2010/3/15  16:52

春遠からじ  日々雑記

本当は、2月末に妙〜に暖かい日が続いたので、春に5歩ぐらいは近付いている気もしますが、奈良では、東大寺二月堂のお水取りが終わってようやく春。
1ヶ月続いた行も本日がひとまず終了です(何か、完全に終わるのは18日ぐらいらしいんですが)。
で。
この1ヶ月間しか製造販売しない究極の生和菓子があるんですね、奈良には。
行事の中で造花の椿を作る(由来は長くなるので割愛…興味ある方はネットで検索して下され)、その椿の花を模した和菓子。
いやぁ、10年ぶりぐらいで食べました。
因みにこの椿の和菓子は、奈良の老舗和菓子屋ではあちこちで販売しているのですが、元々の椿『のりこぼし』の名前を使える(商標にしている)のは一店で、多分このお店が元祖。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

はぁぁ…しみじみと美味しゅうございました(勿論抹茶付きvv)。
4月は桜のお菓子が一杯出るんだろうなぁ…。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ