renaissancejapn@aol.com

2008/7/8

フリーメーソン-126  フリーメーソンとは何か-1  天文学的考察  フリーメーソン
クリックすると元のサイズで表示します
黄道十二星座と春分点


人類最古の文明は、シュメール文明で、牛を家畜化し、農業を始めたのもシュメールが最初です。 彼らは高度な天文学の知識を有していました。 天体は季節や太陽の位置を教えてくれる正確な時計といえ、天文学はシュメールからバビロニア、そしてエジプトやギリシアに伝わってゆきました。  




地球は、自転・公転・歳差運動をしておりますが、歳差運動とは地球の軸が地球の赤道面が黄道面に対して約23.4度傾いているために、自転軸がコマの首振りのように回転している運動です。 


クリックすると元のサイズで表示します


この歳差運動のため、地上から見ると、星空が定期的に回転しているように見え、春分点・秋分点が黄道に沿って少しずつ西向きに移動します。

春分点とは、分かりやすく言えば、春分の日に、どの位置から太陽が昇ってくるかという事で、地球の歳差運動のために、それぞれの時代で、太陽が昇る位置の星座が決まります。  歳差運動の周期は約25800年で、春分点はこの長い期間をかけて、黄道十二宮の星座を西回りに、ゆっくりと移動します。 すなわち、一つの星座に25800年÷12=2150年春分点は位置することになります。


クリックすると元のサイズで表示します


シュメール時代には、この春分点が牡牛座の位置にありました。  また、北斗七星や、牡牛座のプレアデス星団(すばる)の7つの大きく輝く星も、7という数字がメソポタミアや西洋でのラッキーナンバーに影響しているものと思われます。 シュメールの最高神アンは、二本の牛の角を持っており、これがインドに伝わり牛は神聖なものとなりましたが、このプレアデス星団(M45)の七つの輝く星が、牡牛座にあるのも興味深いところです。


クリックすると元のサイズで表示します
牡牛座にある プレアデス星団 (昴)


シュメール文明 天文学と数学
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/240.html


この時代に、牡牛が信仰されたのは、圧倒的なパワーや、農業に欠かせない家畜としての重要性から、神様に感謝したものと思われますが、牡牛は生産生殖の神として、中近東を中心にインドにも広まりました。

カナン(イスラエル)の地に、ヘブライ人(ユダヤ人)が入植したときに、既に信仰されていたのが、牡牛を概念化したバール神で、ユダヤ教と様々な摩擦を生みました。 ユダヤ人が入植する前にカナンの地に住んでいたのが、海洋民族のフェニキア人で、カナンの地に住んでいた彼らの事をパレスチナ人とも言います。  

後にローマ帝国と戦ったカルタゴは、このフェニキアの植民地で、長男を生贄として殺す野蛮な習慣も、フェニキアとカルタゴは同じであります。  旧約聖書で、ヤハヴェがアブラハムの信仰を試すために、長男のイサクを生贄に捧げるよう命じるシーンがありますが、

この部分の元になった文書は、紀元前750年頃にできたものでありますが、その頃、イスラエル王国の北隣のフェニキアでは、一家の長男を赤ちゃんのときに焼いて神に捧げる習慣が実際にあり、このような痛ましい習慣がイスラエルに伝わって流行したので、それをやめさせる為に、アブラハムの献児の物語が創られたと言われています。 


アブラハムの献児
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/210.html


生殖の神「バール」に対する信仰はセックスに対して解放的であり、厳しいユダヤ教とは決定的に相容れないものを持っており、その為ユダヤ教では「バール」を全否定の対象にし、バール神の像などは徹底的に破壊されました。

ユダヤ人が、カナンの土地に入植するまで、長く神として信仰の対象であった「バール」は、ユダヤ教によって悪魔の烙印を押されたのであります。  しかし、風俗、習慣として生活に密着し、感覚的に理解し易い「バール」信仰は滅びることなく、形を変えて人々の間に定着していき、当時の交易ルートにのって既に世界各地へと「バール」信仰は飛び火しており、今日、牛頭の姿をとる神、怪物、魔人等はすべて「バール」の影響を受けているといっても過言ではありません。  そして、その「バール」信仰の東の終着点が日本で、「バール」は、我が国では「牛頭」と呼ばれ、恐怖の対象として知られています。

地獄の物語に良く登場する「牛頭・馬頭」の「牛頭」のことで、地獄の番人であり、地獄に落ちた死者を責め苛む役を担っています。 鬼は、牛の頭に、虎のパンツをはいた怪物で、これはバール神と、十二支を時計の時刻にあてはめ、子(0時)、牛(1時)、虎(2時)、卯、・・・ と、深夜の1時から2時の真っ暗闇の恐怖と掛け合わせたものであります。


天文学の春分点に話を戻すと、シュメール文明・メソポタミア文明の約BC4500年〜BC2000年頃までは、春分点の位置は牡牛座にあり、約BC2000年〜紀元0年頃までは牡羊座にあります。  

これは、時代が牡牛から羊(ユダヤ教)に変わっていった事を意味し、モーゼがシナイ山に上り、ヤハヴェから十戒を授かり、山を降りると、人々は黄金の牛でできた偶像をつくり、信仰しようとしたのに、モーゼは激しく怒り、黄金の牛を叩き壊しましたが、これはまさに牡牛の時代との決別を象徴するものであるのです。


アロンと黄金の牛 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/315.html


羊はまさしくユダヤを象徴するものであり、旧約聖書の歴史的検証を行うと、



---------------------- 旧約聖書の歴史的検証 ----------------------------

創世記(旧約聖書)の歴史的検証
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/259.html


ヤコブ(イスラエル)とラケルの間に生まれたヨセフが、兄達に奴隷としてエジプトに売られてしまいますが、いくら優秀で容姿端麗のヨセフでも、よそ者のイスラエル人がエジプトの総理大臣になる事は考えにくい事ですが、実は1891年にナイル川東岸のアマルナで発見された「アマルナ文書」や1906年にトルコの首都アンカラ近くのボガズキョイで発見された「ボガズキョイ文書」によって、紀元前2000年から紀元前1200年頃にかけて、小アジア・シリア・エジプトで複雑な民族移動があったことが判明しており、その中にヒクソスと呼ばれるセム系民族がいたことが明らかになっています。


奴隷に売られたヨセフ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/248.html
エジプト人、ポティファルに買われたヨセフ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/249.html
誘惑されるヨセフ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/250.html
監獄の中のヨセフ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/251.html
ヨセフによるファラオの夢の解き明かし  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/252.html
ヨセフと兄弟たちの再会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/253.html
ヨセフとベニヤミンの再会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/254.html
エジプトに移住したヤコブ一家
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/255.html


古代パレスチナに定着したセム系遊牧民族のヒクソス(エジプト語で、よその土地の王という意味)が、紀元前1730年頃から1580年頃までエジプトを支配していた時代があった事が明らかになっていますが、これはヨセフがエジプトに居た時代(紀元前1700年頃から1600年頃)とほぼ一致するので、ヨセフが同じパレスチナのセム族であるヒクソスに優遇されたと考えれば納得できる話となります。

ヨセフを頼って、エジプトに移住してきたヤコブ(イスラエル)一族ですが、旧約聖書にもあるように、最初はたいへん優遇された身分でした。

ところが、モーゼの時代になると、イスラエル人は奴隷として働かされてしまいます。
これは、紀元前1580年頃ヒクソスが倒され、エジプトはアーモセス第18王朝の時代に入り、この時からよそ者であるイスラエル人(ユダヤ人)は迫害を受け、奴隷の身分に落とされたからだと思われます。


ヤハウェ と モーゼ -1
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/283.html
ヤハウェ と モーゼ -2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/284.html
ファラオ と モーゼ -1 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/285.html
ファラオ と モーゼ -2
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/287.html


モーゼの時代は、紀元前1230年頃とされていますが、これは新エジプト王国時代(第18〜20王朝)で、有名なツタンカーメン王(第18朝ファラオ)やラムセス2世(第19朝ファラオ)の時代にあたります。  おそらく、モーゼの時代のイスラエル人たちは、アブシンベル神殿や物資貯蔵の町ピトムとラメセスを造らされていたのだと思われます。


エジプト脱出 (紅海でのモーゼの奇蹟) 
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/304.html



--------------------------------------------------------------------------


いずれにせよ旧約聖書に書かれているユダヤ教の時代は、約BC2000年からイエスキリストが生まれる紀元0年頃までの話です。


そして、イエスキリストが生まれる紀元0年頃から、春分点は双魚座に移動し、魚がシンボルマークのキリスト教の時代に入ります。  2008年現在はまだ双魚座です。


新約聖書を読むと、やたらと2匹の魚の話がでてきます。  2人の漁師の話、奇跡で2匹の魚と5つパンで5000人の飢えている人々を満腹にした、etc.


パンと魚の増加教会
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/415.html



これは、ギリシア神話で、美の女神「アフロディテ」とその子「エロス」がエリダヌス川(=エリダヌス座)のそばを歩いていたら、そこに怪物「テュポン」が現れ、驚いた2人は「魚の形」になって、離ればなれにならないように、ひもをつけて逃げた、という話からきたものです。


ここで、キリスト教について、我々が理解しておかなければならないのは、聖書はイエスキリストの弟子たちが書いたもので、その後の教義やキリスト教文化というものは、ローマ帝国が帝国内の人々を支配するための道具に、イエスキリストを利用したものであります。

ディオクレティアヌス帝のキリスト教迫害命令から、わずか10年後のAD313年に、コンスタンティヌス帝が「ミラノ勅令」を出して、キリスト教を公認しました。  この背景には、ローマ帝国の政治的腐敗に嫌気がさしていたローマ市民にとっては、ローマ帝国がキリスト教徒を迫害すればするほど、彼らに同情し、キリスト教徒は増加し、もはやキリスト教徒を敵に回しては、ローマ帝国を治めることが出来なくなっていたからです。

しかしながら、キリスト教が認められる前に、広範に流布した宗教はミトラス教で、キリスト教とローマ帝国の国教の地位を争ったほど優勢な宗教であった為、まだ信者が多く、ローマ帝国が人々を治めるには、従来から続いてきたミトラス教の風習も大事に受け継ぐ必要がありました。  彼らは、太陽信仰をしており、冬至を大々的に祝う風習があり、ゾロアスター教の大天使・ミトラの誕生日である12月25日にお祭りをしていたため、これをやめるわけにはいきませんでした。

そして、ミトラス教とイエスキリストの教えは融合されてゆき、イエスキリストの誕生日は12月25日と決めたのは、コンスタンティヌス大帝であります。


実は、地中海沿岸の各地で従来から、12月25日を祝っていたのですが、何故12月25日なのでしょうか。  これも全て、天体観測から来ています。  

ご存知のように、太陽は東から上り、西へと沈みますが、その高度は夏に高く、冬は低くなり、冬至で太陽の南中高度は最も低くなり、1年の中で昼は最も短くなり、夜が最も長くなります。 そして不思議なことに、12月22日、23日、24日と3日間、一番低い位置で留まり、25日からまた太陽の位置は高くなっていきます。  すなわち、これが太陽の死と復活で、世界各地にある太陽信仰の神話のモデルとなっています。  また、この太陽が死ぬとされた3日間は、太陽は南十字星の近くに位置し、これがキリストの死と十字架を結びつけるものとなっています。


クリックすると元のサイズで表示します


すなわち、これがキリストの3日間の死と、復活(蘇り)なわけです。 これは、キリスト教のみならず、太陽信仰をしている地域では、同じ話がいたるところで伝えられています。 例えば、BC3000年のエジプトのホルス神は、擬人化された太陽神であり、彼の人生は太陽の動きを表す神話として語り継がれました。 
 


ホルスは12月25日に生まれましたが、母親は処女のイシス。 誕生のさい東の星が現れ、三人の王がその星をめぐり誕生した救世主に贈り物を捧げました。  12歳で天才少年教師と呼ばれ、30歳でアナプという存在に洗礼され牧師として活動を始め、ホルスは12の使徒と共に旅をし、病を治し水の上を歩いたりなどの奇跡を行い、ホルスは様々な別名で呼ばれました。   例えば「真実」「光」「祝福されし神の子」「良い羊飼い」「神の子羊」などであります。  テュフォンに裏切られたホルスは十字架に掛けられ三日の間、理葬され、そして復活します。


一方、イエス・キリストは処女マリアから12月25日、ベツレヘムで生まれ、東の星が彼の誕生を示し、三人の王がその星をめぐり、誕生した救い主を見つけ出し贈り物を捧げました。 12歳で教師となり、30歳でヨハネに洗礼され、彼の牧師活動が始まりますが、イエスは12の使徒と共に旅をし、病を癒し水の上を歩き、死者を蘇らせるなどの奇跡を行いました。  彼の別名は「王の中の王」「神の子」「世の光」「アルファとオメガ」「神の子羊」などなどであります。  そして、ユダに裏切られ、十字架に掛けられて、墓に入れられ三日後に復活し天に昇ります。



いかがでしょうか、ホルス神とキリストの話はあまりに似すぎていて、キリスト伝説はエジプトのホルス神のパクリである事がわかります。 これは、古くから伝えれる神との整合性をとっておかなければ、混乱が生じ、人々を治める事ができなくなってしまうからです。



また、フリーメーソンの 「 全てを見通す目 」 は、エジプト神話の、 「 ホルス神の目 」 であります。


ホルスの目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/590.html
全てを見通す目
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/589.html


また、 「 蘇 」 という漢字をよく見てください。  これはイエスキリストの復活伝説が中国に伝わりできた、再生や復活を象徴する漢字です。  くさかんむりは、イエスキリストがかぶらされた茨、そしてキリスト教を象徴する魚、そして木でできた十字架で構成されています。


蘇生
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/471.html


信心もなく、クリスマスをお祭り騒ぎする我々日本人ですが、クリスマスツリーの天辺にある大きな星が何なのか、知る人はあまり多くはいないと思います。  


クリックすると元のサイズで表示します


これは、ベツレヘムの星で、キリストが誕生の時に輝いていた星で、東方の三博士がこのベツレヘムの星をみて、ユダヤの王となる赤ん坊をエルサレム、さらにベツレヘムにまで、イエスキリストを礼拝しにきたのです。


クリックすると元のサイズで表示します
彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、
ついに幼子のいる場所の上に止まった。 (マタイによる福音書第2章9節)


新約聖書では、この三人の学者たちを、「 東方からのマギ 」 と呼んでいますが、マギ
とは、聖職者階層の賢者、占星術師たちの事です。  占星術と聞くと、何やら怪しげな気がしてしまいますが、前述しましたが地球の歳差運動の周期が25800年である事を知り、星座と春分点の位置関係まで計算していた彼らの天文学のレベルは高く、占星術が古代の時計であり、カレンダーであった事を思えば、星の位置関係から、次に何が起こるか、かなり正確に予測していたのではないかと思います。


冬の空で、目立つ大きな星座はオリオン座ですが、オリオン座にある三つの星は明るいことから、昔から三人の王と呼ばれており、この三つの星を直線で結んだところに、おおいぬ座で、大きく光る星シリウスがあります。  さらにこの直線を延ばし、地球の地平線と交錯する位置(南東方面)から、12月25日に太陽は昇ります。  


クリックすると元のサイズで表示します


すなわち、ベツレヘムの星(シリウス)に案内されて、東方の三博士(オリオン座の三人の王)がやってきたのが、キリストが誕生する(太陽が昇る)場所、ベツレヘムであったと言う事です。  これが、太陽信仰を行う西洋の各地で、太陽神が25日に誕生する物語になっており、後からイエスキリストも12月25日に誕生したと決められたのです。


古代の人々は、2150年に一度、春分点の日に太陽は十二宮の異なる星座の上で昇る事を知っており、2150年の間を時代と呼びました。


BC 4300年 〜 BC 2150年  牡牛座の時代
BC 2150年 〜 AD  0年 牡羊座の時代
AD  0年 〜 AD 2150年  双魚座の時代
AD 2150年 〜 AD 4300年  水瓶座の時代


そうして、春分点(春分の日に太陽が昇る位置)が双魚座の位置にくる紀元0年頃に、魚のシンボルであるイエスキリストは誕生するのです。 

今日ではジーザス・フィッシュ(Jesus Fish)やクリスチャン・フィッシュ(Christian Fish)とも呼ばれているイクトゥス ( ichthys ichtus ΙΧΘΥΣ ) は、一筆書きで書いたような、魚を横から見た形に描いたシンボルですが、これを初期のキリスト教徒は、隠れシンボルとして用いました。  


クリックすると元のサイズで表示します


映画(DVD)で、Quo Vadis(クォ・ヴァディス)を観られた人もいるかと思いますが、ローマ帝国のネロ皇帝の時代に、隠れキリスト教徒たちが、仲間である合図として、砂の上にイクトゥスを描いていたのを思い出します。

ちなみに、イクトゥス ( ΙΧΘΥΣ )=ギリシア語の魚 とは、ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ ΣΩΤΗΡ (ギリシア語でイエス、キリスト、神の、子、救世主)の頭文字を並べたものであります。



現在、我々は双魚座の時代にいますが、AD 2150年には、水瓶座の時代に入って行きます。   


双魚座の時代も終盤を迎え、水瓶座の時代に入ろうとしている時代に、フランス革命やアメリカ独立など歴史的大事件が起こっていますが、フリーメーソンの影が常に付きまとっており、

人権宣言や1ドル札にもフリーメーソンのシンボルマークである 「全てを見通す目」 が描かれております。


クリックすると元のサイズで表示します
フランス革命 人権宣言

クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ1ドル札 

クリックすると元のサイズで表示します
アメリカ合衆国初代大統領 ジョージ・ワシントン



占星術で水瓶座のキーワードは、フリーメーソンと同じ 「自由」 「平等」 「博愛」。 


そして、水瓶座は革命と独立をシンボルとする、天王星を守護星として持っており、既存の価値観から解放され、新しい価値観を構築して行く時代であります。



       アクエリアス・エイジ(水瓶座の時代)
        New World Order (新世界秩序)




「 都へ行きなさい。 すると、水がめを運んでいる男に出会う。 その人について行きなさい 」
              イエス・キリスト     - 新約聖書 マルコの福音書 第14章13節 -

           


クリックすると元のサイズで表示します



フリーメーソンとは何か  まとめ  
http://wave.ap.teacup.com/renaissancejapan/770.html







-------------------------------------------------------------------------













14

2011/9/12  22:40

投稿者:mem
つい最近、こちらの記事にコメントをしたものですが、あれは私の質問が少しおかしかった事に気付きました。
大変失礼しました。

ところで、Renaissancejapanさんは日本人として日本を愛しておられるように感じましたが、同時にイスラム教への侮蔑、イスラエルへの賛美、NWOを支持しているように見受けられました。

私が知る情報などネットで調べたりしたものに過ぎないのですがNWOについては世界の人口を調整し、選ばれし民以外は奴隷にするという目標があるそうです。

私の勘違いだったらよいのですが、もしNWOを支持するお立場であるなら、なぜ支持するのか理由を知りたいのです。
もしこのコメントを読まれて、NWO支持派で理由を記事にしてみてもいいかなと思われたら宜しくお願いします。もちろん、無視していただいても結構です。
ちなみにこのコメントは承認していただかなくても構いません。長々と失礼致しました。

2008/7/12  20:17

投稿者:Renaissancejapan
天皇が戦争に関与していたかどうか論じるのは馬鹿げています。 敵国と戦争しているのですから、どの国でも上から下まで参加しているのは当たり前なわけで、自国民が殺されているときに、我関せずという指導者のほうが罪は深いでしょう。 戦争に関与したから犯罪ではなく、勝ったか負けたか、だけの差なのです。

2008/7/12  16:11

投稿者:yy
それとレバレッジと資金の匿名性がさらに
庶民を苦しめていると思います
現物の何倍も毎日取引できるというのは
おかしいと思うのですが
紙幣、貨幣と同じでないものをある、あるものをないとして取引できるのはどう考えてもおかしいです
肝心の現物埋蔵量や収穫量、現在保有量など
正確なデータはどうやってとっているのでしょう?
それと信託例えばトラストだのマスターだの
ナッツクムコだの資金のでどころと資金裁量権者が
よくわからないというのはとても危険だと思うのですが・・・いつ振り回されても犯人がわからないのはとても気味が悪いです

2008/7/12  15:57

投稿者:yy
あ・・・あんまりテーマと関係ありませんね
ごめんなさい
このテーマの話はどこかに動画があったような・・・
それにしても何千年も前から庶民はインチキ宗教に
騙されて権力者の犠牲になってますね
イスラム、ユダヤ、キリスト教はみんな兄弟宗教みたいなもんですしね
でも一番流行っている宗教は 紙幣、貨幣教 ですね
錬金術は実は実現していたんじゃないかと思うわけです
昔は金と交換しますというわけでまだ?ましでしたが今となってはただの紙切れにいつなってもおかしくないですねFRBも彼らのものですし

2008/7/12  15:48

投稿者:yy
戦後天皇家の資産ってどうなったんでしょうかね
日本国に寄贈ってのは表向きでスイスの銀行に隠されたよ説
戦後復興に使われたよ説
GHQ(国際金融資本財閥)が没収し工作資金になったよ説
とかいろいろあるけど本当はどうなんでしょうか
管理人さんは天皇家を批判していませんが
実際に天皇が戦争遂行作戦指揮をとっていたという
話もありますが・・・
難しいですねぇこの問題は
時代が時代ですし・・・でも多くの庶民が本当の
戦況を知らずに犠牲になったのは事実で、
今でもバブル崩壊とか庶民が犠牲になってることからある程度自衛しておく必要がありますね

※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ