renaissancejapn@aol.com

2007/11/16

フリーメーソン-9  グラントリアン(大東社)  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
Philippe d'Orléans en grand maître du Grand Orient de France
フィリップ オルレアン公爵、グラントリアン(大東社)のグランドマスター



ロンドンにあった4つのロッジが合併してグランドロッジが出来たのが1717年6月24日ですが、この団体はまたたく間にヨーロッパ中に広がり、フランスでは1725年にパリで初めてのロッジが設立されました。 

1756年にド・クレルモン伯爵をグランドマスターとし、グランドロッジが創設され、1771年にド・クレルモン伯爵が亡くなると、ド・シャルトル公爵(後のド・オルレアン公爵、自称フィリップ・エガリテ=「平等のフィリップ」フランス革命を歓迎してつけた名前)がグランドマスターになると、フランスのフリーメーソンの改革・再編を目指す運動が起き、パリで新憲章を作成するための集会が行われ、1773年にはグランドロッジの廃止とグラントリアン(大東社)の創設が決定されました。

グラントリアン(大東社)の創設は、イギリスのフリーメーソンからの独立を目指したもので、オリアン(東)は太陽の昇方向としての「光」を意味し、「フランスを導く偉大な光」という期待をこめて名づけられたものです。   Grand Orient de France


ド・シャルトル公爵がグランドマスターになった時、フランスには104のロッジがありました。  その内訳は、パリ23、地方71、軍隊ロッジ10です。  1789年になると、パリ65、地方442、植民地に39など合せて600。  フランス革命の直前には、ロッジ数600、会員が2万〜3万人と一大勢力となり、宮廷・議会・軍隊・教会など、フランスのいたるところにフリーメーソンはいたと言われています。

このド・オルレアン公爵は、一見品性があり優しそうな顔立ちをしていますが、トンデモない悪党で、フランス革命を扇動した一人でもありました。   彼は、ルイ16世の妻、マリー・アントワネットの天敵としてよく知られていますが、首飾り事件をはじめ、イルミナティのヴァイスハウプトと組んで、ことごとくマリー・アントワネットを罠にかけてきた男です。


マリー・アントワネット
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/202.html
フリーメーソン-7  イルミナティ
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/597.html


ド・オルレアン公爵は、ルイ14世王の弟の家系に属する公爵でありますが、恐ろしいまでの陰謀を企てて、ブルボン家を滅ぼしてルイ16世の王位を奪おうという野心を持っていので、フランス革命は彼にとって絶好の機会であったのです。

一方で、キリスト教徒に迫害を受け、住むところも汚いゲットーに押し込められていたユダヤ人たちにとっても絶好の機会で、啓蒙思想とあいまり、世の中を変えようとしていたところでした。  実際、フランス革命の後、ユダヤ人たちは市民権を得る事になりました。

この政治権力に強欲なオルレアン公爵を利用しようと目をつけたのが、イルミナティのヴァイスハウプトであります。  そして、女を使い快楽に溺れさせ、1780年になると、オルレアン公爵は、ユダヤ人金貸し業者に80万ルーブルの借金を負わされるようになってしまいました。

もともと、貴族出身の彼は金銭感覚には疎く、放蕩かつ無節操を続けるために、ユダヤ人金貸し業者が支援してくれる話に簡単に乗ってしまい、オルレアン公爵の宮殿、土地、屋敷、及びパレ・ロワイヤルを抵当にする契約にサインしてしまい、ここにオルレアン公爵は完全にイルミナティのユダヤ人ヴァイスハウプトの手中におさまってしまったのです。


クリックすると元のサイズで表示します
パレ・ロワイヤル


イルミナティは、スペイン系ユダヤ人コデルロス・ド・ラクロを任用し、オルレアン公爵の財産を管理させ、その頃ド・ラクロは有名な「危険な関係」をはじめ、ポルノまがいの小説作家として名を売っていました。  そして、愚かなフランスの民衆はこれに喝采を浴びせ、極端な不道徳を公然と擁護していました。


クリックすると元のサイズで表示します
コデルロス・ド・ラクロ


パレ・ロワイヤルは民衆に開放され、猥褻写真のギャラリーやポルノ図書館ができ、堕落した淫らな性的なショーを行う劇場となり、史上最悪の悪名高い宮殿となってしまい、敬虔なカトリックのフランス人の宗教心、公徳心を徹底的に破壊する作戦が練られ実行されてゆきました。

そして、1789年7月、弁護士カミーユ・デムーランは民衆に向かい「武器をとれ!」と煽動し、フランス革命の最初のデモ行進はこのパレ・ロワイヤルから始まりました。 その翌日に絶対王政の象徴であった監獄バスチーユ襲撃事件が起こり、フランス革命へと発展していくことになります。

あろう事か、同じ親族であるルイ16世の処刑投票に、彼は平然と賛成票を投じ、ルイ16世は処刑されました。  イルミナティに、十分に利用されたオルレアン公爵は1793年11月6日、ルイ16世に遅れること10ケ月、マリー・アントワネットの処刑から1ケ月もたたないうちに、彼も処刑されてしまいました。  彼の子供が、七月王政のルイ・フィリップであります。

フランス革命で使われた標語 「自由」 「平等」 「博愛」 が、フリーメーソンの標語と同じであったことや、フランス革命を扇動したオルレアン公爵が、フランスフリーメーソンのグラントリアン(大東社)のグランドマスターであったことから、フランス革命はフリーメーソンが起こした革命であると言われていますが、

フリーメーソンという組織自体が、独自の思想や主張があるわけではありません。 実際、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教など、どんな宗教を持つ人でも、フリーメーソンの会員になることができます。

また、フリーメーソンは様々な思想を包み込む寛容なものであり、テレビもラジオもない18世紀には、貴族や上級市民がサロンで、啓蒙主義や科学主義といった最先端の話題を語り合っていたコミュニティセンターのようなものに過ぎず、

過激なフランス革命は、フリーメーソンの皮をかぶり、世間を欺きとおしたイルミナティにより引き起こされたものであったと、私は考えています。





-------------------------------------------------------------------------










7


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ