2020/10/24  12:49

衝撃の事実  日々雑記

季節が「秋」を通り越して、すっかり「晩秋」となってきた今日此の頃。
お手軽で美味しいもの…やっぱり鍋だよね!ということで、確か博多水炊きの鍋スープが1つ残っていた、あれで今晩は鍋しよう!と材料を買ってきました。

鍋スープを出してみたらそこに書かれていた文字は・・・・・

鴨鍋スープ

・・・・・・・・・・!!!!!

確認してから材料買えよ orz


たまたま一番最寄りのスーパーがそのお気に入りの博多水炊きスープを丁度仕入れていたので、買いに走りましたが。
因みに博多水炊きは、濃いコラーゲンたっぷりの白濁鶏スープで頂く鶏とキャベツの水炊きです。美味しいよ。
我が家の冬の定番(きりたんぽ鍋を所望する母とバトルも、メニュー決めるのはワタクシ)。

2020/10/10  20:59

サプライズ  日々雑記

20時頃から突然花火の打ち上げ音が聞こえて、慌てて2階の窓から発生源を確認。
東の林(というかゴルフ場の端の植樹林?)の上に、実にこっそり、半分だけ見えました。
高高度の大型はちゃんと見えたんだけどねぇ。

今年は、密を避けるっていうんで、あちこちでサプライズな花火をやっていて、それはそれで仕方がないことだし全然構わないんだけど・・・
兄のマンションのバルコニーからは絶景見えたらしい・・・

というのが癪に触っただけーー。

2020/10/9  8:07

予定変更です orz  お知らせ

12月8日から2週間で開催予定だった二人展ですが、後期の仕事状況により「これはダメだ、2週間はもたない・・・」となってしまい、結果、後半の1週間に短縮、という形で開催することとなりました。
悪しからず御了承下さい。



・・・8月に実施を相談した時は「後期は通常対面授業に戻るし、何とかなるだろう〜」ということで GO サインを出したのですが、9月以降問題山積・業務上乗せ、って感じで、全く首が回らない状態(9月末の8連勤は辛かった;;)。
後期授業が始まって、ようやくちょっと時間の整理ができてきたところです(でも入試やらなんやらで週末が潰れていくのだった…今までと方法が違うから時間の潰れ方が全く読めません)。
が、、、がんばる。。。

2020/10/3  21:22

そういう気持ち  日々雑記

新幹線代を使って日帰り上京することに躊躇はないし、それを勿体ないとは思わないのだけれど、京都駅八条口の駐車場の料金・1日(日中)最大3000円は勿体ないと思ってしまった・・・。

私営Pでもっと安いところがあったよな。
(早朝だったし考えるの面倒くさかったから市営にぶち込んだ結果)

2020/10/1  19:36

思いついたが吉日  日々雑記

指折って数えてみたら、7、8か月ぶりに公共交通機関に乗った…!

という本日は、12時間耐久日帰り上京(別に耐久はしてないかw)。
どうしても見たかった月岡芳年!2か所同時開催だったので、そして片方がこの週末までだったので!ついでに川崎のが大好物の月百姿だったので!
※前後期入れ替えなので見られたのは五十姿だったけど;;
入試が終わるまでは我慢したのよ、上京。

生・芳年、堪能。

始めて芳年を見たのはまだ20代の頃で、そのときの展示は割と多岐に渡るジャンルを一堂に集めていたもの。解説のポイントは色とか(明治時代になって外国から蛍光色系の人工染料が入ってきて〜とか)構図だったと記憶している。
今は便利な時代で、ミュージアムのツイッターが色々見どころの解説などをしてくれているので、今回はその辺の刷り技法的な部分をじっくり拝んできた。
前のときは「空摺り」(エンボス加工ですね)とか、全然知らなかったし、知らないからちゃんと見てなかった。
いやもう…彫り職人とか摺り職人とか、
す ご い わ
人間ここまでやっちゃうんだ!という。
指示する方もする方だが、指示通りにできちゃうのがすごい。職人すごい。
(てか、タイトル部分に全部空摺りとか…何それ;;)
色を重ねているから画面に厚みもある。
美術館二か所で同じ作品の展示もあったけど(版画だからね)、背景のボカシの微妙な差異などもあってそこは中々面白うございました。
あと、画面の中のアクションが微妙にマンガ表現というか、胴体が切られて血が噴き出す表現とか、普通にマンガチック。というか、日本人って、昔から見たものを形に置き換えて表現するのが得意なんだね、としみじみ。

関西に来てくれないかなーーーーーーーーーっ。


しかし、日帰り東京って、本当〜に久々だった。
思えば、原稿抱えて日帰りで入稿に行ったようなことも…あったな…。
横浜で買ってきた大きな月餅(重かった orz)は、リアル見事な満月にお供え中です。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ