renaissancejapn@aol.com

2006/6/15

天皇家の紋章  秦氏・日本とユダヤ文化
クリックすると元のサイズで表示します

これは、日本の天皇家の紋章(十六菊花紋)ですが、この図柄はメソポタミアの古代シュメール文明の最高神アン(天と光の神)の図柄とよく似ています。 もとは星の光をイメージし楔形文字で表したものであったと思われますが、この菊花紋(便宜上、以後こう呼びます)は、メソポタミア地域、エジプト、イスラエル、インドあたりで、神や王家の紋として使われました。 

現在、世界の王家の中で、菊花紋を紋章としているのは、日本の天皇家だけのようです。


イラン・イラク戦争の時、サダム・フセイン大統領が十六菊花紋の指輪をしていて、ヨーロッパの記者が、日本の皇室の物と似ているので尋ねたところ、フセイン大統領は「この紋章は、我が国の祖先が世界最古の文明を築いたシュメール王朝時代に用いていた、王家の紋章である」と答えられたようです。

では、メソポタミア、エジプト、イスラエルの遺跡から発見された、それらの紋章の写真を紹介したいと思います。


クリックすると元のサイズで表示します
この写真は、菊花紋と十字架が粘土板に描かれた、シュメール時代の物です。

クリックすると元のサイズで表示します
これはBC1200-BC600年頃にメソポタミア地域を支配した、アッシリアの黄金神盃に刻まれた菊花紋です。 盛り上がった頂上のところに菊花紋があります。

クリックすると元のサイズで表示します
これはバビロニアのイシュル門に描かれた菊花紋

クリックすると元のサイズで表示します
これはエジプトの、ツタンカーメン王の墓から出土した、青銅器製の菊花紋

クリックすると元のサイズで表示します
これはユダヤのヘロデ王(BC47−AD4年統治)の石棺ですが、菊花紋が彫刻されています。 彼は、ヘロデ王家の創始者となった人物で、イエス・キリストが生まれた時のユダヤの王様です。


そしてこれは、ユダヤ人の嘆きの壁で有名な、エルサレム宮殿のヘロデ門上部にある菊花紋の彫刻です。

このように、世界でこの地域と日本にだけ、神や最高権力者が菊花紋を使っているというのは非常に興味深いことであります。

また、菊花紋だけでなく、シュメールや古代バビロニアには、日像鏡、月像の首かざり、武神のシンボルである剣という三種の神器がありましたが、日本の三種の神器と同じです。 日本の天皇家に伝わる三種の神器は、鏡、勾玉(三日月?)、剣であります。
さらに一致を見るのは、日本神話では8つの首を持つヤマタノオロチを退治したときに得た草薙の剣であるのに対し、シュメールでも7つの首を持つ竜を退治したときに、三種の神器の剣を得ているところです。

日本語は世界の中で極めて珍しい孤立言語とされています。 母音調和の観点から、ウラル語、アルタイル語族にあてはめるのが一般に知れ渡っていますが、どの辞書で調べてもらっても分かりますが、ウラル語、アルタイ語族に含まれる事を証明する事は不可能に近く、日本語は未だに系列不明の孤立言語であるとされています。

日本語の大きな特徴に、語の格を示す為の語尾変化ではなく、〜は、〜に、〜を、〜に、〜で、とか助詞を付加する事から、膠着語に分類されていますが、シュメール語も膠着語であり、シュメール文字は子音だけでなく母音も記す事や、日本の漢字かな混じりのような同じ構造を持つことが分かってきています。 また、日本語のルーツが良く分からない原因の一つに、文法のルーツらしきところと、単語のルーツらしきところが違うので余計にルーツを辿るのが困難化しています。 

ご存知のように、日本語とヘブライ語の類似性はよく指摘されているところでありますが、古語で天皇は、スメラノミコトとかスメラのミカドと呼ばれており、何のことかさっぱり分かりませんでしたが、古代バビロニアのSumer(スメラ=シュメール)のMigut(ミグート、ミカド=天降る開拓者=神)と、視野をシュメールにまで広げると、何やら言葉の意味としても通じることが分かってきました。

シュメールの遺跡が発見され、楔形文字が解読されるようになったのは、未だ最近の事なので仕方がありませんが、解読が進めば古代日本の謎が解明されていく事と思われます。

既に以前の投稿で紹介しましたが、大洪水、ノアの箱舟伝説など、旧約聖書はシュメールの神話を参考に書かれていた事、またメソポタミアで本当に大洪水があった事、また天文学や星占いもシュメール、バビロニア文明が後にギリシアに影響を与えていたものであるという事まで分かってきています。 

私は、シュメールの文明や神話は、アレキサンダー大王の時代以降に、シルクロードを通り、既に日本に伝わってきていたのではないかと思います。 そして、シュメール、ギリシア神話が、日本神話や神社の原型となっており、最高の支配者であった天皇に、シュメール・ユダヤの最高権力者や神の名前からシステムまで、当てはめられていったが故に、これだけの共通点があるのだと思います。
178

2013/4/4  3:07

投稿者:aoya
アッシリアに北イスラエルが滅ぼされたとき、多くの人々がバクトリア地方に強制労働に送られた。その後、バビロニア→ペルシャ→アレクサンダーの支配の後にバクトリア王朝独立。バクトリア王朝が中国を植民地化するために軍隊を送り全中国を支配した。後に独立して秦の始皇帝となる。このバクトリア軍(秦軍)の中に十支族が多数いて、まず徐福と共に貴族の童子が日本に渡来する。秦滅亡の後、扶余→馬韓と南下した朱蒙の息子や孫呉から諸葛直に率いられて海路からやってきた渡来人にも十支族の末裔がいたと推測する。

2012/9/18  19:03

投稿者:あきら
太陽が光を放射しているようにも見えます。

2012/6/23  16:07

投稿者:佐藤 克己
日.ユ同祖論:天皇家は紀元前6.5世紀頃スメル文明
、アラム王国アッシリアに攻撃を受け動乱敗退時に(現
イラン、スサより)から日本に渡来してきたのではない
かと私も思います。又スサ王の尊が宮崎日向に上陸し高
千穂神社に救済宿営されたのではないかと思います。又
イラク、サダムフセインの菊の紋章はスメル王家の紋章
と思いますが、天皇家はフセインと縁戚関係かもね?天
皇家はアラム王家の末裔であり又当時のレビ族、家臣、
民を多くしたがえてシルクロードをとうり中国又は朝鮮
半島から海を渡り渡来したのではないかと思います。か
なりの資金がかかりますからね? 近年の遺伝子学でya
p.dnaでペルシャ人はde系統とされ日本人の50パー
がd型だそうです。イスラエル系ペルシャ人が先祖のよ
うですね、私もd型かも?  以上です。
 携帯電話 090-8947-7794 千葉市緑区高津戸町420-7
8

 

2011/11/11  18:43

投稿者:山本
シュメール人や中国人より先に日本人が存在していたのはあり得る事ですね。アメリカ先住民やマヤの人々と流れを同じくする縄文人の流れであると思います。アフリカのエジプト辺りから日本列島に辿り着いた遺伝子の流れであると思いますね。

2011/6/30  9:03

投稿者:くまさん
天皇家とユダヤの関係は、ケンペルのころから注目されています。日本に開国を求めたペリーも出航前に研究していたと思われます。ペリーの日本遠征記の中の日本人の由来を読めば、日本人は、10支族の一部とはっきり書かれています。特に上流階級の中に類似性があると指摘しています。

2010/9/11  19:29

投稿者:かつきはやと
最後のところのアレクサンドロス大王以降に西アジアの種々の言
い伝えやら家紋やらが日本に入ったというところに賛同します。
私個人は、それらを日本に運んだのは鳩摩羅什であったと思って
います。鳩摩羅什は409年に没したとなってますが、413年とい
う説もあります。そして、その413年は、高句麗の広開土王が没
した翌年であり、倭王の使節団が中国に朝貢しています。当時の
日本は大陸の高度文明を輸入することに力を入れてましたし、高
句麗の脅威をはねのけた直後ですから勢いに乗っていて、鳩摩羅
什を亡命させる力は充分にあったと思われます。鳩摩羅什にして
も、政情が不安定な中国にいるよりは、日本に来た方が安心して
暮らせたはずです。そして、鳩摩羅什は門弟3千人を誇る仏教伝
道の巨大組織を統御していました。その門弟たちの中にはヨーロ
ッパ人などもいたかもしれません。そもそも鳩摩羅什自身が中央
アジアのオアシス国家の王家の出身で、行方不明となっているユ
ダヤ人10支族の末裔であったかもしれません。サンスクリット
語を漢字に翻訳した高層ですが、その卓越した言語能力はユダヤ
人を思わせます。
私としては、斑鳩の里に住んでいた秦氏は、後秦から渡ってきた
鳩摩羅什の門弟たちの末裔だと思っています。

http://www010.upp.so-net.ne.jp/fruit-1/

2010/7/20  21:54

投稿者:ここ
日本人が世界に移動していったと言いたいわけ?
・・そんな、バカな話、信じているわけ?

2010/7/20  21:43

投稿者:ここ
>実はシュメール人よりも中国よりも、日本人の方が先に地球上に存在したらしいです

それはありえない!

2009/1/22  7:26

投稿者:ありす花
最近、この菊花紋について聞きましたヒラメイタ!

これは前世が三縄山の巫女さんで、今は伊勢でお宿をしている天女さんがお守り下さっている、とある有名な先生にお聞きした話です。

実はシュメール人よりも中国よりも、日本人の方が先に地球上に存在したらしいですヒラメイタ!

今から、発掘される遺跡などから判明するとおっしゃっていらっしゃいましたヒラメイタ!

日本は神様がこの地上に一番始めに降りた地で、世界地図も日本を見習って作られてるそうです*^_^*

ロシアあたりから展開すると、本当に北海道、本島、四国、九州、全部ありますよヒラメイタ!

全く日本と同じ形をしていますウッシッシ

そして、日本と世界地図はつながっていて、同じ場所で地震が起きますパー

分かりやすい所で言うと、仙台と中国はつながっていて。

中国で地震があると、仙台でも地震がありますヒラメイタ!

天照大御神様は、我々の先祖。

天皇の先祖。
つまりは我々、日本人のご先祖様なんですヒラメイタ!

なので菊花の紋章が日本から世界に文明が広がっていれば、もちろん各地にあるわけですヒラメイタ!

ちなみに日本にすんでいたのも、元々は人間ではなくて神様ですヒラメイタ!

人間が作られる前に、神様だけの時代が日本に存在したんですってヒラメイタ!

その後、ラルロ時代やら不完全な人間ができた時代があって、その後に縄文時代とか弥生時代とか人間の時代が始まるらしいですヒラメイタ!

菊花紋の、今からの遺跡に期待ですハート

2006/6/16  6:03

投稿者:Renaissancejapan
それでは、ロバート・ラングドン教授に調査協力をお願いして、おやじさんと、QMSSさんと、私で、「ダ・ヴィンチ・コード」に対抗して、ハリウッドに殴りこみにでも行きましょう。 映画のタイトルは「菊の御紋章」−天皇はシュメールに降り立った宇宙人であった− (笑)

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ