2020/8/29  12:45

ゴホンといえば・・・  日々雑記

最近大分状態はよくなったのですが、元々気管支炎持ち※ で、何かのはずみで咳の発作が起きると30分ぐらい止まらないことは度々ありました。
 ※但し原因は逆流性食道炎で気管が灼けたせい。12年前ぐらいに発症してからの付き合い。
咳の発作が起きる人は経験あると思いますが、咳って止めようとするとますますひどくなって、結果止まらなくなるのよね。

結構気温差なんかで咳やらくしゃみやら出やすいので、今の時期だと、暑い外からクーラーの効いた店内に入ったりすると覿面でねぇ・・・
ちょっと喉に引っ掛かった感じがする→ゴホン→の後の周りの視線が結構痛い今日此の頃・・・
マスクしてるから!!ちゃんと!!
違うのこれは、気温差で出ちゃってるの!鼻の粘膜も弱いの!!
と心で叫んでいます。
春先の花粉症バッジの気持ちがよく分かるわ。
これから米科の花粉が始まるから花粉症持ちの人は大変だなぁ…バッジとか活用してね。
というか、マスクして気を付けて生活してて、しわぶき一つで白い眼を向けられるのって、辛い時代すぎるよね。
と言いつつ、この間から2回ぐらいコンビニとかスーパーで、大学生ぐらいの男子集団が誰もマスクつけずに大声で話しながら買い出ししてる現場に遭遇して、思わず白い眼を向けてしまいました;;
店が迷惑するからやめなはれ;;;

2020/8/25  17:54

意思疎通とは  日々雑記

とにかく今回のコロナ禍で色々な面の遠隔対応を迫られて、そういう狭い日常範囲ですごく自分の本性みたいなものが出ているという実感はしていますが、それとともに意思疎通ができないケースが大量に発生していて・・・。

いや、意思疎通できないというか、すれ違いのケースというか。
目の前で会話していたり行動していたりすると「あれ?伝わっていない?」というのが判別できてその場で補正できるんですが、一方的な通信だとそれができないので、いざというときに「伝わってねぇーーー」となる。
今日はね、タイヤ交換に行ってきたの。
とくにやばかったのが前輪2本で(FFだし)、後輪はもう少し保つよ、ということだったのですが、前2本だけ変えてもなぁ、、、ということで4本変えますとは伝えてありました。
車連れてったら、2本しか準備されてなかった orz
ディーラーの方では「最初に提案した前輪2本」でデフォルトになっていたらしい。
そこから再注文してもらって、夕方届きます、で何とか今日交換終了。
ふぅ。
完全に、お互いに思い込んでいたケースですね。
(いや、これは、遠隔云々は関係ない事案かもしれないけど、結局目の前の事を片づけていくのに一杯一杯で、再確認とかそういうゆとりがないんですよ)

こういうすれ違い案件が大量にあって、一個一個は些細なことなんだけど、積み重ねが地味に圧迫してきます。
「だから言っただろうが〜〜〜」と何度叫んだことか(届いてない)。

当たり前の日常って、何だろう・・・。


因みにタイヤ4本は某給付金を使わせて頂きました。
安全面事案なので許して欲しい。
そしておニュータイヤの走り心地は、新品の硬さ感。この、路面がストレートに伝わる感じが新品!って感じ。

2020/8/23  12:45

嘘は言っていない  日々雑記

入試関係の役を結構長いことやっていて、色々あるわけですが、受験生からの質問で「描いた経験がなくても入れますか」というのが最近多いわけですよ。

念のため言っておきますが、バリバリ実技系のコースです。
マンガ描きます。

描いたことが無い、というのが結構曲者で、どのレベルで「描いたことが無いのか」その質問だけだでは分からない。
なのでOCとかで聞かれると、まずそこは確認します。
二次創作は経験あるけどオリジナル作品を描いたことが無いのか
マンガ絵は描くけどコマを割って描いたことがないのか
デッサンとかやってたけどマンガ絵は描いたことが無いのか
絵を描いた経験が小学校の図画で終わっているのか(趣味でも描いていない)

結論から言うと、現在はどのレベルでも入れる可能性はあるんです。
入試形態の半分以上が「実技試験」ではないから(実技コースなのに!)。
ポートフォリオの要らない面接やら、学科試験やら小論文やら、共通試験での出願も可能。
結果、「絵というものをほぼ全く描いた経験がない」受験生も合格しています。
だから「入れますか?」という質問には、笑顔で「チャレンジできますよ」と答えます。





ただね・・・
入ってからものすごーーーーーーーーーーーーく大変だから。

絵を描くのが好きな子供って、放っておいても描くじゃない。落書きでも何でも。
マンガは特にそう。好きなキャラ真似するよね。
それをやっていない子が突然高3になってマンガに目覚める…そして受験したいと言い出す。面接なんかで理由を聞くと「○○を見て感動して、自分も描きたいと思って」。
いや、そういう動機でも別にいいんですが、その状態から入学できたとして、基本周りの80%ぐらいは少なくともマンガ絵は描ける子なのよ、そこに混じってじゃあ○○を描いてみよう!と課題を渡されるのよ。
カリキュラムは一応、初心者でも分かるように丁寧に一から組み立てています、が、絵心と観察力は最低限必要。
それは仕方のない事でしょ?

超初心者でも真面目にコツコツやれば上達はします。
でもそれは「入学時に比べて」ということで、何もやったことのない人間が4年間学んで(というかたった4年間で)デビューできるレベルになるか?
冷静に考えて至難の業でしょう(もしかしたら、本当に突然目覚めた天才がいるかもしれないけど、私は「天才」は教わらなくても分かる人だと思っているので「勉強しに」来ないと思うの)。
その上達の幅でも自分で何かを達成できた、学んで得ることができた、と思えるのならそれは無駄ではないといえます。そしてそれからも続けていれば、プロになるチャンスもあるかもしれない。
大学はそういう下地を積み上げていくところ。


あとね、突然目覚める系は情熱が失せるのも早いです。
ある趣味に没頭して、道具やら材料やら山ほど揃えたけど、半年後には興味がなくなることって結構あるでしょ?
そういうノリ(今がピークの情熱)で進路選ぶと、興味が失せたときにどうしようもなくなるから、本当辛いから。


・・・いえね、前期の成績をつけていて私も辛くなったんですよ。ええ。
時々困ったことに、「真面目にコツコツやる」をすっ飛ばして「入ったらマンガが描けるようになる」と思っている子がいるんで。
入っただけでは描けません。

2020/8/20  7:37

蜘蛛の糸  日々雑記

カンダタは取り敢えず、垂らされた蜘蛛の糸を掴んで「自分で上がっていく」努力はしたわけだが、掴んだだけで「引き上げてもらうのを待っている」者を救う必要があるのかと自問自答。
そして釈迦が蜘蛛の糸を垂らしたのはほんの気まぐれだが、こちとら、どんだけ悩んで蜘蛛の糸垂らしたと思ってるんじゃ!とも。

2020/8/13  19:58

200本。  日々雑記

裏庭で育てているキュウリの収穫が2カ月で200本突破。
いつもなら、そろそろ収穫が終わる頃なのだけど、今年は動画で見たプロの育て方を参照にして、色々頑張った結果、もうしばらくは収穫できそうです。
野菜が高騰してるから、キュウリだけでも買わずにすんでるのは有難い。
というか、採れるときには1日7本ぐらい採れるから、おすそ分けしないと野菜室が大変なことにw
8月一杯採れてくれると助かるなぁ。

因みに、今年は青虫系は発生してないけど、ウリハムシが大量発生。
苗が育っているので被害が出ても枯れることは無いのですが、それでも葉がボロボロにされるのは嫌だ!ということで有効な手段を調べましたが、無農薬栽培なんで薬は使いたくない…となると結局は手で駆除するしかないんですよねぇ。
ペットボトル片手に闘いの日々(意外と動きはとろいので、ペットボトルに水を入れて上手く近づけると、ころりと中に落ちます。手でも取れるし…大量にいるので面倒なだけ)。

9月になったらまたベビーリーフ栽培を始めるよ。

2020/8/5  12:26

花を供える  日々雑記

今日はうちの初代猫の祥月命日。
もう21年・・・早いなぁ。

その子が他界して、うちの家族もまだみんな若かったし、49日が終わったら新しい子を迎えたい、という相談をしていたら3週間後に出会いがあって即決だった。
縁なんてそんなもの。
一匹だけ迎えるつもりだった(前の子がセピアカラーの女の子だったので、ポスターの写真を見て黒っぽい女の子の方を)のに、兄妹2匹を見せられて、引き離したら可哀想ということで一気に2匹のやんちゃ子猫の面倒を見ることになり(初代猫は成猫してから来たので、哺乳瓶から育てるのは初めて)、てんやわんやしているうちにもう一匹、今度は自分から拾ってくれと訪ねてきた子も育てることになり……
一気に3倍。
最後に来た子が去年他界した子、この子が性格が初代猫によく似ていて、よく家族と「この子は前の子に紹介されてうちに来たんだよ」と言っていた。
去年の老猫介護は本当に大変で、私も通勤しながらだったし親も大概な高齢なので、もう猫を飼うのは無理…ということになって、新しい子を迎えることはしなかったのだが、一応「自分からは迎えにいかないけど来ちゃったら仕方ないからね!」と言って猫グッズの一部を実は残してある。
残してはあるが、流石にこの家では中々大変だろうという猫神様の思し召しか、今のところ自らやってくる猫はいない。
縁なんてそんなもの。



2020/8/1  17:12

良い香りとは…?  日々雑記

人工的な香料を後付けしたものが苦手なんですよ。
化粧品もそうだし、柔軟仕上げ剤とか、防虫剤とか、その他諸々。
特に柔軟仕上げ剤は年々「良い香り」「香り長持ち」に拍車がかかって、いやそこまで行ったらいい香りもあかんやろ!というものが増えてきてから、柔軟仕上げ剤を使うのをやめました。
なんだろう…単独では「良い香り」なのかもしれないけど、世に出て他の様々な香りと混ざりあうことを計算して作ってないだろう!というか、他の香りを全て抑え込んで自己主張する気かお前は!というか。
大学の教室が、人数70人ほどの密閉型※で、ものすごく窮屈感があるわけではないけど流石にその人数入ってると人が多いよね!という環境。
 ※今年度からは換気をしなければいけないわけですが。
その中で、とにかく匂いに神経質でがっつり柔軟仕上げ剤を使ってくる学生と、自分の汗臭さに無頓着な学生(共に初めての独り暮らしで加減が分かっていない)が共存すると、におい過敏症にはカオス空間 orz
ここ数年はやんわりと「汗臭いのも香料きついのも、どっちも教室空間にはよくないから気を付けてね」と注意してたりします(私だけじゃなくて、においにやられる子がいるので。いや本当に頭痛起きるんで!)。

で、最近の悩みどころは
「トイレットペーパーの無香料品が少ない!」
なんです。
うちはずっと、御用聞きの酒屋がそういう日用品販売も扱ってくれていたので、業務用の無香料シングルを買っていたのですが、先日そこが店をたたんだので、米・ビール・トイレットペーパーの重いもんをどうしよう!となりました。
米とビールはともかく、トイレットペーパー…業務用だったので同じものが市販に無い。
そして、買いに行って初めて知ったのは、香料系がほとんどだということ!
前に一回、緊急でホームセンターで買ったとき、香料系の物を買って使ったのですが、何か指先にその匂いが残ってしまって、面倒くさい!でした。

食べ物を触る(調理する)ときにも、本当、あのあちこちに蔓延する人工香料は邪魔でしかないんですけどね〜!
過ぎたるは尚及ばざるがごとし!



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ