2008/1/12  23:16

幻の花びら餅  日々雑記

新春の裏千家のお茶菓子なのですが…。
この花びら餅、お雑煮に見立てた和菓子で、二つ折にしたお餅の間に餡とごぼうを挟んであるのがよくあるバージョン。
でも!実は私が一番最初に食べた花びら餅がごぼうとにんじんの2本スティックのもので!
ごぼうとにんじんは、具を表すのと同時に『お箸』も表している(だから2本)と説明されて、凄く納得してたんですね。
ところが、2本スティックはその時に見ただけで、その後どの和菓子屋さんで買っても全部ごぼう1本スティックで(お茶をやってらっしゃるH津先生にそのネタ振ったら、「ごぼうだけですよ。2本のは見たこと無いわ〜」と言われたし)…あれは幻だったのかと思い始めた近年。
今年!見た !!!
ごぼう&にんじん、2本スティックの花びら餅 !!!
幻じゃなかったんだ〜〜作ってるところはこの形で作るんだ〜。
と感動して、後日その店に買いに行った(高かったので見た日には買いませんでした ^^; 1個420円もしたんだもん…)ら……
「あ、今年の販売はもう終わりました」(by かの〜招J庵)
やっぱり幻なのか !!??? (*_*;?
2本スティック花びら餅に会うには、後11ヶ月と2週間、待たないといけないようです…。
(因みに、一昨日の梅田地下オデッセイは、デパ地下で花びら餅探しをしたからです…とほほ)



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ