2009/6/21  22:30

天国と地獄  日々雑記

そんなものを交互に味わいながら、行って帰ってきました、最果て花の浮島旅行。
トラベルの語源はトラブルだった…そんな事を思い出し。

とにかく、交通機関が(主に関空発着飛行機便)遅れまくりまして…まず、行きのリムジンバスが中々やってこなくてはらはらし、何とか集合時間までに辿り着いてやれやれ、と思った関空では…何と1日1往復しか運航していない稚内直行便が来ない!出発 10 分前になっても来ない!
どうした !? 全○空 ??? と思っていたら、1時間 50 分遅れ、とのアナウンスが…!
ここで、添乗員&ツアー一同パニック。だって、着いたら最終のフェリーで礼文島へ渡る予定だったのよ?それに乗れなかったら、当然礼文島1泊目は流れて行って、急遽稚内で泊らないといけなくなるし、ツアーの売りの一つ、島最高級のホテルが泡と消えるわけで…多分旅行会社的にもドタキャンになったら保障が超痛かったんでしょう。
フェリー会社と必死の交渉、全日○からも必死のお願い、をしたらしく、何とか、ぎりぎりまで待って貰えることに。
そして、普段、飛行機がいかにエコ運航に腐心してるかがよく分りました、今回何と、遅れを取り戻すために高速航行!元来2時間 10 分のフライトを 20 分強短縮!速かった!
と言っても、フェリーはかなり待たせたわけで、当然先に乗船しているお客衆が「お前らが遅らせたんかい !?」とばかりに痛い視線を送ってくる中、文字通りタラップ横にバス横付けでダッシュ乗り込み。
後日、添乗員さん曰く、「一等客室の予約だったので待って貰えました」
島のバスガイドさん曰く、「あのフェリーは待たないので有名なので、奇跡ですね」
運がいいのか悪いのか…???
因みに、元来の予定では、稚内に着いたらまず宗谷岬観光する予定だったのをすっ飛ばしたので、北海道最北岬到達証明は貰えませんでした。

天国の方は、6月に入って初めて晴れた(と云うぐらいずっと雨雨曇りだったそうです)との事で、とにかくお花畑に無事行けたことと、晴れた御蔭でエゾバフンウニの初漁にあたって(解禁日は1日だったけど、天気が悪くて漁ができなかったとか)、初物にありつけたこと。
これまた、6月になって初めてくっきり見えたという利尻富士を拝めましたし、3日目に雨は降ったけど幸い撥水コートでしのげる程度で、傘をささずに過ごせた!と云うのは、荻原的にはここで運を使い果たしたような快挙で。

やっぱり運を使い果たしていたようです…帰りは利尻島から千歳へ飛行機で飛んで、乗継で関空へ、だったのですが…関空便やっぱり遅れ……30 分待ち。
帰りのリムジンバスに乗り損ね、別ルートでの帰宅を余儀なくされました。
ほんっと、浮き沈みの激しいツアーでしたね〜〜
てか、超結果オーライ?
一応、高山植物のお花畑ハイクをやって、獲れたての雲丹を食す!のが目的だったから、目的は達成された。雲丹、絶品だったよ。4食ぶっ続けで雲丹がついてきた(しかも1食は雲丹丼)御蔭で、不届きにももう雲丹はいいです、と云う状態だったし…いや、今日向こうから送ったのが届いたので、また食べましたけど。
お花畑も、ガイドさんによると、今が一番いい時期だそうです。個人的にはもう2週間ぐらい後か?と思っていたのですが、今が一番種類が多いとかで。


クリックすると元のサイズで表示します
桃岩にて…
チシマフウロ・レブンキンバイ・センダイハギ・シャク

クリックすると元のサイズで表示します
仙法志にて…
エゾカンゾウ・オオハナウド

そして今回のソフトクリーム…は、昆布ソフトとハマナスソフト&熊笹茶ソフト(MIX)でした〜段々キワモノになってる?(いや、美味しかったですよ!)
運動量が多かったせいで、体重・体脂肪率ともに変動なし。これが一番の結果オーライかも。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ