。


イスラエルのアミシャーブ(失われたイスラエル十支族を探索し帰還を促す機関)が日本に注目しているのは、このYAP+の遺伝子を持つ男性が分布しているところは、シルクロードに位置し、既に失われた十支族の末裔がDNAや文化・習慣ともに一致し、見つかっているからだとしています。

アミシャーブによれば、アフガニスタン、パキスタン、カシミール、中国、ミャンマーなど各地に、10部族の末裔が現在も住んでいることが明らかになったと報告しており、特にビルマのシンルン族はマナセ族の末裔で、既に一部はイスラエルに帰還しているといいます。  

また、チベットも羌岷(チャンミン)族は、一神教を信仰し、部分的に戒律に従い、ユダヤ起源の伝承も多く、第一神殿の時代の犠牲を捧げる習慣があり、チベット系民族の羌(タングート、蔵人)は、384年に後秦を建国し、その末裔が朝鮮半島から「秦氏」として日本にやって来たともされています。  さらにチベット近辺には、シンルン族(メナシュ(=マナセ)族)、カレン族、チャンミン族という10部族、特に、マナセ族の宗教・伝統を今もなお継承している民族が存在していることが明らかにされています。


しかしながら、彼らが日本に渡ってくる際には、必ず中国や朝鮮半島を渡ってきた筈ですが、何故にY染色体のYAP+の痕跡がなくなってしまっているのでしょうか?  Y染色体は父から息子への男系でのみ遺伝子してゆくので、YAP+のグループは争いに敗れ、一族の男子は殺され、日本に逃れてきたのと、繁殖力がYAP+は弱いという事が考えられます。  今でも中国によるチベットやウィグル民族の浄化(チベットやウィグルの男子を片っ端から殺し、漢民族の男性を送り込み強制結婚させる)が行われています。  大陸では、四方を敵に囲まれているので、相手を威嚇するためにも、とことん残忍な手段を用い、負けた側の民族絶滅を図り、男子が徹底的に殺されたら、敗北した側の民族のY染色体は無くなります。 裏を返していえば、それだけ徹底した虐殺が行われてきた地域である事を証明しているのかも知れません。



中国政府によるチベット侵略と弾圧
http://www.youtube.com/watch?v=r98JZpDZGcU&feature=related
チベットだけでは無い、中国の侵略と弾圧
http://www.youtube.com/watch?v=7MO87zOUaRg&feature=related
中国政府にレイプや拷問された多くの女性(画像)
http://photo.minghui.org/photo/images/persecution_evidence/E_wuju_300_1.htm



日本に、Y染色体のYAP+を持った男性が多いのは、YAP+を持っている人たちが支配者階級であった事を意味していると考えられ、日本の伝統文化、神道や天皇家の伝承などを見るかぎりにおいては、天皇家はきわめてエフライムとしてのイスラエル性が高く、今後の調査に期待したいと思います。



クリックすると元のサイズで表示します
失われたイスラエル十支族

クリックすると元のサイズで表示します
日本神話の神武天皇と旧約聖書のエフライム族 系図と話が全く同じ


天皇家 と エフライム族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/262.html
Ten Lost Tribes of Israel in Japan? Biblical Japanese Festivals? (1/2)
http://www.youtube.com/watch?v=ulwxNUVFWrs&feature=related
Ten Lost Tribes of Israel in Japan? Biblical Japanese Festivals? (2/2)
http://www.youtube.com/watch?v=xEF8YO73PVA&feature=related




次に、アメリカ大陸のネイティブ・インディアンの男性にもY染色体のYAP+が多く見られる顕ですが、これは比較的説明しやすいものがあります。  結論から言えば、アメリカ大陸のインディアンやインカ帝国を築いたのは、古代縄文日本人であるからであります。  一見、トンデモ説に聞こえるかもしれませんが、最近では正式に認められています。

アンデスから発見された2体のミイラのDNA鑑定を行ったところ、これらのミイラが成人T細胞白血病に関連する稀少なウイルスに感染している事が分かりましたが、このウイルスは、現在おもに南西日本とチリの一部の地域でのみ見つかるウイルスで、両地域の関係を強く示唆するものでありました。

しかしこのウイルスの感染が現代人の移動によりもたらされた可能性も拭いきれなかったのですが、このウイルスが、1500年ほど前の物と思われるミイラから発見された事により、ウイルスが現代人の移動により感染したのではない事が明確となり、この研究が発表された権威ある「Nature Medicine」によると、ウイルスに感染した古モンゴロイドが、1万年以上前に南米に進出したと考えられています。

10,000年以上前に、鹿児島で大きな火山噴火があり、その雲が日本国中を覆い、作物がまったく採れなかった時期がある事が地層の研究が分かっており、古モンゴロイドの縄文人が、ベーリング海峡ルートと、南太平洋ルートでアメリカ大陸に渡った事が最近の研究で分かっております。


この痕跡は、太平洋の孤島バヌアツや南米エクアドルからは次々と縄文土器と思われるものが発見されており、中でもバヌアツで発見された土器は青森で製作された正真正銘の縄文土器である事が確認されています。

エクアドルで発見された、アメリカ大陸最古に属するバルディビア土器は、その文様の形態が縄文土器そのものであると、スミソニアン協会のエバンス博士等は主張しており、ワシントンDCのスミソニアン博物館には、縄文土器とバルディビア土器を比較したコーナーがあり縄文人が太平洋をわたった可能性が指摘されています。 


クリックすると元のサイズで表示します 
スミソニアン博物館に比較展示している、縄文土器とバルディビア土器


また、愚かな日本メディアでは、中国から漢字が輸入されるまで、日本には文字が無かったと主張していますが、日本には神代文字やヒエログリフもありますし、何より中国の歴史書「随書倭国伝」の中の倭人の風俗に、縄文字についての記述があります。

この縄文字は「随書倭国伝」にもあるように、古墳時代以前からあるのもで、沖縄においては戦前まで使われていたというから驚きです。  実は、この縄文字も縄文土器や巨石文化とともに、日本からアメリカ大陸に伝えられたとされ、インカ帝国でも縄文字が使われていました。


クリックすると元のサイズで表示します
沖縄の縄文字(藁算)

クリックすると元のサイズで表示します
インカ帝国の縄文字(キープ)


縄文字の主な使用目的は双方とも、歴史の記録や手紙などに使用したのではなく、物品の種類や数を記録すると言う、いわば経理処理に使用されました。 インカでは16世紀後半、住民や資源の実態調査のためスペイン人官吏がアンデス山脈を駆け巡りましたが、情報集めはいたって楽だったらしく、キープ・カマヨックと呼ばれる地方の名士がキープによる住民台帳を保持していたからであります。

沖縄では島津藩による沖縄併合後の人頭税徴収などに、藁算は最大限利用され、キープと藁算の唯一の違いは、キープは縄の色までを含めて情報源とした事だが、使用目的はまったく同じといってよく、このように同じ使用目的を持つユニークな縄文字が、偶然2つの地域で別々に発生したとは非常に考えにくく、縄文人がアメリカ大陸に伝えたと考えられています。

また、日本独特の物と思われやすい綾取りや綱引きなども広く太平洋地域に分布している風習なのであります。


という事で、古代縄文人とアメリカのネイティヴ・インディアンやインカ帝国の末裔のDNAの一致は何ら不思議なものではありません。


また、あまり知られてはいませんが、世界最古の土器は1988年、青森県の大平山元遺跡で見つかった1万6500年前(縄文時代前)のもので、世界最古の漆製品は北海道南茅部町で発見された約9000年前(縄文時代)のもので、どちらも他の文明のよりも圧倒的に古いものであります。

さらに、世界最古の貝塚も昭和25年に、日本の三浦半島で発見された1万年近く前(縄文時代早期前半)のもので、自然への感謝の気持ちを込めて貝を埋葬したものであります。  死者の埋葬は他の動物には見られない人間だけの習慣ですが、まして人間以外の動物を埋葬する行為は文明の高さを表しています。 ちなみに、世界最古級の墓も、約2万年前の日本の大阪府藤井寺市のはさみ山古墳であるのはご存知でしょうか。  




おまけ情報として、世界最大の墳墓は大阪にある仁徳天皇稜で、486mx300mx35mの大きさを誇っています。(ギザのピラミッドは229mx229mx147m、秦の始皇帝陵は245mx340mx53m)、  仁徳天皇稜、エジプトのギザのピラミッド、秦の始皇帝陵の大きさを視覚的に比較するとこのような感じです。



クリックすると元のサイズで表示します
仁徳天皇稜 vs エジプトのギザのピラミッド vs 秦の始皇帝陵 の大きさ比較
[埴輪の数:仁徳天皇稜20,000基、秦の始皇帝陵8,700基(戦車100、陶馬600、武士俑8,000]



また、日本の埴輪にも古代イスラエルの痕跡を見ることが出来ます。  「みずら」と呼ばれる髪の結い方で、髪全体を中央で二つに分け、耳の横でそれぞれ括って垂らすものです。


クリックすると元のサイズで表示します
「みずら」と呼ばれる髪型をしている埴輪人形  

クリックすると元のサイズで表示します
正統派ユダヤ教徒の髪型 Payot


この特徴あるな髪型は、現代の正統派ユダヤ教徒にもよく見られ、ペイオト(Peyot)と呼ばれる風習で、旧約聖書のレビ記にも書かれ規定された風習です。

「あなた方の頭の鬢(びん)の毛を剃り落としてはならない」
                                   −旧約聖書 レビ記 第19章27節−






沖縄の与那国島にある海底遺跡は、約1万2000年前のものだという話もあり、日本も高度な古代文明があったのではないでしょうか。


クリックすると元のサイズで表示します


Lemuria / Mu - (2008 English edition)
http://www.youtube.com/watch?v=DgFCq14oWGA&feature=fvw
The mystery of Yonaguni underwater structure01
http://www.youtube.com/watch?v=CPCq3yo4SLc&feature=related
The mystery of Yonaguni underwater structure02
http://www.youtube.com/watch?v=rPxAmwENaQA&feature=related

与那国海底遺跡@
http://www.youtube.com/watch?v=vucFm2Ta3Uo&feature=related
与那国海底遺跡A
http://www.youtube.com/watch?v=0AL2IOu3GT8&feature=related
与那国海底遺跡B
http://www.youtube.com/watch?v=KgHj_qQ46WY&feature=related
与那国海底遺跡C
http://www.youtube.com/watch?v=J6pUSbm8iWw&feature=related
与那国海底遺跡D
http://www.youtube.com/watch?v=-zBovqyRSrE&NR=1




天皇家と失われたイスラエル十支族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/1041.html
イスラエル12支族 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/260.html
天皇家 と エフライム族
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/262.html
秦氏
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/413.html
秦氏 と 日本の中のユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/267.html
日本 と ユダヤ の良く似た風習 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/277.html
日本語 と ヘブライ語
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/276.html
言葉の社
http://www.sun-inet.or.jp/usr/hiro7733/public_html/word/word.html
1/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=00BP86cks4w&feature=related
2/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=4uVVrePl9e8&feature=related
3/3 Japanese are Jewish? Eng/Sub 日本とユダヤ
http://www.youtube.com/watch?v=xoowLHXVTvI&feature=related
相撲は古代イスラエルの神事だった
http://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8
1/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=REvxEdhheaQ&feature=related
2/2 Japanese curious SUMO "Jacob vs God" 一人角力(hitori-sumo)
http://www.youtube.com/watch?v=3DltTnBM0HU&feature=related


秦氏・日本とユダヤ文化
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate45/archive
日本の高度な科学技術
http://wave.ap.teacup.com/applet/renaissancejapan/msgcate6/archive?rev=1

33

2012/1/6  17:33

投稿者:日ユ同祖ということは
日本人には古代エジプト人の血も入っているということにもなりますね。

2010/1/11  9:55

投稿者:Nishitatsu1234
"諸説ある"という事のようです。

>縄文灯台-灯台実験と縄文語-

>"闇の日本史「数と形」卑弥呼は何処 九州編"

><a href=">縄文時代の地域的特性
----------------------------------

(4) 上野原遺跡の消滅
> 6,300年前に、九州地方に鬼界カルデラの大噴火の猛威が襲い、その恵まれた自然と、それによって育まれた縄文人の文化施設の全てを破壊尽くします。その後3,000年間に渡り九州地方の縄文文化の担い手は、歴史から姿を消してしまいます。それどころか九州地方は、その間無人状態になります。
> 鬼界カルデラは、鹿児島県 南方の薩摩竹島と薩摩硫黄島を陸上のカルデラ縁の一部とするカルデラで,噴火後そのほとんどが海中に沈みました。

> 縄文の早期初頭の異彩を放つ輝きは、九州地方では消滅しますが、南九州の文化を特徴づける丸ノミ形石斧と同系統の円筒型の磨製石斧が黒潮の流れに沿って、高知、和歌山、八丈島の各地の遺跡で発掘されています。大噴火後、かろうじて生き延びた人々が、ある者は陸路を九州中部、北部へと、又ある者は黒潮と共に日本列島各地へと広がっていき、その地域の人々に同化し、新たな縄文文化の担い手となっていったものと考えられます。
>この時、海洋民族たる南九州の縄文人の一部は、遠く南米に到達していたのではないかとも考えられ始めています。


http://white.ap.teacup.com/nishitatsu1234/

2010/1/11  7:59

投稿者:renaissancejapan
ニシタツさん、お久しぶりです。 20000〜25000年前に姶良カルデラが大爆発し南九州全体は厚い火山灰に覆われました。この火山灰はシラスと呼ばれ、遠く東北地方にまで降り注ぎ、11500年前に桜島大爆発し、鹿児島湾中央で爆発がおこり桜島が現れました。 この時の火山灰がサツマ火山灰、6300年前に鬼界カルデラ大噴火があり、アカホヤ火山灰です。  縄文人がベーリング海峡や南太平洋ルートでアメリカ大陸に渡ったのは10,000年以上前とされています。 もちろん、それ以後にも渡っていると思いますが。  http://www.geocities.jp/shifunku/feature/uenoha_3/ue_d01.htm

2010/1/11  6:02

投稿者:Nishitatsu1234
> 10,000年以上前に、鹿児島で大きな火山噴火があり、その雲が日本国中を覆い、作物がまったく採れなかった時期がある事が地層の研究が分かっており、古モンゴロイドの縄文人が、ベーリング海峡ルートと、南太平洋ルートでアメリカ大陸に渡った事が最近の研究で分かっております。

もう少し後の時代でしょう。

>"火山灰のカタログ"
----------------------------------

> 約6,000年前,氷河期以降の温暖化はピークに達します。過去1万年間で地球上最大規模の火山噴火とされる約6,300年前の鬼界カルデラの噴火は,アカホヤ火山灰を列島の広い地域に降り積もらせました。鹿児島県南部を襲った幸屋火砕流は植生や自然環境を大きく変えたともいわれ,根占町大中原遺跡では火砕流に埋もれた炭化木が発見されました。

http://white.ap.teacup.com/nishitatsu1234/

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ