2021/7/17  19:24

気持ち・ささやか・祇園祭  日々雑記

京都に通勤するようになって、最初の頃(非常勤時代)はスルーしていたのだけど、いつの間にか粽を買うようになり、今やすっかり夏の行事の一つとなった祇園祭。
夜に行くのは人が多すぎてちょっと苦手なので、主に午前中に行くことにしているのです。
応援、の意味も込めて、去年と今年はこそっと粽だけを買いに…行ったけど、今年は午前中に行けなかったので仕方なしに夕方行ったら、かなりな人混みでございました……。
浴衣着た若者たちも闊歩してたしな――一応「見に来ないで」ってことなんだけどね(本当に午前中行きたかったんですよ〜)。

で、最近のもう一つのささやか(?)祇園祭シーズンは、お取り寄せの鱧チリでございます。
淡路産の鱧〜〜〜(卵付)&淡路産の玉ねぎ〜〜がセットで届く。
さいこう!
贅沢なんだけど、そうなんだけど、食べに行くより安いから!

2021/7/11  15:45

物語る  日々雑記

物語を作るときに、時系列順に描く、という作り方は殆どやらない。
起承転結で云うと、大体が承から始めて、途中でネタバラシ的に起をぶち込む形。
それでよく「マンガのコマ割りに慣れていなかったら、まず4コマで起承転結を考えてごらん」なんて教えてるな!ってわけなんだが、まぁ、幹としてはまず起承転結だから、それで時系列順に考えて、演出としては逆転させるのも有ということ。

先日、同じ学生のネームを見た別の先生に「普通この後ろに描いてる会話シーンから始めると思うんだけど、どうしてその夜の出来事を先に描いたのかしら(時系列的に逆じゃない?)」と言われ、「すんませんそれ私がそこから始めて回想で事情説明しろといいました…」
あーそうかー少女マンガだと複雑な時系列にしないで感情の方にウエイトを置くのかーと思った次第。
いや、少女マンガが全てそうだとは言わないけど。

というか、物語づくりとかコマ割りとかを改めて教えろと言われると、大変困る。
だって、そういうロジックで物語作ったことないんだもん > <
コマ割り…の方が理屈で考えたかなー(初めてまともに描いたマンガ第一作が仕事でやったやつで、物語は作れたけどネーム時点でのコマ割りがぐちゃぐちゃだったから、編集氏に赤ペン添削されたwその添削が「ここは大きく見せる」「ここは次につなげて」という理論の部分)。
でもそのコマ割りも、とにかく物語があってのコマだからねぇ。
何を描いていいか分からない段階で「コマ割り」だけ教えろというのは、ある意味無茶振りではなかろうか…としみじみ。

2021/7/4  19:42

幻のメニュー  日々雑記

出勤日は親の夕飯の段取りをしてから出かけるのですが、親が作れるものなら食材を揃えておく、作れないものなら作り置きしていくというパターン。
昔ながらの煮物系なら自分で作ってもらうんだけど、圧力鍋は使えないのよねぇ…。
あと、私が作り始めたメニューは、教えても素っ頓狂なことになるから、作らせるのはあきらめたり;;
そんなわけで、割とよく作る(買ってくる)のに自分では口にできない食べ物というのが、いくつかあります。
今日はそんなメニューの一つを、久々に作って、自分でも食べました。
新じゃが(一口大)と手羽の炒め煮(圧力鍋調理)〜〜この時期ならではで美味し!

明日は朝一で買い物に行ってから出勤なので、明日用意する予定の「鮎」(の塩焼き)は、またしても口に入らず……
どっかに食べに行きたいなぁ、美味しい鮎の塩焼き……
(川床とか、川床とか、川床とか…)



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ