はじめまして  ごあいさつ

クリックすると元のサイズで表示します

はじめまして、混声合唱団トニカです!

福岡市を中心に活動している混声合唱団です。

ベテランから初心者まで、また会社員から主婦・学生まで、合唱の好きな老若男女が集まっています。

【お知らせ】


現在は第30回記念定期演奏会に向けて鋭意練習中です!!
第30回記念定期演奏会は11月19日(日)14時開演 @FFGホールです!
プログラムはこちら!



練習は毎週月曜日19:30〜21:30、場所はパピオビールームで行っています。
⇒詳細はこちら

見学・体験は随時受付中!経験者はもちろん初心者も大歓迎です。
私たちと一緒に、うたいませんか?
ちょっとでも興味を持たれた方は
tonica912☆gmail.comまで(☆を@に変更をお願いします)
お気軽にご連絡ください。お待ちしています!
59

第30回定期演奏会プログラム  ごあいさつ

混声合唱団トニカ
創立40周年第30回定期演奏会

2017.11.19 sun
FFGホール(旧福岡銀行本店大ホール)
開場13:15 開演14:00

=====================================================
T受け継がれる島々の歌 
指揮 稲永恵子

無伴奏混声合唱による「コルシカ島の2つの歌」信長貴富:編
・Diu vi Salvi Regina(神があなたを守り給いますように)
・O Barbara furtuna(ああ、なんと酷な運命か)
混声合唱のための「八重山・宮古の三つの島唄」より 松下耕:曲
・狩俣ぬくいちゃ
・安里屋ユンタ

Uトニカのお気に入り♪ 
指揮 稲永恵子 ピアノ 野中陽子

混声合唱のための「うた」より
・翼(武満徹:詩・曲)
川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」より
・鳥が(川崎洋:詩/新実徳英:曲)
アイルランド民謡より
・My Gentle Harp  (Thomas Moore:詩/Alice Parker:編)
「恋の骨折り損」より
・When DaisiesPied亜(Shakespeare, Peele:詩)
混声合唱とピアノのための「新しい歌」より
・一詩人の最後の歌 
(Hans Christian Andersen:詩 山室静:訳/信長貴富:曲)


Vコーラスメドレーアルバム「レ・ミゼラブル」
指揮 完戸真人 ピアノ 吉冨淳子
Herbert Kretzmer:詩/Claude-Michel Schönberg:曲
完戸真人・吉冨淳子:編
・Opening(オープニング)
・At the End of the Day(一日の終わり)
・I Dreamed A Dream(夢やぶれて)
・Master of The House(宿屋の主人)
・The Robby(強奪)
・Stars(星よ)
・Red and Black(レッド・アンド・ブラック)
・The People’s Song(民衆の歌)
・A Heart Full Of Love(心は愛に溢れて)
・Drink with Me(共に飲もう)
・Bring Him Home(彼を帰して)
・On My Own(オン・マイ・オウン)
・One Day More(ワン・ディ・モア)
・The Victims(犠牲者たち)
・Empty Chair at Empty Tables(空の椅子空のテーブル)
・Finale(フィナーレ)
=====================================================
皆様のご来場をお待ちしております。
0

トニカ、踏ん張りどころ  ごあいさつ


お久しぶりです。混声合唱団トニカは定期演奏会に向けて準備、練習に大忙しの日々を送っています。

連休の真ん中に台風が直撃、交通機関が止まったので貴重な休日練習が1日なくなってしまいました。

連休の最終日。
16:00〜22:10の長時間ぶっ通し練習でした。
前半はOB・OG合同練習。定期演奏会では第2ステージになります。
第二ステージは「 トニカのお気に入り♪」
と題して、過去のトニカの定期演奏会の中から、うたいたい曲をセレクト!


混声合唱のための「うた」より
・翼 (武満 徹:詩・曲)
川崎洋の詩による五つの混声合唱曲「やさしい魚」より
・鳥が (川崎 洋:詩/新実 徳英:曲)
アイルランド民謡より
・My Gentle Harp (Thomas Moore:詩/Alice Parker:編)
「恋の骨折り損」より
・When Daisies Pied (Shakespeare , Peele:詩)
混声合唱とピアノのための「新しい歌」より
・一詩人の最後の歌   (Hans Christian Andersen:詩)
 山室 静:訳/信長 貴富:曲)


となっております。
英語日本語、緩急入り混じって彩り豊かなステージ構成です。
本来アンサンブル向けで歌われるような曲を、50人近くで合唱しようとしているので、合わせるだけでも一苦労、練習回数もすくないのでものすごく集中力が要ります。

定期演奏会では、トニカなりのメッセージを載せて皆様へ届けられるよう、後2ヶ月頑張りたいと思います。

後半はレ・ミゼラブルの演奏演技練習でした。最近は団員の衣装がだんだんと揃ってきて、練習のときの集中力がすごいです。
歌唱中に移動する、それぞれが表情・仕草などでコミュニケーションをとるなど、相変わらず難易度は高いですが、合唱だけでは音楽が突き詰められないことを改めて実感しました。

コーラスの良さを生かしたステージにできるように頑張っていきたいと思います。



2




AutoPage最新お知らせ