2009/4/18  15:20

我、赴くは…  

旬の竹。
この季節がやってまいりました。
明日、筍御飯(炊き込みではなく酢飯の方)を作るつもりで、掘りたて筍の到来を待っていました。地場野菜を軽トラで売りに来るおばさんがいて、この季節は筍もやってくるのです。
が!メニューを決めた時に限って来ないんだ、これが。
この間は、別メニューだったにも拘らず、売りにきた筍を母が買ってしまって、「どうすんのよ!材料買っちゃってるのに…っ(でも筍が優先される我家)」だったのに。
仕方がないので、自ら朝掘り筍を求めて放浪へ。
一応、近所が産地の端っこなので、車でちょっと走ればこの時期販売所があったりするのですが…最初とその次の場所では『筍売り切れました』の張り紙。まだ朝の9時半にも拘らず。
仕方がないので越県。本当に本場に突入(京都の山城です)。
ここだったら!と思って行った野菜販売所が、筍コーナー空っぽで、「う、売り切れですか…?」と尋ねたところ、「あ、今掘りに行ってます、もう 10 分ぐらいで戻ると思いますよ」
待ちますとも!こうなったらもう意地です。
御蔭様で産地もの本格朝掘り筍をゲットしてまいりました。
明日、筍御飯(この場合、筍入りチラシと云うべき?)、明後日若筍煮、1日置いて筍と鶏の炒め煮、使わない分は筍きんぴら。
若筍煮と炒め煮は自分居ないときメニューだしね(例年、この時期に叫んでいるかもしれませんが、私自身はあまり沢山は食べられない方です。すぐ痒くなっちゃうしね)。
フルコース…だと…来週末は炊き込みご飯と天麩羅もやるのかな…?



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ