renaissancejapn@aol.com

2010/4/10

Rothschild-3  マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド誕生  ロスチャイルド
クリックすると元のサイズで表示します
マイヤー・アムシェル・ロスチャイルド(1744年2月23日〜1812年9月19日)


ロスチャイルド財閥の祖、マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドは、モーゼス・アムシェル・バウアーの息子として、フランクフルトのユダヤ人ゲットーで生まれました。  生まれたときの姓名は、マイヤー・アムシェル・バウアーですが、父モーゼスが両替商の看板につかっていた紋章 「赤い盾」=ドイツ語「ロートシルト(Rot Schild)」=英語「ロスチャイルド(Rothschild)」 を家名に使い、ここから世界最大財閥ロスチャイルド家の歴史が始まります。

マイヤーが生まれた1744年は、欧州ではマリアテレジアの夫フランツ1世が神聖ローマ帝国皇帝に即位した年で、日本では、第11代将軍、徳川家斉(1773年-1837年)の時代と重なり、寛政の改革(1783年-1793年)があった頃のお話です。 



クリックすると元のサイズで表示します
マリア・テレジア (1717年5月13日〜1780年11月29日)  11歳の時の肖像画









------------------------------------------------------------------------













2


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ