2019/6/24  12:16

5へー、ぐらい  日々雑記

最近、生ビーツ(加工していない生野菜)が店頭に出るようになったので、見つけたら「やった!本格的にボルシチ作れる!」と購入したりしているのですが・・・
変わったビーツを見かけたことから、思わず検索したところ、
ビーツってアブラナ科(蕪系)じゃなかったのね!!!
が判明してびっくり。
見かけがああだから、何の疑いもなく蕪の仲間だと思っていました。
ほうれん草の仲間だったんだ〜〜言われてみれば、ほうれん草の根元の赤い所、甘みがあってちょっと土臭い感じの……味そっくりです!(どこかのサイトに、ほうれん草の根っこが膨れたと思って下さい、と書いてあった)
5へー。
そういえば思い出しました、荒川氏の百姓貴族で、ビーツの苗を新人の営業さんが貰って帰って後日「おひたしにしたら甘くて美味しかった!」と感動していた、みたいなネタがあった…まぁ基本ビーツなので根を使うのが作っている農家の常識なんでしょうが、葉っぱ甘いよはほうれん草としては間違っていないかもw

因みに変わったビーツは「渦巻きビーツ」
…これでボルシチ作ったら色付きが今一だった >_< ;;
断面の渦々がきれいなのでどちらかといえば煮込むよりサラダ用途のようです。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ