2009/6/15  5:41

構える程のものじゃない  日々雑記

えっと、去年(!)ヤフオクで落として、落としたことに安心してずっと見ずに放置していた LotR(ロードオブザリング)エクステンデッドエディションをようやっと見ました。
映画館では全作見てるし、エクステンデッドもレンタルで見てるんで、何か、ゆっくり見ようと云うか余裕のあるときに見たいと云うか…そんな感じでちょっと構えていたのですが。
結局原稿修羅場中に、「ええい、今流してる DVD も飽きてきた!何か別のないか!」とばかりに引っ張り出して、そのまま長時間上映開始。
全部2枚組み(本編だけで全6枚。他のおまけ DVD 6枚は流石にまだ手をつけてはいません…こっちこそ本当にゆとりがないと見られないわ〜)なんで、ディスクの入れ替えが面倒なこと(また、いいとこで切れてるんだもんなっ!)。
映画館で見たときも思ったけど、「絶対に有り得ねぇ〜」(何百年に一度、上がるかどうか分からない狼煙のためだけに、山の上に狼煙守が居るってのが)と思いつつ、狼煙のシーンはとても好きです。あれはニュージーランドの勝利だな。
そして、何回見ても、片手に杖片手に剣で大立ち回りするガンダルフ、最強!
王様完全にかすんでます。
原作ファン(自分もだけど)にはとかく色々突っ込まれてますが、取り敢えず誠意を持って向き合ってはくれていると思ってますよ。いや、美的感覚が日本人とは微妙〜にずれたとこにあるかも?と思うこともあったけど、でもあれだけ『世界』を映像化してくれたら、それはそれでいいかと。
荻原はキャラクターでは作品を見ない奴だ、と自分でも思います(笑)。
そして、修羅場で流すなよ、これ (>_<) とセルフ突っ込み。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ