2010/5/4  20:07

その後  日々雑記

東京でスペースにお運び下さった方もいらした様で、不在で申し訳ございませんでした。友人が会場に行くとの事だったので、チラシの始末と張り紙を頼んでおいたのですが、お声をかけて下さった(猫のお見舞いを…)方も有難うございます。

手術自体は無事終了し、本猫もうちに帰っております。
ものすご〜〜く文句を言うかと思いきや、文句は言わずにひたすらひたすら甘えたモードに入っているところが、どうも余程寂しい&心細い思いをしたらしく、それはそれで可哀想だったというか。
咽喉から胸にかけて半面刈られてしまったのが、まるでスフィンクス(スキンレスキャットです)のようだし…てか、毛がないと細いんだなぁ…。
当分朝晩薬飲んで、週末にまた傷を見せに行って、来週抜糸…でその頃には病理検査の結果も出ている筈。
一応病巣は摘出したものの、担当医も首をかしげる珍しい発症例らしく、この先どう転ぶかはまだまだ分からない状態です。
取り敢えずは元気、気分的にも大分復活してくれたのがせめても…。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ