2008/10/19  14:09

打ち上げ脱走  日々雑記

一昨日の話ですが。
倉敷までちょっと行ってきました。大学の同僚の先生と。
週頭が修羅場だったんで、無性〜に脱走気分になりまして…ま、お手軽日帰りコースって事で。
と云うか、一番の目的は、今年一杯で閉園するチボリパークへ一度は行っておこう!だったのですが、そこはそれ、脱走気分の荻原ですから(苦笑)、目的とは別にやはり楽しみはランチ&土産でございます。
倉敷の町をそぞろ歩きつつ、土産を物色しつつ、蔵を改装した某ホテルのレストランで地場産品を使ったフレンチランチ。瀬戸内なので肉ではなく、オードブルもメインもとことん魚。
いや、美味しかったですvv 最近のフレンチは昔ほどバターギトギトじゃないのが有難い(バター苦手…嫌いではないんですがバター&生クリームのソースがダメ。総じて多分、牛の油系に弱いんだと思います)。
そしていざ、チボリパーク。
実はチボリパークって、ちょっと思い入れがあるんですよ。
昔々、家にあった 10 冊セット百科事典の美術辞典(確か 10 巻目)にチボリパークのイラストマップが載っていて、子供の頃おおよそ遊園地の類に連れて行って貰えなかったので、その公園図に入れ込んでいたという…。
世界初のテーマパークってのもあってすごい憧れてたというか。勿論それは、本家本元のデンマークのチボリなんですが。
それが日本にできたってんで、何時か行くぞ〜と言って早 10 年、敢え無く閉園ですか…。じゃあ一度は行かなくっちゃ!です。
ま、行ってみて、閉園になるのも道理な気がしました…う〜ん、なんで日本ってテーマパークに無理からアトラクション(コースター系の遊具とか)作りたがるのかなぁ?
正直、そんなに広くは無い敷地なんですよ。くるっと回ったら「あれ?もう半周しちゃったの?」と云うぐらいな。でもアトラクションは作ってる。きゅうきゅうと。
折角の緑の立地が台無し。
もっとこう庭園メインで、緑も増やして、質のいい彫刻とか置いて、建物もペラじゃなくそれらしく作って、芝生広場でも取って、家族が1日緑の中でまったりピクニックできる設計にしなかったのかなぁ。
アトラクションなかったら、設備維持費も節約できるから、もう少し安い入園料でのんびりできる…気がしたのに。
下手なレストランもいらないから、もっと向こう屋台風のものがあれば嬉しい。
方向性としてはハウステンボス・デンマーク版。
閉園後あの場所がどうなるのかは謎ですが(赤字かなり抱えているみたいだし)、庭園とか残して市民の憩い公園とかできたらいいのになぁ…きれいに整備されるんだったら有料でも人は和みに行くと思うよ。
その方が元来のチボリパークに近いんでは…と思ったり。
ま、県外の野次馬なので好きなことを言っちゃってますが、ディズニーリゾートは幾つも要らないって事ですね。


クリックすると元のサイズで表示します 取り敢えず、アンデルセンさんでした。
 人魚姫のレプリカもあったんだけど、
 ちょっと小さめ…
 そして池のあちこちに泳いでいるフェイク鴨、
 正真正銘のデコイ達がとっても哀愁だった気が…。




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ