2007/4/16  23:51

笑うしかない。  日々雑記

授業で水張りとか、はずし方とか、説明していて、
「先生〜ホッチキスで指先さした…」
「うん、気をつけようね」とか、
「カッターを使うときは刃先に手を持っていかないように…」
とか言っていながら、
手が滑って左薬指の指先をざっくりとやっちゃいました。
だらだら血が流れても慌てないのは経験というか、
取り敢えずティッシュで押さえていつも持ち歩いている絆創膏貼って、一丁上がり。
周りのほうが引き攣る光景だったかも。
「こう云う事があるから」と言いつつ、説得力はありませんです。

流血の話を聞くと想像しすぎて却ってダメですが、
実際自分の血が流れても平気って言うのは…
某漫画の叶小夜子さんの科白を思い出すなぁ。

同世代の方は結構読んでらっしゃるかもしれませんが、
吉田秋生の『吉祥天女』です。
「女はね 血なんかこわくないのよ だって毎月血を流すんですもの」
何か本当に、人の話とか聞いて想像しちゃう方が怖い…。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ